<   2007年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

マルディン紀行・1

1年前の記事で「トルコ南東部をディープに迫る」なんて豪語しておきながら、実際にはなかなか迫りきれていないのが現実です。
そこで、もうだ~いぶと前に訪れた町を書いてみることにします。1回目は、この町に引っ越して来てすぐ2004年の秋、2回目はその次の年2005年の秋に訪れました。
トルコ南東部地方でも特にイチオシな町、マルディン(Mardin)の紹介です。

ちょうど卒業旅行シーズンでもありますし、もし興味&時間がありましたら、是非とも訪ねて頂きたい素敵な町です。卒業旅行といえば、私が初めてトルコの地を踏んだのが、遠い昔の卒業旅行だったんですよね~。感慨深いものがありますね。

では、マルディン紀行の始まりです。

私の住むディヤルバクルから南に約90km。荒野や岩山を眺めながら約1時間、マルディンの町に到着です。
岩山に張り付くように建てられたベージュ色の家々がとっても印象的。まるで町全体が要塞のようでもありますね。(↓)
ちなみに、この岩山の町は旧市街で、今は山の麓に新市街が出来ています。旧市街の方は、まるで中世にタイムスリップしたかのような趣のある落ち着いた町並み。新市街の方は、トルコのどこででも見かけるようなアパートが立ち並ぶモダンな様相です。

f0058691_0242438.jpg
マルディンも町の歴史は相当に古く、紀元前4500年頃までさかのぼるようです。そう、〝メソポタミア文明〟の地なのですよ!この辺りの歴史については、「マルディン県のサイト」をご覧になって下さい(英語です)。

そしてマルディンといえば、教会の多い町としても有名です。
キリスト教徒がこの町に住むようになったのは、3世紀頃。〝シリア正教会徒〟です。その後アラブ人に支配されたり、トルコ系民族のセルジューク朝やアルトゥク朝、そしてオスマン朝にも支配されたりとイスラム化がどんどん進んでいきましたが、今でも少数ではあるもののシリア正教会徒が住んでらっしゃいます。
トルコ語で『シュリヤーニ(Süryani)』と呼ばれる彼らは、自分達の言葉(シュリヤーニ語)も持っており、マルディンで訪れた教会や修道院の聖書はみな、シュリヤーニ語(文字も独特なもの)で書かれているものでした。

※耳慣れない〝シリア正教会〟については、こちらを参照して下さい。

こちらは、『Mor Behnam Kilisesi(モル・ベフナム教会)』(別名『Kırklar Kilisesi(40人教会)』。
f0058691_0254511.jpg
5世紀の建立だそうです。400年前の木製の壁がん(niche gate)や、1500年前の根で染色したカーテンもあるそうですが、どれがどれなのか、わからなかったです...。内部はとってもシンプルで、手描きのイコンがあったり、こじんまりとした可愛らしい雰囲気でした。地元の人々と共に歩んできた、温かい感じのする教会でした。すみません、内部の写真ないです。
1170年に、40人の殉教者たちの骨をこの教会に埋葬したことから、「40人教会」と呼ばれています。
f0058691_0263672.jpgf0058691_027270.jpg


      ↑ 教会の外壁のレリーフ。

そしてマルディンには、教会や修道院に奉納するイコンを手描きで作ってるおばあさんがいらっしゃいます。
そのおばあさんの家系は代々手描きイコンの作者だそうで、お宅にお邪魔すると色んなイコンを見せて頂きました。白地の布に、色鮮やかなキリスト像が描かれていて、とっても親しみやすい可愛いイコンです。(こちらも写真なしです)


こちら教会の近く、旧市街・住宅地の路地裏。f0058691_029735.jpg
旧市街は、メインストリートを一歩入ってしまえば、このような狭い路地がくねくね、迷路のように張り巡らされています。町の喧騒からはほど遠く、静かにゆったりと時間が流れていました。
時々、見事なレリーフで飾られた家もあったり、マルディン観光に路地裏巡りは欠かせないですね。

    
これで、第1回マルディン紀行を終わります。(第2回に続く)

