「ほっ」と。キャンペーン

タグ:和食 ( 11 ) タグの人気記事

 

スモークサーモンの押し寿司

私の作る〝家庭料理〟は〝トルコ料理〟と言っても過言ではないんですけれど、でも、やっぱり子供の頃から食べ親しんできた味は、手放すわけにはいかないです。

久々にお寿司を作ってみました。
f0058691_5103831.jpg

スモークサーモンの押し寿司

大きなスーパーでは、スモークサーモンも売られていますので、たまに買っています。
オードブル風にサッとマリネにしたり、サラダにしたりと洋風に食べることが多いんですけれど、今回はお寿司。

2段構成で、間には薄切りさらし玉ねぎにマヨネーズとコショウを和えたものとサーモンを挟みました。
スモークサーモンには、ケイパーとディル、ということで、飾りにちょっとあしらってみて。絶妙の美味しさでした~!

ちなみに、押し寿司器は日本から持ってきましたよ。

f0058691_5112290.jpg
計画性のない性格なもんで、終始この押し寿司に係りっきりで、汁物のことはすっかり抜け落ちてしまい、慌ててインスタントものを出してきて、お茶を濁してしまいました。

超手抜き・お味噌汁。

一応、道場さんのお味噌汁。
お味噌汁の写真はなしです。


f0058691_512293.jpgその日はデザートも有り。

近所にオープンした、フルーツを使ったデザートショップにて購入。
そのお店、ドライフルーツやフルーツジュース、ワッフルなんかを売っているんですけれど、私としての目玉は、このチーズケーキ。

知る人ぞ知る、『Maria's Cheesecakes』のチーズケーキを扱っているんです。
アジア側・ベイコズにある、アメリカ出身のマリアさんが経営するチーズケーキ専門店の、あの美味しさが、こんなに身近な所で買うことができるだなんて~。もう、何度も通ってしまっています。
これは、フランボワーズのチーズケーキ

甘くなくって(これ重要)、アッサリ目なお味なのがお気に入り。
最近は、トルコでもあちこちのケーキ屋さんやカフェでチーズケーキを食べられるようになりましたけれど、なかなかコレ!というものには当たりません。そんな中で、このチーズケーキは、日本のケーキ屋さんにも匹敵するほどの美味しさ♪


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ
[PR]

by yokocan21 | 2010-01-21 05:16 | その他料理・飲み物  

今年のおひな祭り

おひな祭・・・・・うちには男の子が一人ですので、基本的にはおひな祭のお祝いはしなくてもいいのですけれど、ずっと前から、3月3日には友達に貰った彼女お手製のミニお雛様を飾ったり、ちらし寿司を作ったりと、一応はお祝いをしてきました。
なので、今年も例に漏れず、おひな祭り。

f0058691_18102127.jpg

今年は、いつものミニお雛様ともうひとつ、折り紙お雛様も。
子供、自分で折るんだと意気込んでいたんですけれど、結構ややこしい折り方でしたのでギブアップ。結局、私がやるハメに。(そんなことだと思ってましたよ) 顔は子供が描いたので、おめめクリクリ。
これ全部折り紙製作なんですけれど、折り紙って、ほんと色んな物が作れるんですねぇ。こういうのを開発される方って凄い!

お雛様の前に置いてあるのは、ミニチュアの手毬寿司と菱餅、桜茶(かな)。
ラムネやキャンディーのおまけが付いている、ミニチュアグッズです。里帰りした時に友達に色々ともらったんです。ほんと、よく出来ていますよねぇ。

f0058691_18105630.jpgで、当日は、やっぱりちらし寿司と、何故か春巻

ちらし寿司は、いつものごとく「すし太郎」にツナ缶と小エビ、キュウリを加えた手抜き。
春巻は、子供が食べたいというので。
モヤシや人参、キャベツ、ネギ入りの野菜春巻です。
皮は、自分では作れないので、いつもユフカ(Yufka)(※注)を利用です。

