<   2008年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

最近作ったもの

ここイスタンブルは、このところ寒波の影響で、雪もちらつくほどの寒い日が続いています。
今日も、昼間、ちらちらと小雪が舞っていました。
この寒さに加えて、足の指のケガということで、おうちに篭る日々。ストレス解消のため(?)、ちょこちょこと何やら作っております。
今日は、そんな中から少し載せてみます。

f0058691_6304436.jpg

まず、salahiさんのレシピで、キャベツたっぷりごはん。 ↑

これ、写真を拝見して、〝絶対に美味しいはず!〟と確信して作ってみたら、予想通りの美味しさ!
キャベツがたっぷりと入っていますので甘味があって、トマトの酸味と程よくマッチして、爽やかさいっぱい。いくらでも食べられそうです。
とっても気に入ったので、すでに2度目の登場です。(この2度目の時は、勝手にツナ缶も入れました。これも、美味しかったですよ)
salahiさん、、いつも美味しいレシピをありがとうございます!


f0058691_6311489.jpg

次は、ちょっと柔らかくなってきたリンゴを消費するために作った、アップル・クランブル。 ↑

我が家は、特に私と子供が、リンゴは固め&酸っぱめが大好きですので、柔らかかくなってきたら、すぐさまこのようなデザートへと変身させてしまいます。
焼きリンゴも美味しいんですけれど、このクランブルも大好き!簡単に出来てしまうところも嬉しいんですよね。冬場の定番デザートとなっています。

【追記】 作り方を教えて~と、お友達よりリクエストがありましたので、追記しておきます。 ↓

f0058691_6314850.jpg

こちらは、クルミとレーズン入りのカップケーキ。 ↑

f0058691_6321034.jpg最近買った、シリコン製の型が大活躍。
トルコの型ですので、かなり大きめです。
これ一個食べたら、結構お腹にきます。

レシピは、普通のパウンドケーキと同じで。
今回、ちょっと膨らみすぎて安定感悪いんですけれど、お味はOK。



まぁ、こんな感じです。

*:…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:……:*:…:*:…:*:…:*:…:*:……:*:…:*:…:*:…:*

早いもので、今年も残すところあと2日。
今年最後の更新となります。

何やら物騒な幕開けで始まった私の2008年ですけれど、振り返ってみると、やっぱり今年も楽しく・素敵な1年だったように思います。
ま、悪いこともすぐに忘れてしまう、という楽観的な性格なもんで、毎年「良い1年」で締めくくってしまっています!

皆さまの2008年はどんな年でしたか?

いつも訪問下さる皆様には、励まされたり、感動をもらったり、色んなことを教えてもらったり、はたまた笑わせてもらったり!
本当にありがとうございました!今年も1年、色々と楽しいお付き合いをさせて頂きました。
こんな、のらりくらりなブログですけれど、これからもよろしくお願いいたします♪

それでは、年明けにまたお会いいたしましょう~。
皆さま、良いお年をお迎え下さいね☆ emoticon-0157-sun.gif


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
☆トルコ情報☆


☆人気blogランキング☆"


《アップル・クランブルの作り方》
[PR]

by yokocan21 | 2008-12-30 06:40 | その他料理・飲み物  

なんてこった!なクリスマス & ムジヴェル

メリー・クリスマス☆

皆さまは、どんなクリスマスをお過ごしになられましたか?
えぇー、私。今年はとんだクリスマスになってしまいましたぁ。というのは、朝からいきなりのケガです。

クリスマスの日の今日、いつものように皆で朝ご飯を食べ。いつものように子供が一番最後に食べ終わるわけなんですけれど、その子供、台所を立ち去る際にイスをデーンと倒してしまったんですよね。で、そのイスが、なーーーんと、横にいた私の左足の親指を直撃!
ぎゃ~~~っ♪朝から悲鳴。
あまりの痛さに、身動きできず。笑ってしまう程。もうね、骨が折れたかと思うくらいでした。涙ポロポロ.....。

飛んできたダンナに指を見せ、「折れてないわ」と言われ。でも、相当な打撲であることには間違いなし。出血もしていましたし。
とりあえず、打撲に効くという薬を塗ってもらいました。で、ダンナと子供はそれぞれ家を出て行きました。

一応、立ってはいられるんですけれど、かかと立ち。親指に力が入れられないんで、どうも不安定です。歩くのも大変で、ひょっこ・ひょっこ。変に足の側面とかかとに力を入れて歩いているので、脚が曲がってしまいそうです.....。

そして加えて、先日よりコホコホと出ていた咳が、昨日あたりから激しくなってきて、今日なんて、喋るだけでゴホゴホッ。咳き込んでしまいます。
風邪をひいているわけではないですので、部屋の乾燥にやられたのか。ハーブティーやメネンギッチ・コーヒーでも飲んで早めに退治しなくては!