【関連記事】
マルディン紀行2
マルディン紀行3
・マルディン紀行4
・マルディン紀行5
・マルディン紀行6
・マルディン紀行7
・マルディン紀行8


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
海外生活ブログへ


☆人気blogランキング☆

f0058691_6471119.gif
[PR]

by yokocan21 | 2007-02-28 00:36 | 旅・散歩  

赤レンズ豆とふだん草のスープ

スープネタが続きます。

寒い季節は、何と言ってもスープが一番。
このスープ、だーいぶ以前から気になっていたんですけど、今日やっと作りました。

ロンドンにお住まいのmelocotonさんが作られていた、『赤レンズ豆とふだん草のスープ』です。
(ちなみに、スイスチャードとは、ふだん草のことです。)
f0058691_16394380.jpg

新鮮なふだん草を見かけたので、〝もう、これしかない!〟と作ってみたら、予想通りとぉ~っても美味しく出来ました!しかもとっても簡単。いきなり定番入り、決定です。
ただ、melocotonさんのレシピではベーコンを使ってらっしゃるんですけれど、こちらトルコでベーコンをゲットなんて至難の業(ある所にはあるんですけれどね)、その代わりにオリーブ油で玉ねぎを炒めてみました。

melocotonさん、美味しいスープを有難うございました~。
栄養たっぷりスープで、まだ暫く続きそうな寒い冬を乗り切りましょう~!。

ところで、レンズ豆って、とぉっても栄養のあるお豆さんなんですね。wikipediaを見てみると、このように書かれていました。

【たんぱく質とコレステロールを減らす溶性繊維を含み、その他の豆類の2倍の鉄分を含んでいる。ほとんどのビタミンB群と葉酸が多く、流産のリスクを減らす葉酸が多く含まれているということは、とりわけ適産期を迎えた女性にとって大事なこと。】

そして、【2006年3月27日、アメリカの健康専門月刊誌「ヘルス(World's Healthiest Foods: Lentils (India))」による世界の 5 大健康食品が発表され、韓国のキムチをはじめ、日本の大豆、スペインのオリーブ油、ギリシャのヨーグルト、そしてインドのレンズ豆の 5 品目が選出された。】らしいです。

いかがですか、女性にとっては毎日でも食べたい食材ですよね。
特に私は貧血気味ですので、鉄分を多く含む食品は、気を付けて食べるようにしています。
そして、トルコでは赤ちゃんの離乳食にも、赤レンズ豆はよく使われます。すぐに煮崩れるので、使いやすいこともあるでしょうけれど、やっぱり一番の理由は栄養たっぷり。色んな野菜と共に煮込んだものは、私もよく作っていました。

f0058691_5514374.jpgちなみに、レンズ豆には、「赤」・「緑」・「黄」と種類も色々。
画像は、wikipediaより。


赤色のものは、スープに使われることが多いように思います。煮込むとすぐにクタクタになるので、スープには最適ですね。
緑色のものは、煮込み料理によく使われています。大きさも赤いものに比べてかない大きいし、煮てもなかなか煮崩れしません。
黄色いものは、私はまだ使ったことがないです...。大きさも赤色と緑色の間。うーむ、どんなお料理に使うんでしょうか。ご存知の方、教えて下さ~い!

最後に。前回載せましたふだん草の写真、何だかオバケのように大きな葉っぱで、「???」な感じでしたので、今回は見た目も普通の「ふだん草」を。
f0058691_5545083.jpg



ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪

海外生活ブログへ



☆人気blogランキング☆

f0058691_6471119.gif
[PR]

by yokocan21 | 2007-02-24 06:06 | その他料理・飲み物  

トルコ風野菜スープ

一時は最悪だったネット環境も少しずつ回復しておりまして、時間帯によってはかなりスイスイと繋がるようになってきました。
ご心配下さった皆さま、有難うございました!
一体何が原因なのかわからないのが、ちょっと気になるところなんですけれど。それでもまぁ、繋がっているわけですので、〝よし〟ですね。

今日は、冬の定番・『野菜スープ』を紹介してみます。
野菜がたっぷりな、とっても栄養のあるスープです。

f0058691_18255419.jpg


このスープ、結婚してから3年を過ごした、トルコ西部のダーダネルス海峡沿いにある小さな町、ゲリボル(Gelibolu)にあるとあるレストランで初めてお目にかかって以来、自分で試行錯誤して(←大袈裟!)作ったかなり年季の入ったものなんです。

ちょっと白っぽいのは何なんだろうと、考えた挙句に思いついたのが、トルコ名物のヨーグルト

作り方はとっても簡単。野菜の旨みがしっかりと染み込んだ、さっぱりスープです。

では、作り方です。
    ↓
♪まず、材料。
・玉ねぎ       1個
・人参        1本
・じゃがいも     1個
・リーキ(ポロねぎ) 1本
・トウモロコシ    大さじ3 (缶詰や冷凍の)
・バター       大さじ1
・スープストック   6カップ 
・小麦粉       大さじ2
・ヨーグルト     大さじ3
・塩、こしょう    適量

