「ほっ」と。キャンペーン

タグ:遺跡 ( 3 ) タグの人気記事

 

エーイル(アッシリア城塞のある町)

もう、先々々週の週末になるんですけれど、ディヤルバクル近郊のとある小さな町へ出掛けてきました。
ダンナが親しくしている方の出身地ということで、その方のご家族も一緒に案内して下さいました。
行き先は、ディヤルバクルより北へ約50km、エーイル(Eğil)という町。
その日は、新緑の眩しい、キラキラと太陽の照りつける行楽日和の日曜日でしたぁ~。

おっと、町のことを書く前に、いつものようにこの町の歴史をおさらい。 

エーイルの町の歴史は、遥かメソポタミア文明にまで遡るそうです。
紀元前3500~1260年の間には、この地はスバル人、フルリ人、そしてミタンニ王国に支配されていました。
その後、紀元前13世紀後半にアッシリアに攻め込まれ、以後紀元前7世紀前半までの長い間、アッシリアの支配が続きました。
その後は、この地方お馴染みの、メディア王国、ペルシャ帝国、アレキサンダー大王、セレウコス朝、ローマ帝国、ビザンティン帝国と続き、7世紀半ばから8世紀半ばまではアルメニア王国の支配下、その後はアッバース朝、再びビザンティン帝国下となり、セルジューク朝やアクコユンル(白羊)朝などを経て、1515年以降はオスマン朝の支配下になります。

トルコの南東部地方は、目まぐるしく支配者が変わっていくので、なかなかついていけません(悲)。
また、エーイルは現在の名前であって、古代には「スパニ」と呼ばれ、ローマ帝国時代には「アルタギガルタ」、ビザンティン時代には「バシロン」、その後は「インギラ」と呼ばれていたそうです。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

では、エーイルの紹介です。
まず、この町のシンボル的存在、アッシリアの城塞(Asur Kalesi)
f0058691_2022681.jpg
この町は岩山の上に作られているんですけれど、横をティグリス川が流れていて、川へは深い谷が切り立っています。その谷底を見渡す高い岩山の上に造られているのが、アッシリアの城塞です。

f0058691_20224296.jpg町の横というか下を流れているティグリス川は、現在堰き止められていて、ダムになっています。

このダムの水の色が、何とも言えない綺麗な水色で、ターコイズ・ブルーというんでしょうか、鮮やかなんだけれど深くて澄んだ水色!
私のコンパクト・デジカメではここまでの色しか表現出来ないのが残念.....。光にキラキラ反射して、それは綺麗かったんですよ~~~。


f0058691_20232373.jpgダムの谷底に辛うじて建っている、これは、アルメニア時代の見張り塔だそうです。

この地がアルメニアに支配されていたのは、7世紀半ばから8世紀半ばの間。
かなり歴史ある塔です。


f0058691_2024063.jpg遠くからだとよくわからないですので、ズーム。

ずんぐりとした形が、いかにもアルメニアらしいですね。

地元の人によると、あの塔の地下室には、おびただしい宝物が隠されているのだとか!

そして、塔から丘の上の城までは、延々と地下通路が通っているのだとか。

なにやら、ロマンを掻き立てられるお話。



では、先のアッシリアの城塞へ登ってみることに。
上の写真を撮った丘の上から、今度はダムをグルリと回って反対側の丘の上へ。
全く整備も何もされていない急な坂道を、転げ落ちないように気をつけながら(!)、あの岩山のてっぺんまで行き着くと、そこには、こぉんな変わった形をした城塞跡があるんです。↓
f0058691_20243599.jpg


こちらは、↑の城塞跡を別角度から。↓
f0058691_20251293.jpg

中央の、岩をくり貫かれたところには、アッシリア王の玉座がありました。
玉座といっても、ただの大きな岩なんですれど、眼下に見えるティグリス川のゆらゆらとした流れと、遠く果てしなく続く大地.....あの光景は、王様にとっては、戦略を練るのに絶好の場だったのかもしれません。

この城塞の中には、ローマまたはビザンティン時代の教会も残っているらしいです。

また、この城塞の岩には、アッシリアのレリーフが今も残っているんです。でも、高いところにあって、私にはよく見えなかったのです。えーん。
f0058691_20255339.jpgで、どんなのかといいますと、こちらです。→
(エーイル市のHPより拝借してきました)