で、我が家の毎年の恒例でもあるクリスマス会はというと、こんな事態で気分は凹凹、お料理の準備もやる気は萎え、冷凍してあったカレーでお茶を濁してしまいました~。

まぁ、それでも、やっぱりカレーだけというのはあまりにも悲しいんで、ズッキーニを使って、材料混ぜて焼くだけの簡単ムジヴェル(Mücver)を作りました。
HPで紹介していますのは、揚げたものなんですけれど、これはオーブンで焼いたもの。揚げると、どうしてもカロリーが気になりますよね。なので、最近はオーブンで焼いています。
作り方もHPのとはビミョウに違っていますので、《作り方》↓に書いておきます。
f0058691_5404859.jpg


※24日は、ダンナが仕事で遅くなるということでしたので、クリスマス・ディナーは25日にする予定だったのです。

私的には、踏んだり蹴ったりのクリスマスでしたけれど、子供にとっては、24日夜にはちゃんとサンタさんが来てくれましたし、好きなカレーが食べられたってことで、満足しているようです。(ちょっと不憫にも思えますけれどね)

はぁ、今年のクリスマスは、これでおしまい。昼間ナヨナヨだった気分も、これを書いている夜には少しは軽くなってきまして、これからは一気に年末モードへと突入予定!(早く指と咳を治そう~)

【関連記事】
・トルコのクリスマスについては、こちらへ。

ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
☆トルコ情報☆


☆人気blogランキング☆"


《ムジヴェルの作り方》
[PR]

by yokocan21 | 2008-12-26 05:58 | トルコ料理  

イスタンブルで韓国料理

今日のネタ、かなり古いもので申し分けないです。
えー、ここに引っ越して来る前のことですので、もう1ヶ月半も前(!)のこと。〝ふっるぅ~!〟と、がしがしツッコンでいただいて結構です。
でも、楽しかったし、美味しかったので、無理矢理載せてしまいます(爆!)。

以前住んでいたディヤルバクルにお仕事で来られた際にお会いした、イスタンブル在住のSさんと、再開をしたんですよね。
私がイスタンブルに越してきてすぐに連絡を頂いて、会おう・会おうと言いながら、なかなか時間が合わず、ついに再会と至ったんです。わぁ、2年ぶり近かったかな。嬉しかったなぁ。
その日は、韓国料理屋さんへGO!
(近くに韓国料理屋さんがありますよ~と教えてもらったので、すかさずリクエスト!)

旧市街の観光地・スルタンアフメット地区には、韓国料理屋さんが、なぁんと4軒もあるそうです。
最近、韓国からの観光客が急増していますから、ふーん納得です。観光地で見かけるアジア人って、以前は日本人が圧倒的に多かったんですけれど、最近は韓国人(特に若い人)がとっても多いんです。

余談ですけれど、スルタンアフメット(Sultanahmet)地区の有名なものを。ちょっとだけ紹介。
f0058691_7185496.jpgf0058691_719191.jpg

f0058691_720622.jpgf0058691_7352279.jpg

・左上・・・アヤソフィア(Ayasofya)
・右上・・・スルタンアフメット・ジャーミィ(Sultanahmet Camii)
・左下・・・屋台の焼き栗屋さん(秋から冬の風物詩)
・右下・・・アフメットⅢ世の泉亭(Ⅲ. Ahmet Çeşmesi )

~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ 


余談はさておいて、本題。
連れて行ってもらったお店、名前は忘れてしまいましたけれど、韓国の方がやってらっしゃって、とっても懐かしいお味に舌鼓~♪

私は、『豆腐ステーキの定食』
f0058691_7144821.jpg

自家製の豆腐に、あんかけ野菜炒めがかかっています。白いご飯が嬉しい!家庭料理風で、あっさりと美味しかったです。
キャベツの千切りも嬉しかったです。でもフライドポテトはいらなかったと思いますけれどね。
真ん中のタレは、チヂミ用のもの。

こちらが、その『チヂミ』
f0058691_7152372.jpg

私、チヂミって大好きで、定食にはチヂミが付いてくる、とメニューにあったので、敢えて定食を
選んだのです。でもこのチヂミ、忘れられていて、催促してやっと持ってきてもらったもの.....。
もっちもち、美味しかった~!

