<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

手抜きの夕食

前回の記事で紹介しました、品数豊富な食料品店。カドゥイキョイへ行った時には、よく寄っています。
今回もまた、お魚を買ったついでに、夕食のおかずになるものを.....と思って覗いてきました。ま、手抜き主婦の強い見方、と言ってもいいでしょう。(笑)

で、その日の手抜き夕食が、こちら。
f0058691_1394884.jpg

レヴレッキ(Levrek)というスズキの一種のホイル包み焼き。
(フラッシュでホイルがびかびかに光って見苦しい)
お腹にローリエの葉っぱを入れて、塩。オリーブ油&バターを少々、輪切りのレモンを添えてオーブンで焼いただけ。うちの子供の大好きなお料理です。

f0058691_1402096.jpg魚のお供は、こちら。

ムール貝のドルマ(Midye dolması)と、
羊の脳みそサラダ(Beyin salatası)。


f0058691_1411195.jpg脳みそは、茹でた状態のが売られているので、家ではオリーブ油をたらしてレモンを添えるだけ。
げげっ、ゲテモノ~。でも、これが美味しいのですよね。
フグの白子っぽくって、お酒の肴にもいいのですねぇ。(この日は、白ワインでした)

これを、一度ポン酢で食べてみようと思っているところです。



そして、夕食の準備をしているところへ、ご近所さんが持ってきて下さった、アシュレ(Aşure)
f0058691_1413994.jpg

アシュレとは、穀物やドライフルーツ、ナッツなどがたっくさん入ったプリンのようなものです。
ちょっとお汁粉っぽい感じもあり。
何といっても、ドライフルーツやナッツ類が満載で、私の大好きなデザートです。
例えば、穀類は、麦、米、白インゲン、ヒヨコ豆など。
ドライフルーツは、干しイチジク、干しアンズ、干しブドウ、ブラックカランツなど。
ナッツ類は、クルミ、へーゼルナッツ、松の実など。
これだけ色んなものが入っているということは、栄養もばっちり、おまけにカロリーもばっちりですね。

今回頂いたものには、ピーナッツも入っていました。あと、人によっては、ローズウォーターで香り付けをしたり、オレンジピールを入れたり。シナモンを振って、彩りにザクロは欠かせませんねぇ。
まぁ、とにかく色んな材料が入っていて、美味しさの競演、といったところです。

なお、このアシュレについては、謂れもありますので、興味のある方、↓ 『アシュレの謂れ』をクリックしてみて下さい。

ちなみに私、このアシュレは、市販のインスタント以外作ったことはなく、もっぱらお店で買ってきます。いつかは自分でも作ってみたいとは思っているんですけれどね、結構手間のかかるもので。暇なくせに、言い訳.....。

ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
トルコ情報へ
人気ブログランキングへ

『アシュレの謂れ』
[PR]

by yokocan21 | 2009-01-30 01:47 | トルコ料理  

私の好きな食料品屋さん

前々回の記事で紹介しました、チーズがダダダーッと売られている食料品店。今日はそのお店の中を色々と見てみましょう。
カドゥキョイの食品市場の中では比較的大きなお店で、外から見ただけでもその品数の豊富さは一目瞭然。

f0058691_7453712.jpg

お店のかなりのスペースをとっているチーズコーナー。
ショウケースの上の部分にもチーズがズラーッ。天井からも色々なチーズがぶら下がっています。地方産の郷土色豊かなチーズもいっぱい。
f0058691_745519.jpg

こちらは、懐かしの南東部地方のチーズ。
左は、ディヤルバクルのオルギュ・ペイニル(Örgü peyniri)。三つ編み状が可愛い、塩気の少ない食べやすいチーズ。
右は、ウルファのウルファ・ペイニル(Urfa peyniri)。こちらは、ちょっと塩気のあるどっしりとしたチーズ。

ちなみに、このような、チーズやソーセージ類などの保存食を主に扱っているお店のことを、トルコでは、『シャルキュテリ(Şarküteri)』と呼ばれています。元はフランス語ですね。(※)

f0058691_746216.jpg

天井から吊り下げられているのは、スジュク(Sucuk)
牛挽き肉やニンニク、クミンなどのスパイス、唐辛子などで作った腸詰です。
サラミに似た感じもある、ちょっと個性的なソーセージで、朝ご飯によく食べます。でもちょっと脂っこい。スジュクの目玉焼きはトルコ朝食の定番。


f0058691_7465042.jpgf0058691_7471450.jpg

こちらは、パストゥルマ(Pastırma)
牛の脂の少ない部位を、チェメン(Çemen)(※注)というスパイシーなペースト状のもので覆って乾燥させた保存肉。
香辛料の効いた生ハムの牛版、って感じでしょうか。薄~くスライスしてもらいます。
このまま生で食べてもOK。ベーコンのように卵料理にしてもOK。これ、かなーりスパイシーで、台所がものすごいことになりますので、私は加熱はことごとく拒否しております。
・※注   チェメン・・・チェメン(Çemen=フェヌグリーク)という植物の種と、ニンニク、唐辛子で作ったペースト状のもの。