潮汁の代わりにアサリのおすましでも、と思ったのですけれど、週末見に行った魚屋さんでは、全く新鮮でないものが高い値段で売られていたので、断念。
わかめのお味噌汁になりました。



f0058691_18114987.jpgそして・そして。
今年のおひな祭りは、ちょっと豪華な雰囲気にもなったのですよ~。

うふふっ、〝ひなあられ〟♪

アイシェさんが送って下さったんです。
この他にも、涙ウルウルもんの品物が入っていたりと、感激の郵便でした!
何年ぶりかのひなあられ、皆で美味しくいただきました。

予想通り、子供とチョコあられの争奪戦を繰り広げてしまいましたけれど.....。


ということで、今年のおひな祭りも楽しく・美味しく過ぎてゆきました!emoticon-0157-sun.gif

     うぅっ、次のイベントは5月の〝端午の節句〟。兜を飾る以外は、子供の好きなものを作って、でお終いなんですけれど、特別なお料理ってあるんでしょうか。
柏餅やちまきは、和菓子苦手なんで作ったこともないんですよね。やっぱり、おひな祭りの方が気合い入ります!


※注 ユフカ・・・直径40~50cmある、小麦粉で作った薄~い生地。こちら参照。
このユフカを使って、ボレッキ(トルコ風パイ)やギョズレメ(トルコ版クレープ・具は挽き肉やほうれん草、ポテトなど)を作ります。日本では、ユフカと同様のパートフィロが売られています。


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
トルコ情報へ

人気ブログランキングへ
[PR]

by yokocan21 | 2009-03-05 18:16 | 普段生活  

今年の節分

我が家のカレンダー、サロンを除く全部屋に一つずつ掛けてあるんですけれど(台所も含めて)、それらは全て実家から送ってもらったもの。
そんなカレンダーの内の一つ、今年の2月の絵は『節分の豆まき』なんです。
それを早くから知った子供は、この日をまだかまだかと待ち続けていたのでした。
そう、〝豆まき〟!あれが、すこぶる楽しいらしんです。

で、今年もやりましたよ~、〝なんちゃって節分
f0058691_549521.jpg

今年の鬼のお面は、去年のに比べると、かなりほんわか系。
もちろん、去年と同じくネットでダウンロードです。
そして、楽しみだった豆まきは、あいにく大豆を切らしていたので、ピスタチオで。ちょっとトルコちっくな豆まきです。でも、大豆よりも美味しくって、ダンナも子供もはこの方がいい~と。
ほんと、わざわざ大豆を買いに行かなくって、正解でしたぁ。ま、ピスタチオだと全く意味なしだと思うんですけれど、そもそも手抜きの節分ですからね、これでいいんです~。

f0058691_5494069.jpgそして、恵方巻きならぬ、普通の巻き寿司
実は、恵方(今年は東北東ですね)に向かって、まるかぶり~、の予定だったんですけれど、子供の歯がね、かなり抜けているんです。(そういう年頃です)
なので、かぶりたくなーーーい、と。
 →→→切りました。

具は、卵、人参と干ししいたけの甘辛煮、キュウリ、カニかまぼこ、ツナマヨ。

一応、色的にはOKな感じなんですけれど、巻き巻きがヘタっぴーーーっ。
はぁ、これだけは何度やってもダメです.....。才能なし!



f0058691_550399.jpgこちらは、デザートの〝人参とリンゴのケーキ〟。

先日、yukacanさんのところで拝見したのを、少々アレンジしてみました。
油の量がちょっと多いかなぁと思いましたので、分量を減らし、その分牛乳を入れました。

以前から、人参+クルミ入り、リンゴ+クルミ入りのケーキはよく作っていたんですけれど、これは人参もリンゴも入って、益々栄養ばっちりなもの。
予想通りに、とぉっても美味しく出来ました!
yukacanさん、ありがとう~♪

そして、一日置いて今日食べると、もっともっと美味しくなっていました。



とまぁ、今年も楽しく節分を迎えることが出来ました!