こちらは、Sさんの『豆腐チゲ』
f0058691_7155596.jpg

湯気が立ってますねぇ。熱々の土鍋に豆腐がたっぷり。かなり辛かったようですけれど、辛いもの好きのSさんは難なく完食されていました。

こちらは、チゲに付いてくる突き出し(?)。小皿料理の数々です。
f0058691_716284.jpg

キムチや水キムチ、ほうれん草のおひたし、ゆで卵の甘辛煮など、どれもこれも美味しかったです!
Sさんの分なのに、遠慮なくガシガシいっちゃって.....。ごめんねぇ~と、後で反省です。

やっぱりアジア料理は落ち着きますね~。
美味しいお料理と、楽しいお話に、あっという間に時間が過ぎてゆき。で、その後は近くのSさん宅にお邪魔させていただきました。
生後まだ2.3ヶ月の可愛い仔猫ちゃんに会いに!

ほぉんっとに可愛い子で、初対面なのにとってもなついてくれて、私が雑誌を読んでいると、気が付くと膝の上に乗っかてるではないですかぁ~。えぇーーーっ、こんな人懐っこい猫ちゃん、見たことなーい!
お茶を飲みながら、日本の番組のビデオ(古っ!DVDです)を見せて頂いて、猫ちゃんと戯れていると、アッという間に夕方。
子供が学校から帰って来るんで、その時間までには家に帰っておかないと。

あーん、猫ちゃんの写真、すっかり撮り忘れ。あぁ.....。将来がとっても楽しみな、人懐っこい美形ネコちゃんでした。

そして、お土産に、うちの子にと日本のスナック菓子を下さって、感激しながら家路についたのです。
Sさーん、その節はどうもありがとうございました!また会おうね♪ 今度はアジア側へいらしてね!


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
☆トルコ情報☆


☆人気blogランキング☆"

[PR]

by yokocan21 | 2008-12-23 07:39 | その他料理・飲み物  

黒海沿岸の港町・シレ

犠牲祭(クルバン・バイラム)の連休を利用して、義弟家族の住むシレ(Şile)という小さな町へ遊びに行ってきました。
うちから北へ、車で約1時間、黒海に面した小さな漁港町です。
ちょうど、義弟の奥さんのご両親も来られていて、一日中賑やかに過ごすことが出来ました。

義弟の家は町の郊外なんですけれど、お天気がむっちゃ良かったので、シレの港周辺をブラブラ散歩。

大小の漁船が停泊する港の横の入り江には、ビザンティン時代に造られた城塞(右側)と岩。
何故だか、両岩の間にはロープでつながれた篭のようなものが(ロープウェイ?)。昔、何かに使っていたんでしょうか。
真っ青な空が眩しい~!
f0058691_6104423.jpg


その横方面にも岩。ここは、小さな入り江になっていて、子供達が砂遊びをするのにピッタリ。義弟の子とうちの子も一緒にスコップや空きペットボトルで、ぴちゃぴちゃ遊んでいました。
f0058691_6111790.jpg


シレの港風景。小さな町の割には、漁船の数が多いなぁ。
f0058691_6114722.jpg


港で魚網の手入れをしているおじさん達。
f0058691_6121820.jpg

「イイ・バイラムラール!(İyi bayramlar=バイラムおめでとうございます)」と声をかけると、にこやかに皆さん挨拶して下さいました。
そして、「コライ・ゲルシン!(Kolay gelsin=お疲れ様~、とか、お仕事はかどりますように)と言ってお別れ。

こういう港の日常風景を眺めていると、昔住んでいたゲリボル(Gelibolu)の町を思い出します。
あの町も小さな漁港があって、港に散歩に行くと、威勢のいい漁師のおじさんや魚屋さんによく出会ったものです。
私、港町の生まれではないですけれど、海のある風景って大好き♪
(あ、ちなみに今住んでいる所も海のそばです)

f0058691_6124377.jpgこの町には、世界で2番目に大きいと言われている灯台もありました。
車で通りすがりに、「あれだよ」と言われて眺めましたけれど、うーむ、どう大きいのかわからず(爆)。