このパストゥルマには、ちょっと謂れがありますので、ウンチクをば。
昔々、トルコ民族が中央アジアで遊牧生活をしていた頃、牛肉の塊を布袋に入れて、馬の鞍の両側にぶら下げて草原を駆け巡っていました。馬の体温で適度に温まり乾燥し、鞍で圧縮された牛肉は、当時の遊牧民の保存食として用いられていたそうです。
そして、これが現在のパストゥルマの起源だと言われています。そして、「パストゥルマ(Pastırma)」という言葉は、「押さえる」や「押し込む」という意味の「バストゥルマク(Bastırmak)」から来ている、と言われています。
ほぉ~、遥か昔に遡る、遊牧民の知恵にあやかる食材なのですよ。


f0058691_7474613.jpgf0058691_74882.jpg

こちらは、冷たいメゼ(前菜)色々。ズラーーーッと。
左側写真、左手前は、羊の脳みそ。これにオリーブ油をかけてレモンを絞って食べると美味しいのです!ちょっと白子に似た感じ。
右側写真、右手前は、お馴染み、ブドウの葉っぱのサルマ(ヤプラック・サルマ(Yaprak sarması))。


f0058691_7484430.jpgf0058691_749872.jpg

左側・・・ムール貝のドルマ(ミディイェ・ドルマス(Midye dolması))。店頭で煮ていました。熱々。
右側・・・揚げ物色々。
左から、ポテトのコロッケ。ムジュヴェル(Mücver)。カドゥンブドゥ・キョフテ(Kadın budu köfte)=「婦人の太もも」という名の付いたセクシーなキョフテ(笑)。そして、イチリ・キョフテ(İçli köfte)。

とまぁ、一つのお店だけととっても、こんなにバラエティー豊かな食材が揃っています。
他にも、パスタ類や調味料なども売っていて、トルコのデパ地下かな(?)。


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
トルコ情報へ
人気ブログランキングへ

(※)が気になる方は、こちらへ、
[PR]

by yokocan21 | 2009-01-26 07:54 | トルコの食べ物・飲み物  

ポカポカ陽気に誘われて

あまりにもいいお天気だったので、海岸沿いを散歩。2日前に続いて今日もまた。
ここ1ヶ月くらい、雨や曇りの日が多くって気分が凹み気味だったのが、ここ3日間は珍しくカラッと快晴♪とぉってもいい気持ち!

f0058691_4121735.jpg

この海岸沿いは、ゆったりとした遊歩道&芝生の公園になっていて、のーんびり散歩にはうってつけ。
自転車専用レーンもあって、健康志向な人にはもってこいの環境です。
途中の広場には、屋外で出来るフィットネス用具もたくさん設置されていて、皆さんせっせと汗を流しておられました。ワンちゃんのお散歩に来られてる方も多し。

f0058691_4124497.jpg

向こうに見えるのは、〝アダラル(Adalar)〟と呼ばれる、通称〝プリンセズ諸島〟。
一番大きくて見どころの多いビュック・アダ(Büyük ada)を始め、大小9つの島があります。私は、ビュック・アダに何度か行ったことがあるんですけれど、そこは自動車の通行禁止で馬車が行き交う、とっても素敵な可愛い島なんです。ビザンティン時代の教会もあったり、シーフードの美味しいレストランもあったりと、とっても楽しい場所。いつか紹介いたしますね。

f0058691_4131130.jpg

海岸通りに沿って、瀟洒な家が建ち並んでいます。

f0058691_413365.jpgf0058691_4135896.jpg

こちらは、近所のお花屋さん。季節柄、菊の花が多いです。
イスタンブルのこういう街頭のお花屋さんは、ロマ(ジプシー)のおばさんが多いんです。気さくな人たち。

f0058691_4143344.jpg

これは、帰りに買って帰った、アイワ・タトゥルス(Ayva tatlısı)。マルメロのシロップ煮。
ピスタチオと「カイマク(Kaymak)」というクリームがのっています。ちょっと甘いけれど、マルメロがトロトロに柔らかくって、なかなか美味しいトルコの冬のデザートです。(赤い色は、食紅で色づけされてますね)