ところで、うちの実家では、柊の枝葉に鰯の頭を刺したものを玄関に刺したり、ってこともやっていました。
結構、昔からの習わしは忠実にやっていたように思います。
そんな子供時代を思い出してみたり。なので、遠いトルコにあっても、一応は子供にも日本の習わしなどを教えていきたいなぁと思っています。
日本の行事って、子供と共に楽しめるものが多いのも嬉しいですしね。


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
トルコ情報へ
人気ブログランキングへ
[PR]

by yokocan21 | 2009-02-05 05:55 | 普段生活  

黒大根

これ、何でしょう?
f0058691_5252170.jpg

泥が付いて汚れているんではないんですよ。こういう色なんです。真っ黒。
その名は、黒大根。トルコ語では、〝カラ・トゥルプ(Kara turp)〟。訳してもそのまま〝黒大根〟です。
日本では見た事がなかった野菜で、トルコに来て初めてお目にかかりました。
トルコでは、この他にも赤いものや白いものも売られていて、それぞれビミョーに味も違います。あ、もちろん日本の大根も、よく見かけますよ。

この黒大根は、普通の大根と比べて、かなり苦味が強いんです。トルコでは、スライスしたり、荒く卸して生のままサラダとして食べます。
でも我が家では、生ではあまりにも苦くって子供が食べないということで、大根のように煮て食べています。

f0058691_5254732.jpgで、先日のお昼ご飯にと作ったのが、こちら。
黒大根のステーキ』。

大根のステーキは時々作るんですけれど、今回初めて黒大根で作ってみました。
うん、これもいけますねぇ~。
生の時のあの苦味はほとんど消えてしまって、甘味が増してます!

大根だと、予めレンジでチンしてから焼くんですけれど、これはそのまま焼いちゃいました。
(細かく隠し包丁が入っています)
ゴマ油、ニンニク醤油、砂糖で味付け。
みりんがあれば、尚一層美味しかったんでしょうけれどね.....。

ついでに鶏も一緒に焼きました。
鶏、干しシイタケ、人参の入った炊き込きご飯も。お味噌汁(わかめ)もあったんですけれど、セッティングし忘れ。

それにしても、この写真、しょぼいですねぇ。
いつものようにデーンとした盛り付けじゃなくて、ちょとお上品に.....と思って盛り付けたんですけれど。改めて見てみると、何だかな。デーン、にしとけばよかった。

ところで、この黒大根といえば、喉に良い成分がたっぷりと入っているらしいのですよ。大根もそうですよね。
それで、黒大根をスライスしてハチミツに丸一日漬けておきます。そしたら、汁がジュワーっと出てくるのです。その甘い汁をスプーンで1~2杯飲むと、咳がとっても楽になるのですよ。

これが、その黒大根スライスのハチミツ漬け。 ↓
f0058691_5263090.jpg

大根の仲間の中では、黒大根に含まれる成分が一番喉に効きやすい、とある知人から聞きました。確かに、よく効きます!
年末から咳が続いているんですけれど、この大根汁を飲んで、早く治って欲しいものですわ。

※黒大根は、ググッてみると、この写真のような丸い形をしたものがあったり、いわゆる大根のような長い形のものもあったり、姿も色々なようですけれど、味のほうは、「生では苦い」で、共通しているようです。
大根の詳しいサイトを見つけましたので、紹介しておきます。こちら


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
☆トルコ情報☆


☆人気blogランキング☆"

[PR]

by yokocan21 | 2009-01-08 05:30 | トルコの食べ物・飲み物  

節分とお寿司

2月3日は【節分】でしたね。
昨年は、うっかりと忘れてしまっていて、サラーッとスルーしたのですけれど、2ヶ月程たったある日、子供が突如、「あれぇ、鬼は外、まだぁ~?」と聞くではないですか。
ぎょぎょっ、覚えていたようです。
で、今年はさすがにスルーは出来ないと、数日前から準備です。といっても、ネットで鬼の面を探して、切って作る・・・というくらいなんですけれどね。