オスマン朝時代に造られたものが最初の灯台なんだそうで、昔から黒海を行き来する船を見張ってきたのですね。

写真は撮り損ねましたので、こちらから拝借してきたものを載せておきます。



その日は、あまりにも天気が良かったので、いつまでも外でブラブラしていたい気分でしたけれど、そうはいかず。お昼ご飯が待っています。

で、お宅にお邪魔。
アパートの裏庭で、チネコプ(Çinekop)という魚でバーベキュー。港で買ってきたばかりの、とれとれ新鮮なお魚!
f0058691_6132844.jpg

脂のよく乗った魚なので、炭火で焼くとうーーーん美味♪
用意して下さってたサラダやトゥルシュ(トルコ版ピクルス)、ヤプラック・サルマス(=ブドウの葉のドルマ)などをつまみながら、チネコプにかぶりつく、という何とも心躍る昼下がりだったのです。
しかも、男性陣はラク(トルコの地酒)、女性陣はワインで、日が暮れるまで楽しくワイワイ。

※えーっと、写真ですけれど、このチネコプを撮った時点でバッテリー切れ(しょぼん)。電池のチェックが甘かったです。

ここシレという町は、夏場にはイスタンブルから大勢の観光客がやって来て、それはそれは賑やかなんだそうです。近くには綺麗な砂浜もあって、ホテルやペンションもたくさんあって、とっても楽しい場所なんだそうです。
でも冬は閑散としていて、ただの港町。
義弟夫婦は、転勤でこの町にやって来て1年。来年にはまた転勤するという話ですので、その間にまた何度か遊びに来たい場所です。

そして、この町は〝シレ・ベズィ〟という繊細な刺繍の施された布の産地としても有名。今度は、そういったお店も見て周りたいなぁ~。

ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
☆トルコ情報☆


☆人気blogランキング☆"

[PR]

by yokocan21 | 2008-12-18 06:16 | 旅・散歩  

キウイと焼き栗など

更新、さぼってすみません。
トルコは、先週8日から11日の4日間、犠牲祭(クルバン・バイラム=Kurban bayramı)というイスラム教のお祭りでした。それに伴って、前後の土・日を含めて(12日はオマケ)9連休でした。
我が家は、ダンナの仕事があったり、イズミルから義母がやって来たり。そして恒例のご近所さんや上司のお宅を訪問・ご挨拶などと、9日間は慌しく過ぎていきました。

※なお、犠牲祭については過去に書いていますので、《2007年の記事》・《2006年の記事》を参照して下さい。

で、犠牲祭が始まる少し前に話は戻るんですけれど、ダンナの部下の方から、キウイを頂きました。
実家から送ってもらったんだそうで、お裾分け。といっても、スーパーの袋にドッサリ。
その方は黒海沿岸の町の出身で、なんと、実家の庭にはキウイの木があるんだそうです。毎年、秋になるるとキウイがたわわに実るんだそうですよ。
f0058691_353030.jpg

私、キウイって、トロピカルフルーツだとばっかり思っていたんで、黒海沿岸で採れるだなんて、びっくりしました!でも調べて見ると、比較的寒い地域でも栽培可能なんだそうで、納得です。
お庭で採れたということは、まさにオーガニック。とぉっても甘くって、今まで食べたキウイの中ではダントツ第一位の美味しさ♪
f0058691_36071.jpg


そのまま食べても美味しいですけれど、リンゴやナシ、バナナやオレンジなどと一緒にフルーツサラダにすると、益々美味しいのです。ハチミツも混ぜて、砕いたクルミをトッピング。このクルミが、結構ポイントかも。
f0058691_363461.jpg


そして、寒い夜は(って、うち一応セントラルヒーティング入ってますけれど)、やっぱり焼き栗
f0058691_37525.jpg

写真しょぼしょぼですけれど、お味はバッチリ。
切り込みを入れて水にしばらく浸してからオーブンで焼く、という超簡単な、我が家の定番焼き栗です。
ホクホク、甘くって、毎日でも食べたいくらい!


