<   2007年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

ケバブとクネフェとケーキ

この日曜日(28日)は息子の6歳のお誕生日でした。
あぁ早いものですねぇ、もう6歳です。この9月からは小学校です。子供はどんどん成長していってるというのに、私といえば何の成長もなくぼぉ~っとしてるだけ...。

お昼間、幼稚園や近所のお友達を呼んでお誕生日会をいたしました。
うちだと手狭なので、この団地の中にあるカフェテリアの片隅を貸してもらって開催しました。
まだ小さな子供達なので一人で参加というわけにはいかず、親も一緒に付いてくることになりますよね。しかもトルコなので父親・母親両方です。その子の兄弟姉妹もいれば参加。なので総人数はかなりのものなので、外でやって正解でした。

わいわい・がやがや・きゃーきゃー♪楽しい時間があっという間に過ぎていきました。

f0058691_918518.jpg
こちらは、お誕生日のケーキ。
なぁ~んと!上に乗ってる飾り・・・プールサイドです。でもなぁ、この寒空に何故に夏らしいプールなど...。子供が気に入ったものを選ぶと、こうなってしまったというわけです。ま、この親にあってこの子あり、ということでご愛嬌♪
ケーキの上の文字は、『MUTLI YILLAR』←幸せな年を!(ちなみに、飾りものは全部プラスチック製)


そして、夕食は家族皆が大好きなケバブ屋さんへ。
このケバブ屋さん、週末はいつも大混雑という繁盛ぶりからもわかりますように、とっても美味しいんです!
私たちの住む町の中心地よりはちょっと郊外にあるんですけれど、そんなことはお構いなし、皆さん美味しいケバブを目指してやって来ます。

今回、私が食べたものは、『ハシュハシュ・ケバブ(Haşhaş kebabı)』という、ポピーシードをまぶした挽き肉のケバブです。(↓)
もちろんスパイシーで、ちょっぴり辛くって、とっても美味しかったです!
かなりボリュームがあるんですけれど、ぺロっといちゃいました~。
f0058691_8585125.jpg


メインのケバブの前には、スープと、サラダ、冷たい前菜数種、そしてこういう感じの(↓)温かい前菜も出てきます。
f0058691_8593342.jpg

お皿からはみ出し気味なのは、『ラフマージュン(Lahmacun)』という、薄~いピザ生地のような皮にスパイシーな挽き肉やトマトソースなどが乗っかったもの。
皮がパリパリッ。それにレモンをギュッと絞って、パセリをデーンと乗っけてクルクル巻いて食べると、うわぁ~幸せ♪
ケバブ屋さんの前菜として出てくるものは、小型の〝フンドゥク・ラフマージュン〝(訳して〝へーゼルナッツ・ラフマージュン〝)と呼ばれるものです。(へーゼルナッツって可愛いという意味合いがあるんですよ。)
子供には、辛味の全くないものを持ってきてくれます。
ちなみに普通のラフマージュンは、お皿からどどーっとはみ出す程の大きさのものなんです。
このラフマージュンについては、この町にもむっちゃ美味しいお店がありますので、いつか紹介したいと思っています。

その上に写っているものは、『シガラ・ボレーイ(Sigara böreği)』という、白チーズを巻いたパイのような揚げ物。
一番上に写っているものは、『イチリ・キョフテ(İçli köfte)』(※注)。スパイシーな挽き肉と砕いたクルミをブルグル(ひき割り小麦)で包んで揚げたもの。

それにビベル・ドルマス(Biber dooması)もありました。かなり辛いピーマンのドルマ。

もうこの時点でおなかはかなりパンパン状態なんですけれど、有無を言わさずメインのケバブが運ばれてきます。
そして、トルコ人大好きなデザートへと突入です。

f0058691_971866.jpgf0058691_905031.jpg

このお店では、デザートはこの一品のみ。
自慢の一品だけあって、さすがに美味し~い♪のです。その名は『クネフェ(künefe)』。
カダユフ(kadayıf)という細~い素麺のようなパスタのようなものの間に塩気の少ないチーズを挟んで、オーブンで焼いたものにシロップをかけた、甘~いお菓子です。
このお店では、バニラアイスクリームと共に盛り付けてくれます。黄緑色のトッピングは、ピスタッチオ。アツアツのクネフェとアイスのコンビネーションが何とも、とろけます~。