はぁ、1時半ほどたっぷりと歩いて、いいエネルギーの消費となった筈が、こんなものを買ってては、全くの意味なし!これだから、痩せられないの~。   「あかんわ.....」047.gif


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
☆トルコ情報☆


☆人気blogランキング☆"


コメント欄、承認制にしましたので、よろしくお願いします♪
[PR]

by yokocan21 | 2009-01-23 04:19 | 普段生活  

カドゥキョイの食品市場

市場をブラブラって楽しいですよね!
うちから比較的簡単に行ける市場は、カドゥキョイ(Kadıköy)です。以前に魚屋さんのある市場として紹介しました、こちらです。
f0058691_5273335.jpg今日は、私の大好き、このカドゥキョイの市場をちょっと散歩がてら紹介してみます。

この写真、逆光なのか何なのか、暗くってよくわからないんですけれど、ま、狭い路地にたくさんの
食品関係のお店がひしめく、活気のある市場です。
えー、大阪の黒門市場っぽい雰囲気です。(すみません、ローカルで)



f0058691_5282335.jpg

まずは、もう既に何度もお邪魔していて、「行きつけ」になってしまった、スパイス&ハーブ屋さん
天井から吊り下げられた、干しナスや干し唐辛子の光景が嬉しいです。
間口の狭いお店には、所狭しとスパイスやハーブが並べられています。
このお店は、南東部地方・ガズィアンテップ(Gaziantep)産のスパイスや乾燥野菜をたくさん扱っていて、私の欲しい物が何でも揃うんです。(←南東部好きな私にぴったりなお店)
その日は干しナスを買いましたよ。もちろん、『干しナスのドルマ』を作るため。

f0058691_5285572.jpg右奥に吊られているものは、乾燥オクラ。
手前に吊られているものは、アジュル(acur)というキュウリに似た苦~い野菜の乾燥させたもの。
これらは、内陸部地方からのものです。

手前には、ガラス瓶に入ったスパイス&ハーブがずらーっ。
ここでは、ビベル・サルチャス(biber salçası)という唐辛子ペーストも買いました。

聞けば、ハーブの使い方など、親切に教えてくれる有り難いお店なんです。



f0058691_5294469.jpg

こちらは、とあるお店のチーズコーナー
ショウケースにデデーンと鎮座しているベヤズ・ペイニル(beyaz peynir)という白チーズを始め、全国各地のチーズをくまなく扱っていて、ここも既に何度もお邪魔しております。
お店にいるのが楽しくってしょうがない位に、色んな種類の食料品を扱っているんです。このお店、改めて別の機会に紹介することにしますね。

f0058691_5295436.jpg

トルコといえば、オリーブ
お馴染み黒いものや、ピンクがかったもの、紫色のもの、緑色のもの.....色んなオリーブがあります。もちろん、試食させてくれますので、気に入ったものを選ぶことが出来ます。
右手前奥に小さく見えるには、ブドウの葉っぱ。これで、お米やハーブなどを包んだ『ヤプラック・サルマ(Yaprak sarması)』が有名なトルコ料理の一つですよね。

f0058691_530022.jpg

ここにもありましたぁ~。羊の頭。
手前は、羊のレバー。
左手の白いものは、牛の胃袋です。(確か、第一胃袋です)これを使って、『イシュケンベ・チョルバス(İşkembe çorbası)』という、スープを作ります。うちのダンナの大好物。私は苦手.....。で、作ることもいたしません。
奥の方には、羊の足も見えますね。

f0058691_530785.jpg

これは、ある魚屋さんの店先にあったもの。
この魚屋さん、結構色々なシーフードを扱っていて、奥の冷蔵庫の中にはカラスミや魚卵なども置いているくらい、品揃えが豊富。
ちょっと珍しい、ホタテも売っていました。真ん中のムール貝と比べてみてもわかりますように、このホタテ、かなり小型です。これじゃぁ、貝柱は殆どないんじゃないか、ということで買わなかったです。しかも、1キロ=15TL(約825円)と、殻付きでこのお値段はちょっと厳しいですしねぇ。
右端は、牡蠣ですね。これも、かなり小型。
こういう貝類って、トルコ人は殆ど食べないんですけれど、最近のグルメブームでトルコ人の嗜好も変わってきているんでしょうか。