f0058691_373942.jpgこちらは、義母のお土産。イチジクのロクム
イズミルのメーカーのもので、私たちの大好物!
ロクム(Lokum)とは、いわゆる「ターキッシュ・ディライト」で、その名のとおりトルコの名産品。
普通はでんぷん質で作られたものなんですけれど、これは、イズミル名物・干しイチジクのペーストで作られています。
イチジクのコッテリ味と、クルミが入っていてとっても美味しいんですよね~。 (写真、またしても、しょぼしょぼ)


f0058691_383016.jpgついでに、こちら。子供のリクエストで作ったチョコバナナ

チョコを延ばすのに生クリームを入れすぎ、中のバナナが透けてしまってますけれど、味は良かったんですよね。
この夏、日本の屋台で買ったチョコバナナが忘れられないようです。
バナナに串を刺したり、チョコをコーティングするのは、子供と一緒に。
男の子なんですけれど、お菓子作りとかが好きなんです。


ってことで、最近の美味しいデザート関係を並べてみました。


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
☆トルコ情報☆


☆人気blogランキング☆"

[PR]

by yokocan21 | 2008-12-15 03:11 | トルコの食べ物・飲み物  

青空市場を散歩

新しい町へ引っ越して来て、1ヶ月近くが経ちました。
荷物の片付けは適当に(笑)、近所をブラブラ。こういうのが結構楽しいんですよね。
ほぉ、こんな所に八百屋さんが。花屋さんがやけに多いなぁ。この美容院いい感じ。わぁ、オサレなカフェがぁ~。一番近いスーパーはここね。などなど.....。
色んな発見が楽しい日々。
でも。トルコの町にならどこにでもある筈の、あの、青空市場がない!

そうなんです。地区ごとに開かれる青空市場(トルコ語で〝パザル(Pazar)〟)が、この地区にはないのです。ディヤルバクルでは、ほん近所に青空市場が週1回立っていたので、暇潰しに出かけたりしてたんですよね。
旬の野菜や果物を見て周るのって、とっても楽しくって。しかも、スーパーや八百屋よりも安くて新鮮、ときたもんです。
そんな魅力的な青空市場~。それが、近くにないというのは、何だかつまらない。

でも、ご近所さんに訪ねると、隣の地区には青空市場が立つということなので、興味津々行ってみることに。
歩いては無理ですので、車でGO~。

まず、道を覆い被せるように張られた大きな天幕が目に飛び込んできます。
ここの辺りは、衣料品や布もののお店コーナー。なんちゃってナイキやアディダスのスポーツウェアなどがどっさり。
f0058691_20311978.jpg


歩き進んでいくと、野菜・果物コーナーが始まります。

今が旬のほうれん草カリフラワーイタリアンパセリレタスなどがドドーッと。
f0058691_2031521.jpg


こちらも、今が旬のミカン。三角の山積みがいかにもトルコらしい。リンゴも何種類も揃っています。
f0058691_20325273.jpg


こちらも、また旬の栗・栗・栗。店先に電気グリルを置いて、栗を焼いて試食させてくれます。私も1個頂き、納得して中型のを購入。(手前のはクルミ)
f0058691_20332111.jpg


こちらのお店は、ちょっと珍しい野菜を扱っていました。
f0058691_20335735.jpg
なななんと、コールラビがあるじゃないですか!しかも、白いのと紫の2種類も。ちなみにトルコ語は、コロラビ(kolorabi)だそうです。
コールラビの下にあるのは、「ペピーノ」という果物。糖尿病の予防にいいそうです。
下段真ん中の黒いものは「黒ニンジン」。食べたことがないので、どんな味かは「?」
右下にちょこっと見えているのは、トルコで「イェル・エルマス(Yer Elması)」というキクイモです。

こちらは、トゥルシュ(Turşu)。トルコのピクルス色々。
f0058691_20343171.jpg


スパイス・ハーブ・乾物屋さん
吊るされているのは、乾燥ナスや唐辛子。手前は乾燥唐辛子。
その横にデーンと積まれているのは、リンデン(菩提樹)。煮出してお茶にします。(風邪予防にGood)
f0058691_2035842.jpg


こちらは、地元のおばさん達のお店で、手作りのパスタや、パン類を売っていました。f0058691_2035397.jpgf0058691_2036538.jpg

左側の写真:左手前は、エリシテ(Erişte)という乾燥パスタ。おばさんが商品出しをしているのは、パズラマ(Pazlama)というパンの一種。
右側の写真:焼きたてのボレッキ(Börek)。パイのようなものです。美味しそうだったので、一つ購入。ほうれん草と白チーズ入りで、皮がサクサクとして、美味しかったです!