こちらが、今年の鬼の面
f0058691_6153070.jpg
ネットで探すと、無料でダウンロード出来る鬼の面がたくさんありました。気に入ったものをプリントして、厚紙に貼り付けて、切るだけ~。
海外にいても、簡単に節分が出来るなんて、有り難いですねぇ。

升に入っているのは、賞味期限が大幅に過ぎた(!)大豆。しかも、炒っていないです。→意味なーい。 とてもじゃないけれど食べるわけにはいかないですので、撒くのみ。
年の数だけ食べるのは、皆が大好きなピスタチオにしました。ピスタチオじゃぁ、これまた意味ないっかぁ。(さすがに私、いくら好きだとは言えども、年の数のピスタチオは無理~!)

節分といえば、やっぱり〝恵方巻き〟でしょうね。でも、巻くのが面倒に思い、手巻き寿司に変更。
具は、人参(甘辛く煮たもの)、卵、ツナマヨ、ロメインレタス。
f0058691_6165237.jpg
でも結局は、巻き寿司にした方がよかったかもしれません。上手く手巻きが出来ず、写真を撮ろうとすると、海苔が開いてきて困ったぁ。
仕方なく、リボンで結んで事なきをえましたけれど、何とも情けない写真です.....。

夕食、お寿司だけじゃなんですので、サケ(ノルウェー産のサーモン)の塩焼きとお味噌汁も作りました。おぉ、今日もヘルシーだぁ。

ところで、恵方巻きって、子供の頃には節分に食べる習慣って、なかったように思うんですけれど、
いかがでしょう。いつの頃からか、節分には恵方巻き・・・という風になっておりました。


f0058691_6173661.jpg〆は、ダンナの友人からお土産に頂いた、〝ロングラッセ〟(トルコ語で、ケスターネ・シェケリ=kestane şekeri)。
これはチョコレートコーティングされたもの。
色鮮やかなピスタチオのパウダーがポイントになっていて、可愛いですね。

マロングラッセは、トルコ・西部のブルサ(Bursa)という町の特産品で、近郊の町などでもよく売られているものです。
大粒のクリを砂糖で煮込んだシンプルなものなんですけれど、シンプルゆえに、とっても美味しいんですよねぇ♪


炒っていない大豆で豆まきするわ、イワシの頭をヒイラギの枝に突き刺すこともなく、超簡素化・なっちゃって節分.....。でもまぁ、今年の節分も、賑やかに過ぎていったのでした♪


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪



☆人気blogランキング☆

[PR]

by yokocan21 | 2008-02-05 06:20 | 普段生活  

お誕生日会

うちの子供(男の子です)、昨年9月から小学校に通いだし、毎日楽しく通学して早、4ヶ月。25日には通信簿をもらって来ました。
1年生の最初の通信簿だってことでなのか、むっちゃいい成績でしたぁ。目を疑った私.....。
そして、待ち遠しかった2週間の冬休みに突入です。
(トルコは2学期制で、1月末~2月上旬の2週間はソメストレ(sömestre)という学期間休みがあります)

で、冬休みの2日目、27日には、一日早いお誕生日会をやりました。
昨年は、この団地内のカフェの片隅を貸してもらって催したんですけれど、今年は、付き添いの親も少なそうでしたので(※注)、おうちですることに。
学校の友達や近所の友達を招待して、楽しくわいわいと時間が過ぎてゆきました。
プレゼントもたくさん貰って、皆が帰った後もなかなか興奮状態が冷め止まず~。