ということで、まだまだたっくさんのお店や珍しいものがギューギューにひしめき合っているこの界隈。一度に全部は紹介しきれませんので、続きはまた今度ということで。
この辺りには美味しいレストランも何軒かありまして(チェック入れてますよ!)、買い物ついでに美味しいものも食べて、とっても楽しい市場なんです。


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
☆トルコ情報☆


☆人気blogランキング☆"



こちらのトラックバック・コミュニティーに参加しています。
   ↓
世界の食材マーケット(市場)
[PR]

by yokocan21 | 2009-01-20 05:37 | 普段生活  

ギュヴェッチ屋さん

しばらく更新さぼっておりました。なんか、気合い入ってません。はぁ.....。
でもま、ぼちぼちやっていきますので、よろしくお付き合いを。

ここのところ、食べ物関係が続いていて、食いしん坊ぶりを思いっきり発揮しておりますけれど、今回も懲りずにまた食べ物です! (えーっと、その内別の話題にも触れようと思っています)

この週末、家族でショッピングモールへ出掛けました。天気も悪いし(雨ばっかりです)、こういう時は屋内に行くのが一番手っ取り早いんですよね。
で、服やら靴やらを見て、子供の物も色々と見て、ついでに食料品も買って、とブラブラしていたら、あっという間に日が暮れてしまいます。家に帰っても作り置きが何もないし、バタバタと夕食の準備も面倒~~~ってことで、はい、外食です。
ほんと、ぐうたら主婦。

そこで、ここに引っ越して来た当初から、ダンナも私も気になって仕方がなかったお店に遂に行くことに。
ギュヴェッチ(Güveç)の専門店です。
ギュヴェッチとは、素焼きの土鍋のことで、この土鍋にお肉や野菜を入れてオーブンでじっくりと煮たものが、また〝ギュヴェッチ〟というお料理の名前にもなっています。

ギュヴェッチで煮たお肉はとっても柔らかくって、野菜の旨みがぎゅーっと染込んで、とっても美味しいのです。うちでも時々作りますけれど、やっぱり専門店のものは、一味違うに違いない。
もうね、ここ、期待を裏切らなかったです。


f0058691_19284758.jpgこれは、私が注文した、ウスキュップ・ケバブ(Üsküp kebabı)

ウスキュップとは、マケドニア共和国の首都・スコピエのこと。
このお店の創業者がスコピエ出身ということで、スコピエ風のお料理が他にも色々とありました。

こんな素朴な素焼きの壷で出てきます。
これを、ウェイトレスの方が、お皿に綺麗に盛り付けてくれました。

仔羊肉がたーっぷり。
これがまた、とぉーっても柔らかくって、全く脂っぽくなくて、美味しい~!
丸ごとニンニクも入っていて、風味も抜群。

真ん中には、トマトソースのかかったブルグル。
ブルグルとは挽き割り小麦のことで、これを炊いたピラフの名称でもあります。
ピリッと辛くて、このブルグルとお肉を一緒に食べると、んもう、幸せ~。


UPでいってみましょう。  ↓ どうですかぁ~。
f0058691_19293918.jpg


こちらは、ダンナの、ウスキュップ・キョフテ(Üsküp köfte)
f0058691_1930693.jpg

どうも、二人してウスキュップに惹かれてしまっています。こちらも、ブルグル付き。
大きめのキョフテに、揚げたナスが巻かれていて、これもまた美味しい~のです!
キョフテって、お店によってはかなり脂っこかったりするんですけれど、ここのはアッサリめ。良いお肉を使っているんでしょうね。

これに、サラダを頼んだんですけれど、一皿が結構なボリュームだったんで、お腹がいっぱいになりました。

ちなみに子供は、お子様用のメニューから、キョフテのセットでした。
写真はなし。ま、キョフテとフライドポテト、ピラフにサラダ、という至って普通のプレートでした。キョフテを1個もらいましたけれど、これも美味しかったです。

美味しいお店はやっぱり皆が知っているだけあって、あと週末ということもあってか、店内はほぼ満席でした。
うわぁ、ここは通ってしまいそうですよ~。他にもチェックしているメニューが色々とあるんです。

で、帰りにケーキを買って、お終い。(←まだ食べる?)