ところで今回、この青空市場へ出向いた理由は、大根と白菜のため。
北風が冷たく感じるようになってくると、おのずと大根と白菜が恋しくなるもんです。
大根は、大型スーパーで何度か買っているんですけれど、白菜はいまだにどこへ行っても見つからず。で、青空市場にならあるだろうってことで、行ってみたわけです。
・・・・・ところが。なーい。
隅から隅まで探しましたよ。でも、ない.....。
はぁ、以前イスタンブルに住んでいた時はよく見かけた白菜。どうして売っていないのか。
白菜求めてあっちこち。
(大根、とっても新鮮なのがありましたので、2本買って帰りました。おでんモドキになりました)


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
☆トルコ情報☆


☆人気blogランキング☆"

[PR]

by yokocan21 | 2008-12-06 20:40 | 普段生活  

お魚を買いに

ここのところ、ポカポカとお天気のいい日が続いています。その前の数日は北風の吹く冬本番か、と思われる気候だったのがウソのようです。
そんな日は、ちょっとお散歩がてら町へブラブラと出かけて行きたくなるもの。
今住んでいるところは住宅街ですので、近くに商店街などがなく、ちょっと寂しいものです。なので、賑やかな市場が恋しくなったら、バスに乗り中心街へ。

ここから一番近い中心街といえば、カドゥキョイ(Kadıköy)です。
バス一本で行けるので、とっても便利。船がたくさん行き来する桟橋もあって、活気ある明るい町ですよ。
f0058691_5242539.jpgf0058691_524552.jpg


上写真は、カドゥキョイ(Kadıköy)の中心地。右の写真、教会が見えます。正教会の教会です。ビザンティン帝国時代は、「カルケドン」と呼ばれていた町の名残。アジア側にも、教会はたくさん残されています。

で、先日は、新鮮なお魚を買いに、ちょっくらカドゥキョイまで。
狭い路地には、魚屋や八百屋、乾物屋、小さな食堂やカフェなど、ダダダァーっと並んでいます。
威勢のいい掛け声が、あちらこちらから。自然と、気分も高揚・ウキウキしてきますねぇ。
f0058691_5294756.jpg

f0058691_5302491.jpg

馴染みのお店はまだないですので、ブラブラと歩いて気に入ったお店でお買い物。
大きな魚は気分ではなかったので、小型~中型の魚をチェック。

この日のお気に入りは、〝チネコプ(Çinekop)〟という、アジの仲間(だと思う)。
お店のおじさんが、「朝は10YTLだったのが、今は8YTLだよーーー!」なんて言うものだし、これはもう、買うしかないでしょ!
(魚屋さんでは、ある程度の値以上のものは、内臓処理もしてくれます)
f0058691_5314538.jpg

身が柔らかくって、甘味のあるとっても美味しい魚です。
これ、出世魚で、少し大きくなると〝サルカナート(Srıkanat)〟、もう少し大きくなると、高級魚として有名な〝リュフェル(Lüfer)〟という魚になります。リュフェルより大きいものは、コファナ(Kofana)という大型魚です。

f0058691_5322076.jpgで、早速調理。

といっても、塩をしてフライパンで焼くだけ(爆!)。

ローリエがあれば、お腹の中に入れて焼くんですけれど、あいにく切らしていたので、パス。
それでも、新鮮なお魚はシンプルに焼いただけでも、とぉっても美味しい~♪
1kgを買って15匹、家族3人でたいらげました。

(右上の緑の塊はルッコラ。トルコでは、魚と一緒に食べる定番野菜)


ところで、
写真を撮ってから気が付いたんですけれど、さ・魚の向きが.....。逆~!わちゃーっ。
ま、トルコでは、頭の向きなんて全くどうでもいいですので、そんなこと気にしない・気にしない!

ってことで、やっぱり海辺の街はいいなぁ~、お魚が美味しいなぁ~、という嬉しい気持ちを綴ってみました♪


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
☆トルコ情報☆


☆人気blogランキング☆"

[PR]

by yokocan21 | 2008-12-03 05:38 | 普段生活