王が手に何かを持っている姿ですよね。
小さくて、よくわからないですけれど、アッシリアの雰囲気はビシビシ感じます。



f0058691_20264551.jpg城塞のてっぺんから下を眺める。

当時の石垣の様子がよくわかります。
三方を谷に囲まれた好立地であるため、ここは難攻不落の城だったのでしょうね。

また、向かい側の丘の上(木の茂っているところ)には、イスラムの偉い人たちの霊廟がいくつかあります。
この城塞に来る前は、そちらにいたんですけれど、あまりにもの混雑ぶりにびっくりしました。週末ということもあって、ディヤルバクルからも大勢の礼拝者がいらしているようでした。



こちらは、城塞より眺めた現在のエーイルの町。
f0058691_20273719.jpg


お昼は、町の郊外でバーベキュー(マンガル)をしましたよ~。
f0058691_20282657.jpg案内して下さったMさんの奥さんが、前日よりマリネした仔羊肉の串焼き(クズ・シシ=Kuzu sişi)が、とっても柔らかくって美味しかった~!あ、もちろん、かなーり辛かったのです。
子供達も大喜びで、パクパクかぶりついていました。(子供達用には唐辛子抜きのもの。でも、Mさんの一番上のお嬢ちゃんは辛いのも平気で食べてましたねぇ、さすがディヤルバクルっ子!)



途中、延々と広がる緑の大地。(走っている車から撮ったので、ブレブレ)
f0058691_20292442.jpg
この地方、今の季節だけが緑の季節なのですよ。夏になると辺りは茶色一色。乾いた大地へと変身します。
この冬から春にかけて、トルコの内陸部では雨が殆ど降らず、農作物に影響が出かけているというニュースをよく耳にします。けれども、この辺りはティグリス川があり、近くにダムもあるということで、小麦などの成長には今のところ影響はないということです。(ホッ!)


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
☆トルコ情報☆


☆人気blogランキング☆

[PR]

by yokocan21 | 2008-05-06 20:34 | 旅・散歩  

ディディムとディディマ遺跡

先日、昨夏の旅行で訪ねたシリンジェ村の紹介をしたついでに、今回も旅のお話。
南エーゲ海の小さな町、ディディム(Didim)には、義母のサマーハウスがあるので、私たちも遊びに行っています。
トルコ人は海が大好き。夏の間、町の中の喧騒を逃れて、海の近くのサマーハウス(別荘)で過ごす、という人が多いです。普段イズミールに住んでいる義母も、夏の間(というよりは1年の約半分)をディディムで過ごしています。

f0058691_2022447.jpg
そこには、アルトゥンクム(Altınkum=黄金の砂)という遠浅の美しいビーチがあります。爽やかな潮風に吹かれながらまったりと過ごす午後のひととき.....。
この町の近くの他のビーチは、海水が冷たかったり、海草が浮いていたりと、雰囲気はいいのだけれど海水浴には向かないかなぁ、という所が多いんですけれど、このアルトゥンクム・ビーチは、どこまでも遠浅で海水も温かくって、しかも波が殆どない、といいことづくめ!私たちのような小さな子供のいる家庭には、もってこいの環境なんです。

ビーチに沿って、カフェやレストラン、バー、雑貨屋さんなどがズラーッと並んでいて、特に日が暮れた後には、すっごく賑わいをみせます。私たちも、夕食後、アイスクリームを食べながらブラブラ。
たまに子供を義母に預けて、ダンナとバーで一杯、なんてことも。うふふっ。

ここディディムは、近年イギリス人観光客や長期滞在者が多くて、お店にはポンド表示のメニューが並んでいることが多いんです。イギリス人用に建てられたアパートも多くて、義母の家の道を挟んで隣はイギリス人用のアパートです。
なので、お店のメニューにフィッシュ&チップスがあったり、スーパーには豚肉やハムが売られていたりと、小さな町の割には国際色豊か。