最後に、お店の名前は、『Güveççi Abdullah(ギュヴェッチチ・アブドゥッラー)』。
創業は1944年だそうで、最近、アジア側の別の場所に新しくお店がオープンしています。イスタンブルに3店舗。人気のお店のようです。

お店の外観。クリスマス&新年のイルミネーションだと思っていたら、いまだにこれです。
トルコらしいなぁ。
f0058691_19303240.jpg



ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
☆トルコ情報☆


☆人気blogランキング☆"

[PR]

by yokocan21 | 2009-01-15 19:34 | トルコ料理  

黒大根

これ、何でしょう?
f0058691_5252170.jpg

泥が付いて汚れているんではないんですよ。こういう色なんです。真っ黒。
その名は、黒大根。トルコ語では、〝カラ・トゥルプ(Kara turp)〟。訳してもそのまま〝黒大根〟です。
日本では見た事がなかった野菜で、トルコに来て初めてお目にかかりました。
トルコでは、この他にも赤いものや白いものも売られていて、それぞれビミョーに味も違います。あ、もちろん日本の大根も、よく見かけますよ。

この黒大根は、普通の大根と比べて、かなり苦味が強いんです。トルコでは、スライスしたり、荒く卸して生のままサラダとして食べます。
でも我が家では、生ではあまりにも苦くって子供が食べないということで、大根のように煮て食べています。

f0058691_5254732.jpgで、先日のお昼ご飯にと作ったのが、こちら。
黒大根のステーキ』。

大根のステーキは時々作るんですけれど、今回初めて黒大根で作ってみました。
うん、これもいけますねぇ~。
生の時のあの苦味はほとんど消えてしまって、甘味が増してます!

大根だと、予めレンジでチンしてから焼くんですけれど、これはそのまま焼いちゃいました。
(細かく隠し包丁が入っています)
ゴマ油、ニンニク醤油、砂糖で味付け。
みりんがあれば、尚一層美味しかったんでしょうけれどね.....。

ついでに鶏も一緒に焼きました。
鶏、干しシイタケ、人参の入った炊き込きご飯も。お味噌汁(わかめ)もあったんですけれど、セッティングし忘れ。

それにしても、この写真、しょぼいですねぇ。
いつものようにデーンとした盛り付けじゃなくて、ちょとお上品に.....と思って盛り付けたんですけれど。改めて見てみると、何だかな。デーン、にしとけばよかった。

ところで、この黒大根といえば、喉に良い成分がたっぷりと入っているらしいのですよ。大根もそうですよね。
それで、黒大根をスライスしてハチミツに丸一日漬けておきます。そしたら、汁がジュワーっと出てくるのです。その甘い汁をスプーンで1~2杯飲むと、咳がとっても楽になるのですよ。

これが、その黒大根スライスのハチミツ漬け。 ↓
f0058691_5263090.jpg

大根の仲間の中では、黒大根に含まれる成分が一番喉に効きやすい、とある知人から聞きました。確かに、よく効きます!
年末から咳が続いているんですけれど、この大根汁を飲んで、早く治って欲しいものですわ。

※黒大根は、ググッてみると、この写真のような丸い形をしたものがあったり、いわゆる大根のような長い形のものもあったり、姿も色々なようですけれど、味のほうは、「生では苦い」で、共通しているようです。
大根の詳しいサイトを見つけましたので、紹介しておきます。こちら


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
☆トルコ情報☆


☆人気blogランキング☆"

[PR]

by yokocan21 | 2009-01-08 05:30 | トルコの食べ物・飲み物  

明けましておめでとうございます!

☆ 明けましておめでとうございます ☆

皆さま、どのような新年をお迎えになられましたか?

昨年も、大勢の方にブログに遊びに来ていただいて、本当にありがとうございました!
私の独断と偏向の塊のようなブログですけれど、訪ねて下さる皆さまとお話が出来たり、実際にお会いすることが出来たりと、楽しいことばかりです。
f0058691_1837276.jpg

さて、世間では、暗い話題や悲しい出来事が、あいも変わらず起こっていますけれど、気持ちは前向きに元気に過ごしていきたいものですね。
そして、何よりも皆が健康であって欲しいもの。
目を遠くへやってみると、争いのない平和な世の中が一日も早くやって来るように、祈るばかりです。

トルコでは、今年も恒例のイスタンブル・タクシム広場での年越しコンサートが中止になりました。
昨年は、年末から立て続けに起こったテロへの警戒のため。
今年は、パレスチナ・ガザ地区へのイスラエル軍の攻撃への抗議と犠牲者の追悼の意で。
このような理由でコンサートが中止になるという事実。トルコの、そして世の中の世情を現していますよね。