♪作り方
①玉ねぎはみじん切り。人参・じゃがいもは小さなさいの目切り。リーキも細かく切る。
②鍋にバターを溶かして、玉ねぎをよく炒める。人参、じゃがいも、リーキも加えて炒める。
③野菜がよく炒まったら、スープストックを加えてコトコト弱火で煮る。30分くらい。
④柔らかくなったら、とうもろこしを加えて、もう少し煮る。塩、こしょうする。
⑤煮ている間に、ボウルに小麦粉とヨーグルトを入れてよく混ぜておく。
⑥そのボウルに、鍋のスープを少しずづ加えてよーくかき混ぜる。スープの半量位を加えていくといいです。
⑦ボウルのスープを鍋に戻して、ゆっくりとかき混ぜながら、沸騰寸前に火を止める。
⑧レモン汁をかけて食べると美味しいです。

どうぞお試しくださいね♪


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪


海外生活ブログへ



☆人気blogランキング☆


★そして、白菜のその後の行方★
[PR]

by yokocan21 | 2007-02-20 18:33 | トルコ料理  

今年のバレンタイン・デー

またまたご無沙汰しております。

皆さま、バレンタイン・デーはいかがお過ごしでしたか?

ここトルコも年々バレンタイン商戦は派手になっていってまして、主に宝石業界が力を入れているような気がします。(日本のように、女性がチョコレートを贈るという習慣はないです)
バレンタインが近づくにつれ、宝石屋さんのCMが目立つようになります。〝愛する人にダイヤモンド♪〟ですよ。いいですねぇ~。

※トルコのバレンタインの様子は、去年の記事 でも触れていますので、よろしかったらご覧になって下さい。

そして我が家のバレンタインは、といいますと、今年はちょっと素敵なものになりました。
イスタンブールからお仕事で来られていたSさんと一緒だったんです。折角なので、何かディヤルバクルらしいものを・・・ということで、なぁんと『ジーエル・ケバブ(レバーのケバブ)』を一緒に食べに行って来ました。もちろん、以前に紹介しました こちら のお店です。

こぉんな、どう見てもお洒落ではないお店でも、この日ばかりはカップルや家族連れが多く、平日だというのに空席待ちでした。ま、田舎町ですし、レストランの選択肢も少ないということで、だったら美味しいものを食べに行こう~、なんでしょうね。

Sさんにはとっても気に入って頂けたようで、よかったよかった。

f0058691_17122410.jpg
その後は、『ナルギレ(nargile)』という水タバコを吸えるカフェへ。
色んなフレーバーがある中で、今回は〝メロンフレーバー〟をチョイス。私は別に好きではないので、Sさんとダンナがぷかぷか。

このナルギレって、煙が水の中をくぐってくるので、タバコのあのイヤーな臭い(私はそう思う)がないんですよね。
普通、喫煙者と同席した時って、髪の毛や服にタバコの臭いがつきますよね。それがないんですよ。

画像は、Wikipediaより。

今年は一味違った素敵なバレンタイン・ナイトとなりました!Sさん、ありがとうございました!

そして、その日のサプライズ
ジーエル・ケバブのお店で、突き出しの一つとして出てきたのが、〝白菜〟!!!
おぉっ、何とこの町でも白菜があるのねぇ~。舞い上がってしまいました~。
←この白菜、生のまま適当に切って出てきただけです。パリパリ、かじるだけ...。
いつも行く八百屋さんで聞いても聞いても、〝白菜はないよ~〟だったんですけれど、お店の人に聞いてみると、なぁんと卸売り市場にはたまーにだけどあるらしいんです。
でもな、卸売り市場なんて一般人は入れてもらえないし...と思っていると、お店のオーナーのおじさん、なんと、2つを分けてくださったんですよ~~~!わぁ~い!

さぁて、この貴重な白菜、何にしようかな。
やっぱり〝お鍋〟ですね。それと〝浅漬け〟はただ今仕込み中。
楽しみです!

f0058691_17132589.jpg
で、最後にダンナからのバレンタイン・プレゼント。

恒例の花束ですけれど、今年はちょっと変わった組み合わせで。
ヒアシンス(かな?)と菊+すかしゆり。
白い背の高い花は、〝ストック〟というらしいです。アイシェさん、情報ありがとうございます!