そして、このディディムの町のもうひとつの顔は、遺跡
町の入り口にそびえるアポロン神殿が目を惹く、ディディマ(Didyma)遺跡です。

と、ここでいつものように遺跡の説明。
f0058691_20202.jpg
古代からこの地にはアナトリアの神を祭る神託所があったそうで、ここにイオニア人が入ってくると、その神託所はアポロン信仰のものに取って替えられました。
紀元前8世紀には、アルカイック式のアポロン神殿の建設が開始され、200年後に完成します。
しかし、紀元前494年にイオニアの反乱が起こると、この神殿はペルシャ軍によって破壊されてしまいます。
その後、紀元前334年、アレキサンダー大王によってこの地はペルシャから取り戻され、それに続くセレウコス朝には、新たにアポロン神殿の再建設にも着手されます。現在残っている神殿は、この時代のものです。

(←アポロン神殿の正面)


このアポロン神殿、当時は、24km離れたミレトス(Miletos)というイオニア地域最大の都市と、〝聖なる道〟で繋がっていました。この聖なる道の両側には、アポロンを始めギリシャの神の彫像が並んでいたそうなんですけれど、19世紀の発掘調査の時に、イギリスへと持ち帰られてしまいました。
大理石の石畳が敷かれた聖なる道は、今も一部が残っています。

ローマ時代には、ギリシャのデルフィに次ぐ神託所として大いに栄えますが、キリスト教が布教されるにつれ、だんだんと役目も小さくなり、4世紀、キリスト教が国教とされると、遂には神殿の役目も終わってしまいました。
そして、15世紀に起こった大規模な地震で、この神殿の殆どは崩れ落ちてしまい、現在の姿となりました。

ちなみに、〝ディディマ〟とはギリシャ語で〝双子〟の意味があるそうです。← 双子のアポロンとアルテミスにちなんでという説があり。

こちらは、神殿の袂に残る、円柱の土台。凝ったレリーフが美しい~。
f0058691_2034154.jpg


神殿の中心部・聖域へは、左右にある二つのトンネンルをくぐって入っていきます。
神殿は、正面の階段を上ったところ。 (写真は、聖域である中庭)
f0058691_204521.jpg


f0058691_20424100.jpgこの聖域より眺めた神殿の円柱。


聖域の中で見つけた、グリフィン
f0058691_204577.jpg


地震の凄まじさを現す、崩れた円柱。
f0058691_205252.jpg


f0058691_2055746.jpg何の植物なのか、葉っぱなのか.....。
神殿の一部を飾っていたレリーフ。


遺跡の入り口近くに置かれていた、メドゥーサの首。
f0058691_2064841.jpg
アポロン神殿では、このメドゥーサは聖なる泉を守っていたようです。
神託を下す巫女が身を清めたり、また参拝者が身を清めたりした泉です。その泉は、今も形をとどめて残っていました。

当時の面影を偲ぶには、かなりな想像力が必要とされそうなほど朽ち掛けた遺跡なんですけれど、壮大な神殿の円柱などを眺めていると、やっぱりものすごく素晴らしい文化を誇った場所であることには違いないです。


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪

☆トルコ情報☆


☆人気blogランキング☆

[PR]

by yokocan21 | 2008-03-03 20:19 | 旅・散歩  

ハサンケイフ紀行・続編

ハサンケイフ(Hasankeyf)第2弾です。

この辺りには、5000とも6000ともいわれる洞窟があり、古代より人々がそこで生活してきました。そして、この洞窟での生活は延々と続き、ほんの30年ほど前まで住居として使われていたそうです。
1970年代、当時の政府が危険だからと住民を強制的に麓へと移住させたそうです。現在は、コンクリート造りの普通の家に住んでいます。〝夏は涼しく冬は暖かい〟洞窟での生活を懐かしむ人が少なくない、とのことです。

岩山に彫られたたくさんの洞窟住居跡。現在の町は、この岩山の向こう側です。
これらの洞窟、一時期はイスラム教徒に迫害されたキリスト教徒の隠れ家になっていたこともあるそうです。カッパドキアの洞窟住居と様相が似ていますね。
f0058691_7345575.jpg


f0058691_7354434.jpgこちら、険しい岩山に作られた城塞
城塞の右手にはティグリス川が流れています。頂上付近にある小さな窓は、小宮殿の窓。


この城塞にも無数の洞窟があり、紀元前何十世紀も前から住居として使われてきました。
町としての作りが出来上がったのは、いつ頃なのかは不明。
363年にビザンチン帝国がこの岩山を頑丈な城塞として築き上げました。
その城塞をより強固なものとし、城門を付け加えたのがアルトゥク朝です。
城塞の中には2つの秘密の階段があり、その内のひとつは、岩が崩壊した際に表に現れてきたそうです。
アルトゥク朝時代、その後のアイユーブ朝時代も、城塞内に水を汲み上げ池に貯めていたようです。

f0058691_737157.jpg城塞に登るには、入り口で入場料を払って入ります。
どこからか男の子がやって来て、私たちのガイドをしてくれると言いました。
感じのいい素朴な少年で、聞くと地元の高校生だそうです。ちゃんとガイドの免許も持っているとのことですので、では、と案内してもらうことにしました。