で、今年のバースデイケーキ
f0058691_638214.jpg

昨年、子供が選んだケーキは何と、「プールの飾り付き」でしたぁ。が、今年はいたって普通の「お花の飾りが散らばったもの」。
生クリームにチョコチップが散りばめられていて、中身はイチゴとバナナ。
何故だか白地に白いクリームで「○○○ お誕生日おめでとう」とトルコ語で書いてあります。←全く見えませんよねぇ。意味ないよなぁ。

そして、ケーキの付け合せ(?)にと私が作ったものは、こちら。
melocotonさんヘルシーなリークのトルタ
f0058691_639511.jpg

これ、melocotonさんのところで拝見して、早速作ってみて、むっちゃ美味しかったので再度登場です!
今回は時間がなかったせいで、手抜きの冷凍パイシート使用なんですけれど、それでもリークの甘味がたっぷりなパイは、後に残る美味しさです。
子供達には、ちょっと大人の味だったのか、あまり評判はよくなかったのですけれど、付き添いのママ達には、大好評でしたぁ~。
melocotonさん、美味しいレシピをありがとうございましたぁ!

それともう一つ。『レーズンとクルミのクッキー』
f0058691_6393713.jpg

子供と一緒にこねこね、丸めました。サクサク感がとっても良くって、こちらも大好評。特にうちの子が大好きなクッキーなんです。
作り方もとっても簡単で、生地にヨーグルトを入れるあたり、トルコらしいです。
↓の記事に作り方を載せていますので、よかったら作ってみて下さいね。

で、お誕生日会の一日後、28日は子供の誕生日。夕食に食べたいものを聞いてみると、〝おすし!〟だそうな。出来上がったものが、こちら。
f0058691_6402082.jpg

〝ちらし寿司〟です。
具が手に入らない物が多いので、私はもっぱら「すし太郎」のお世話になっております。
ツナ缶やキュウリを足すと、結構美味しくなるんですよね。
飾りにエビでも.....と思って、いつも行くスーパーを覗きに行くと(冷凍ものですけれど)。あらら、品切れ.....。何だか、しょぼいちらし寿司になってしまいましたぁ。ちょっと不憫だなぁ。
でも、美味しい・美味しいと言って食べてくれましたので、私としては嬉しい限り!

ま、ちらし寿司だけ、っていうのもなんですので、お味噌汁(大根とほうれん草)、カリフラワーの煮たものも作りました。とても7歳児のお誕生日のメニューとは思えない組み合わせ~。地味すぎ。
でもね、日本が恋しい私たちにとっては(もう1年半も帰っていませーん)、こういうものが一番嬉しかったりするんですよねぇ。
ええまぁ、ダンナは日本が恋しいわけじゃぁないですけれど、こういう「和」なものは大好きなので、
全く問題なしです。
美味しく食べて、楽しいのが一番♪

※注・・・トルコでは、小さな子供の誕生日会には親も一緒に参加、というパターンが多いんです。
母親だけでなく父親も一緒、ということも多し。兄弟がいれば、その子たちも勿論参加。よって、誕生日会は、さながらちょっとしたパーティーのような様相。なんともトルコらしい光景。


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪



☆人気blogランキング☆

[PR]

by yokocan21 | 2008-02-01 06:43 | 普段生活  

ロシアのイクラ

〝マルディン紀行〟は、ちょっとお休みして、今日は美味しいお話です。

この冬、モスクワに住むダンナの従兄弟が、久しぶりに実家のあるイスタンブールに戻ってきていました。職場から休暇をもらって、一時帰国です。

大学の建築学科を出て、昨夏からモスクワにあるトルコの建設会社で働き始めたんです。
ロシアは今、飛ぶ鳥を落とす勢いの経済急成長中。その波に乗ってトルコの企業も大小さまざま、進出をしています。
そしてまた建設ラッシュでもあるので、義従兄弟のU君が勤める会社もそんな中の一つです。