カスミソウもありましたけれど、あれって、何だか嵩増し効果だけでちっとも好きになれないので、無視です。

適当な花瓶がなかったので、壷に生けてみました。
お見苦しくって、すみません...。
これでも一応、草月流...習ってたんですけど...。



ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪

海外生活ブログへ

☆人気blogランキング☆
f0058691_6471119.gif
[PR]

by yokocan21 | 2007-02-16 17:17 | 普段生活  

アジュバーデム = 苦いアーモンド

ご無沙汰しております。
どうも、回線なのかモデムなのかわからないんですけれど、調子が最悪で、なかなか思うようにネットが出来ない環境におります。
この記事も、何日も前から用意していたんですけれどUPすることが出来ず、やっと今日に出来ました!やれやれ。
調子が良くなるまで、更新が滞ったり、皆さんの所にお邪魔出来ず、ということになってしまうかもしれないですが、ご了承くださいませ。


でーーー、今回は私の大好きなトルコのクッキーを紹介します。

こちら ↓ 『アジュバーデム(Acıbadem)』というクッキーです。訳して「苦いアーモンド」。
何も、苦いお菓子ではないんですよ。逆にトルコらしく、とーっても甘いです。表面はサクサクと固めなのに、中身はモチモチッ。アンバランスさが、妙に気に入っています。
そしてとっても香ばしいんです。ナッツ系のお菓子が大好きな私、初めて食べて以来大ファンです。
f0058691_8104258.jpg
これ、どういうわけか2枚一組になって売られているんです。2枚がピタッとくっついています。

〝アジュバーデム〟とは、〝あんずの核〟のことです。。ちなみに〝バーデム〟はアーモンド。
この2つのナッツたち、形がそっくりですよね。
どうもこのクッキーには、その〝あんずの核〟が入っているのかなと思いがちですけれど、調べて見ると、どうもあんずの核ではなくて、アーモンド・プードルが使われているようです。あのサクサク感や香ばしさは、アーモンドだったんです。うーん、なるほど。

お店によっては、細かく砕いたヘーゼルナッツが入っていることもあります。この写真のものも、香ばしいヘーゼルナッツ入りです。

この名前の由来は何なのか、人に聞いても、調べてもわからなかったのですけれど、多分、昔はあんずの核を使って作っていたのでしょう。それが現代になって進化して、より美味しくなるためにアーモンドが使われるようになったということではないでしょうか。

その他の材料は、卵白や砂糖、それに米粉。
これらを混ぜて普通のクッキーのように焼くだけなんでしょうけれど、いまだに私は作ったことがないんですよね。お菓子屋さん兼ケーキ屋さん(トルコではパスターネという)に行けばよく売っているので、わざわざ作らなくっても...という思いです。。
でもこうやってブログで載せているのだから、自分でも作ってみて報告してみないとね...→ ガーーーン、気力なしです...。


f0058691_8112022.jpgそしてこちらは、〝アジュバーデムのリキュール〟。
Made in Turkey です。
あんずの核を使ったリキュールで、甘~い香りが素敵な、とっても飲みやすいお酒です~。


そう、あんずの核を使ったリキュールといえば、イタリアの有名な〝アマレット・ディ・サローノ〟がありますよね。
トルコでは、なかなかアマレットが手に入らないので、私はこれで代用です。まぁ、本家に比べるとやや軽めなのは仕方がないんでしょうけれど、十分に代用に値します。

ストレートでも、またカクテルにしても美味しいので、うちでは常備。

ところで、あんずの核といえば〝杏仁豆腐〟にも使われていますよね(本格的なものに)。あれも大好きなんですよね~!

※トルコ東部のあんずの一大産地、マラテヤ(Malatya)という町に行くと、干しあんずと一緒に
あんずの種も売られています。地元の人達は、あんずの種もポリポリよく食べられています。見た目はアーモンドにそっくり(ちょっと小型)。
その町を訪れるまでは、あんずの種が食べられるなんて知らなかったです。でも、いまいち美味しくないんですよね...。(うちのダンナは美味しいとか言ってますが)


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪

海外生活ブログへ

☆人気blogランキング☆
f0058691_6471119.gif
[PR]

by yokocan21 | 2007-02-07 08:23 | トルコの食べ物・飲み物