でも、新年の幕開けと同時に綺麗な花火がバンバン上がっていましたので、やっぱり華やかな気分になれるし、「おぉ~、今年も頑張るぞぉ~!」ってな気持ちにもなるもんです。

とまぁ、こんな年明けのイスタンブルから、毎年恒例・我が家の年越しパーティーの様子をちょっとお届けいたします。
本当はね、ホテルのニューイヤー・パーティーに行きたかったんですよね。でも、立て続けの引越しで出費が重なり、そんな贅沢は言ってられないことに。(トルコのニューイヤー・パーティーって、結構するのです)

f0058691_1838272.jpgということで、大晦日の晩は、こんな感じになりました。

メインは、鶏の丸焼き
スタッフィングは、メギーさんの感謝祭ターキーのものをちょっと真似てみました。
パンの替わりにお米を入れてみました。
オーブンバッグでじっくりと1時間45分。とーってもジューシーに美味しく出来ました!

あ、ワインは、カッパドキアの赤
トルコの内陸部の赤ワインは、なかなかに美味しくって、よく買います。白はエーゲ海地方のが美味しいと思うんですけれど、赤は内陸部のものがお気に入り。



f0058691_1839351.jpgf0058691_1839583.jpg

f0058691_18403282.jpgf0058691_18405414.jpg

f0058691_18412456.jpgf0058691_18414581.jpg

・上段左:鶏の丸焼き。
・上段右:野菜とチーズのケーキ。(こちらで紹介しています)
・中段左:プロシュート。(イスタンブルにはブタ製品があります)
・中段右:赤ピーマンとブロッコリーのサラダ。(赤ピーマンのサラダにブロッコリーも追加)
・下段左:シーフードサラダ。(冷凍のシーフードミックスを使用です)
・下段右:ザフテル(Zahter)。(こちらでも紹介しています、野生タイムの前菜。近所で買って来ました)

買ってきたものもあり、ちょっと手抜き感は否めないですけれど、でもまぁ頑張って作りました。
家族3人でこのボリュームは、とてもじゃないけれど食べきれず。残りは次の日のお昼ご飯に。


f0058691_18422533.jpgで、チーズも忘れずに。
「オールド・アムステルダム」と言う、オランダのハードタイプ。

ブリーかカマンベールが欲しかったんですけれど、生憎の売り切れで、替わりに買ったものがこれ。色々と試食をさせてもらいながら(赤ワインも一緒に!)、選びました。
ハードタイプだけど、長く熟成されているので濃厚でクリーミー。コクもあって、とっても美味しいのです!
近くのチーズ専門店には、ヨーロッパの色々なチーズも売られています。とっても有り難い存在!
(↑のザフテルも、このお店で売っていたもの)


f0058691_18435675.jpgで、トドメは、こちら。

新年のお祝いにケーキ?ですけれど、トルコではいたって普通です。

クリスマスのお祝いがないかわりに、新年のお祝いを盛大にする習慣がありますので、ま、クリスマスケーキの替わり、といったところです。
特別な日には、もちろん、ベヤズフルン(Beyazfırın)のケーキで。

サンタさんの乗ったクリスマスケーキも売られていたんですけれど、小さいサイズのものは既に売り切れてしまっていてアウト。今回は、ホワイトチョコとバナナのケーキです。

(飾りは子供が付けました。うちにあったもの)


もうね、これだけ食べると、お腹がはちきれそうでしたよ~~~。ひぃ~っっっ!
その日は、いつもは9時か9時半に寝ている子供も、新年の花火を見るんだぁなんて、頑張って遅くまで起きていたんですけれど、やっぱり睡魔には勝てず。惜しい~、11時半に寝てしまいました。

TVを観たりゲームをしたり、しとしとと降る雨を眺めながら、ポカポカ暖かい部屋で過ごす大晦日もほんわかとしていいものです。

ということで、楽しいパーティーも終わり、今日からはまた日常生活が始まります。トルコでは、元旦はお休みですけれど、2日からは普通に仕事も学校もあります。

それでは、今年もどうぞよろしくお願いいたします♪  056.gif


※トップの写真は、作家・澁澤幸子さんから頂いた、「赤べこちゃん」。首をゆらゆらと振って、可愛いのです。サロンに飾らせていただいています。ありがとうございました!


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
☆トルコ情報☆


☆人気blogランキング☆"

[PR]

by yokocan21 | 2009-01-02 18:49 | 普段生活