帰国間近のある日、電話があって、「お土産に何欲しい?」なんて可愛いことを聞いてくれるので、すかさず私は「じゃぁ、キャビア!」なんてヌケヌケと言ってしまったのです。
遠い昔、モスクワのレストランで出てきたドンブリ鉢にいっぱいのキャビアがいまだに忘れられません~。後にも先にも、あれほどのキャビアを見たことはないです。

そして、帰ってきたイスタンブールから宅配便が届きました。やっほー!
で、中に入っていたのがこちら。 ↓
f0058691_15561511.jpg


「ん?」確かに「CAVIAR」とは書いてありますけれど、その前にある単語「SALMON」です。
「サーモン・キャビア~~~」ってことは、「イクラ???
買ってきてもらって文句は言えません。私、イクラってそんなに好きなものじゃぁないんですよね...。ダンナに聞いても食べたことがないから、わからないらしいし...。

それで暫くの間、冷蔵庫の片隅にしまってあったんですよ。(思いっきりトーンダウン)
でもやっぱり気になるし。
で、ついに開けてしまいましたぁ。

やっぱりお寿司でしょう。
おひな祭りに、と思っていたんですけれど、その日は夕方からダンス教室があったので気合が入らず、○日後に作ったのがこれ。
f0058691_1556563.jpg

ツナ入りのすし太郎・イクラ添え

うぅっ、久しぶりのイクラ~。あんまり好きじゃぁないなんて言ってたくせに、わしわし食べちゃいました~。美味しっ♪

ちらし寿司は、日本から持ってきた〝すし太郎〟でたまに作るんですけれど、イクラがあるのとないのとでは雲泥の差。
U君、ありがとうねぇ~。ブーブー言っててごめんねぇ~。←ブーブー言ってたのは、彼は知らないですけどね。

ところで、トルコではイスタンブールの〝エジプシャン・バザール〟などでキャビアを売っているのはよく見かけるんですけれど、イクラって見たことがないんですよね。
ちなみに殆どのトルコ人はキャビアもイクラも食べないです。うちのダンナもイクラは苦手だそうです。子供もダメでした。なので、あの缶詰は私が独り占め!

※ロシア語でもイクラは「イクラ」なんですよ。「ИKPA」と書きます。 


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪

海外生活ブログへ



☆人気blogランキング☆

f0058691_6471119.gif
[PR]

by yokocan21 | 2007-03-08 16:08 | その他料理・飲み物  

◇雪◇水◇鯛飯風とお漬物

寒い寒い日々が続くディヤルバクルです。

先月末の大雪の後も気温が全く上がらず、積もった雪はアイスバーン化。そして、新年早々にまた雪が降り、9日にもまた雪、と、解ける気配は全くなし。天気予報でも、まだまだここ暫くは寒い日が続きそう。
昼間でも、気温は〝マイナス〝って、どうなのよ。

シベリアからの寒波だそうですけれど、一体いつまで居座るつもりなんでしょう。

で、寒波到来記念に寒~い写真をちょっと載せてみました。
f0058691_6134377.jpg

        ↑遅い午後の陽に光るつらら。長いのは、優に50cmはあるでしょう。

f0058691_6144525.jpg

        ↑家の前の松の葉っぱに積もった雪。

そして、トルコでこのような大雪が降ると、決まって起こるのが〝断水〟や〝停電〟。
ええ、もちろんありました。←お約束。
今回は、記録的な断水でした!

始まりは先週の金曜日(5日)。断続的に水が行ったり来たり。夜は完全に断水となってしまいました。
土曜日(6日)は、朝・昼・夕方とそれぞれ3時間ずつ位の給水でした。夜は完全断水。
で、とどめは、日曜日(7日)お昼からの、ほぼ2日間にわたる完全断水。これは、参りましたよ。
気分はブルー、凹。
食事の支度には困るし、洗濯物はたまるし、お風呂には入れないし。何といっても大変なのがトイレ!