(写真は、城塞の入り口。大手門。)


f0058691_7382168.jpg
城塞内には、アルトゥク朝の大宮殿と小宮殿、数え切れない程の洞窟住居、お墓や霊廟、それにアイユーブ朝時代のウル・ジャーミィ(大モスク)などが点在しています。
それでは、これからこの城塞の様子を紹介いたします。

(写真は、城塞より町の奥を撮ったものです)


城塞のてっぺん付近にある、アルトゥク朝時代の小宮殿跡
元々は礼拝場だったところに、マルディンからお后を迎えるにあたって宮殿を造ったもの。
以前は、中まで入って、小窓から眼下に広がる町の様子やティグリス川を眺められたようなのですけれど、保存状態の悪化で、今は立入り禁止。
f0058691_7392168.jpg


城塞より眺めた
向こう側のは現在の橋。もちろん車も通れる大きな橋です。
f0058691_741059.jpg

ここで、前回書き忘れたので補足します。
この橋は、当時は跳ね橋だったそうで、跳ね橋としては世界で初めてのものだったそうです。
ま、世界初かどうかは信憑性に欠けますけれど、12世紀に、それだけの技術があったということは確かなことですよね。当時のイスラム世界の技術がいかに高かったか、ということですね。

頂上付近を散歩していると、突然にわか雨が降ってきました。
雨宿りには困りません!なんてったって無数の洞窟がゴロゴロしていますから~。近くにあった洞窟に逃げ込むことにしました。

で、駆け込んだ洞窟が、なぁんと教会跡だったんです。
(ガイド君が、それと知りつつここを指示してくれたようですね。感謝!)
内部には、ちゃんと十字架も彫られていましたし、かなり状態は悪かったですけれど様々なレリーフもありました。
そして、同じ洞窟中に、この教会と隣同士にモスクがありました。おぉっ、キリスト教とイスラム教の同居ですね!

これは、その洞窟の入り口にあったレリーフ。アラブ文字でコーランの一節が彫られています。
f0058691_741544.jpg


f0058691_7425312.jpg
その洞窟の窓から見た、アルトゥク朝時代の大宮殿跡
断崖絶壁の上に建てられた、難攻不落の宮殿。

雨が降って地面がびしょびしょになってしまい、あの大宮殿まで行くのは辞めにしました。
そして大宮殿のそのまた奥(もっと高い所)には、アイユーブ朝時代のウル・ジャーミィ(大モスク)があるそうなんですけれど、かなり朽ち果てているそうですし、そこもパスしました。


ちなみに、ここでよく出てくるアルトゥク朝とは、11世紀から15世紀にかけてこの地方一体を支配したトルコ系(トゥルクマン)の王朝です。

ようやく雨も上がり、麓に下りてきてちょっと休憩。
ティグリス川河畔には、木製の川床が造られていて、そこで魚料理やケバブなどを食べることが出来るんですけれど、私たちはお昼を食べてしまった後でしたので、その反対側にある洞窟を改装したカフェでティータイム。
(洞窟カフェの様子、何故か写真なしです)

川床の辺りから見た、ティグリス川対岸。
f0058691_7444472.jpg

右側の四角い建物は、ハマム(トルコ風呂)。
左側のはゼイネル・ベイ霊廟(Zeynel Bey Türbesi)。15世紀のアクコユンル朝(白羊朝)時代のもの。
近くまで行って見たかったんですけれど、うちの幼稚園児が「もう帰ろう~」と退屈してしまったので、諦め、次の町へ向けて出発しました。小さな子供には、何が何だかわけがわからないですものね、仕方がないです。

小旅行は、まだまだ続きます。


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪

海外生活ブログへ


☆人気blogランキング☆


★ダムに沈んでしまうかもしれないハサンケイフ
[PR]

by yokocan21 | 2007-05-30 08:06 | 旅・散歩