うちは、もしもの為に、20リットルや10リットル入りのポリタンク数個に水を貯めてあるんですけれど、2日目には使い切ってしまい、仕方がないので、ダンナが水の出ている地区へ行って汲んできてくれました。

ここの団地には大きな貯水タンクがあって、断水した時にはそちらから水を供給してくれるんですけれど、今回はその水もすっかり使い果たしてしまったようです。

数時間程度の断水ならば、全然平気なんですけれどね。そんなことはしょっちゅうなので、在トルコ9年にもなると何とも思わなくなってしまいましたぁ。
でもね、まるまる2日間も水が一滴も出ないというのは、もう泣きそうでした。いや、泣いてました。

地球上には、まだまだ水道のない不便な暮らしをしている人達がたっくさんいるんだし、勿論ここトルコでも、山奥や荒野に住む人達には水道なんてないわけだし、そういう人達のことを思うと、私なんてとっても恵まれているんですけれど。

そしてついに、火曜日(9日)朝、蛇口から水がドドーーーッと出てきた時は、歓喜♪
水ってほんとに有難いもんですね。

早速、溜まった食器類を食器洗い機に詰め込んで、洗濯機を回して。
で、○日ぶりのお風呂!ひやぁ~、嬉しかった!
その日はまたまた朝から大雪でしたので、幼稚園の送迎バスは来ないだろうと、子供は休ませることにして、順番にお風呂。

まったく、断水に振り回された週末でした。
どうやら電気系統に故障が出て、ポンプが動かなくなったためとか。でも、こんなに復旧に時間かかるもんなんでしょうかねぇ。
復旧のメドとかも、まったく情報を知らせてくれなかったですし、市役所しっかりして欲しいですよー。

~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~

実は、今回の記事、これを載せようと思っていたんですけれど、何だか断水話を長々と書いてしまいまして、すみませんでした。

f0058691_6163685.jpg前回の↓、ニューイヤー・ディナーで載せましたチュプラというお魚の塩焼き。
子供は半身しか食べられなかったので、次の日、残ったものを炊き込み御飯にしてみました。
薄味で少し生姜をきかせました。鯛飯風で美味しかったです。


f0058691_618154.jpg
それに、大根の薄切りを、昆布茶とゆずとんからしでサッと漬けたもの。
これ、よく作るんですけれど、ご飯に合って美味しいんですよね。
薄切りにした大根と昆布茶、ゆすとんからし、それに必要ないかもしれないですけれど、小さく切った昆布を、ビニール袋に入れてもみもみして、冷蔵庫で2~3時間寝かしたらOK。

お酒の肴にも、いけそうです。

これにお味噌汁があればもう、言うことなし!ですね。



ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪

海外生活ブログへ

☆人気blogランキング☆
f0058691_6471119.gif
[PR]

by yokocan21 | 2007-01-11 06:26 | 普段生活  

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます♪

元旦は、犠牲祭(トルコ語では「クルバン・バイラム」Kurban bayramı)2日目ということもあって、お祭りの挨拶を兼ねてお客様がいらしたり、うちがお邪魔しに行ったりと、バタバタと過ぎていきました。次の日も同じく。
慌しい年明けとなりました。

※トルコでは、イスラムのお祭りである「犠牲祭」や「砂糖祭り」には、家族・親戚、ご近所や友人、仕事仲間たちなど、親しい人達がお互いに行き来して、お祭りを祝う習慣があるんです。
そしてその時、振舞われるのが、まずチョコレート。それにコロンヤというアルコール度の高いレモンの香りの香水のようなもの。
忘れてはいけないのが、バクラヴァというナッツの入ったと~っても甘いパイの砂糖漬けのようなお菓子。
ちなみにうちは、今回は「ショビイェト(şöbiyet)」という、中にクリームの入ったバクラヴァの一種を用意しました。↓
お宅によっては、自家製バクラヴァを出してくださるところもあり。
f0058691_2345783.jpg


こうして4日間の犠牲祭も無事終わり、今日(4日)からは通常通りに学校も仕事も再開です。

ところで、我が家は毎年大晦日にニューイヤー・パーティーだの、ちょっと豪華なメニューで夕食をとったりだの、しているのですけれど、お正月は特に何にもしていません。
私、おせち料理って好きじゃないし、まず作れないのです...。

大晦日は、ほんとはパーティーでもして、パッと賑やかにいこう!と思っていたのですけれど、ちょっとした事情でパーティーはやめ、おうちでささやかにディナーとなりました。
せっかく写真を撮ったので、載せてみます。

f0058691_23464393.jpg

メインはチュプラというタイの仲間のお魚。オーブンで塩焼き。
前菜は、御馴染み『メルジメッキ・キョフテシ(赤レンズ豆の団子)』、
『ポテトサラダ』、
『ツナマヨ入り一口巻き寿司』、
そしてカナダにお住まいのakitekiさんのブログで拝見した『エビとアボガドのワサビ風味サラダ』。
それに普通のサラダも作りました。

で、奥に見えるのは、広島の『賀茂鶴』。



うぅ~、美味しいお酒と美味しいお料理で、すっかり幸せ気分で年を越せました!


それでは、2007年も皆さまにとって、
素敵なことにたーくさん出会える1年でありますように☆
健康に暮らせる1年でありますように☆

今年もどうぞよろしくお願いいたします♪


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪

海外生活ブログへ

☆人気blogランキング☆
f0058691_6471119.gif
[PR]

by yokocan21 | 2007-01-04 23:56 | 普段生活  

ごま豆腐にチャレンジ

先日、なんとなくお料理のサイトを眺めていたら...「ムムッ!」
ごま豆腐』の文字。
「あぁ食べたいなぁ。でもここトルコだし...」で、諦めつつも一応レシピのページを覗いてみると...。
なぁんと、うちにある材料で作れるかもしれな~い!

材料は、練りごま、くず粉、水。
練りごまは、トルコでよく売られている「ターヒン」(※注)というごまペーストで代用。くず粉は勿論手に入らないので、「片栗粉」で代用しました。

これらを混ぜて、弱火でひたすらかき混ぜ、そして冷蔵庫で冷やし固めるだけ。
たったそれだけで、美味しいごま豆腐が出来てしまうんですねー。
なんで今まで、こんなに簡単なことを知らなかったんだろう...とちょっとショックだったのですけれど、ほんとに、たまたま見つけたお料理サイトでの出会い、とってもラッキーでした!
f0058691_5531970.jpg

肝心のお味の方は・・・くず粉で作るべきものを無理やり片栗粉を使っているので、舌触りにやや滑らかさが欠けるかな、と思いましたけれど、そんなことより、しっかりとごまの香ばしさ、甘さが感じられて嬉しかったです!ちょっと涙もんの感動でした!
わさびとの相性もバッチリなんですよね。

初めて作るものだし、いきなり大量に作る勇気がありませんでしたので、今回はとりあえずレシピの半分の量で作ってみたところ、あまりの美味しさにあっという間になくなってしまい、何だか物足りない感じでした。次回は、大量生産といきます。

トルコで、大好きな『ごま豆腐』を、しかも超簡単に作れてしまうなんて、あぁなんて私は幸せなんでしょう♪

作り方はこちらのページを参考にしましたので、興味ある方、是非チャレンジしてみて下さいね。

※注 「ターヒン」・・・トルコはじめ中東地域で作られているごまペースト。私は、ほうれん草のごま和えにも使います。

【追記】 たまたまうちに片栗粉があったので(日本からの)、それを使いましたが、手に入らない場合は、ポテト・スターチが片栗粉に近いものだと思います。
その場合は、加熱は10分程度でいいようです。

ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪

海外生活ブログへ

☆人気blogランキング☆

そして!
[PR]

by yokocan21 | 2006-05-17 05:58 | その他料理・飲み物