うわぁ~、もう動けない~と言いながら、お店を後にする幸せ気分でした♪
(カロリーのことはこの際気にしないでおきましょう)

※注・・・『イチリ・キョフテ(İçli köfte)』は、このように揚げたバージョンと、こちらで紹介していますように茹でたバージョンがあります。


最後に、一応お店の住所などを載せておきます。(空港方面にあります)

ÖZLER Et Lokantası
Alipınar Mah. 19. Sok. Mardin Yolu Üzeri
Tel (0412)233-8282

ディヤルバクルまで観光に来られる人って少数だと思うんですけれど、それにましてわざわざこんな郊外のお店までケバブを食べに出掛ける人なんて...いないと思うんですけれど...。ま、一応ね。


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪

海外生活ブログへ

☆人気blogランキング☆
f0058691_6471119.gif
[PR]

by yokocan21 | 2007-01-30 08:51 | トルコ料理  

『レンジャー・バトン』

トルコ・地中海沿岸のリゾート地、アンタルヤにお住まいのアサコサルさんから、『レンジャー・バトン』なるものが回ってきました。
〝レンジャーって、何ジャー?〟(←痛!)

では早速いってみます。
    ↓ 
    ↓
    ↓

1.始まりの合図は?

何だかよくわからないんですけど、〝ぅぃっしょ!〟とか。

2.身長は?

162cm

3.身長に比べ体重は?

秘密。子供を産んでから体重が減らない...。

4.体型は?

えぇ...。トルコではスリムな部類にはいってますけど...。


5.髪質は?髪型は?

髪質は柔らかい超ストレート。
髪型は肩のあたりの段々々カット。色は茶色で、バリアージュという毛先を中心に所々かなり明るい茶色でカラーが入ってます。

6.目について

両目とも0.3くらい。コンタクト使用。

7.顔について

濃いめ。東南アジアではよく現地人に間違われた!

8.誰に似てる?

よく言われたのは岸本加世子さん。

9.好きなものをたくさんあげてください!

あまりにもいっぱいありすぎて収拾がつかないので、各方面の主な物をピックアップ。〝美しいもの〟が好きです。

∮トルコはじめイスラムの建築や装飾 
∮プリミティヴな手織りの絨毯やキリム
∮山田詠美の小説          
∮ジャン・コクトーの作品たち
∮パトリス・ジュリアンの世界
∮アルモドヴァル、ヴェンダース、クストリッツァ、タランティーノの映画
∮フラメンコやジプシー音楽 ・ ラテン音楽&ダンス
∮ジャン=ポール・ゴルチェの洋服 ・ ブルガリの香水   
∮バラ、ストレッチア
∮夕焼けの色、この季節だとオリオン座
∮東南アジア&インド料理 、トルコ料理
∮たこ焼き、お好み焼き、うどん、おでん、ウニ、かに味噌、ドクターペッパー
∮日本酒(天狗舞、賀茂鶴) ・ バーボン(I.W.Harper, Wild Turkey)
∮ダウンタウン・松っちゃんの笑い
∮大型犬、イグアナ
∮サッカー、F1

10.嫌いなものをたくさんあげてください!!

甲虫類以外の虫、幼虫、緑色の花、演歌、納豆、ムンバルというトルコの腸詰、トルコのケバケバ芸能人。


11.自分の心に響いた言葉は?

美輪明宏さん、故・岡本太郎さんの言葉には、〝おぉっ!〟とか〝うむうむ〟とかいうのが多いです。
あと、ミュージシャン・近藤等則さんの『感じたら動け、それが感動だ!』って言葉。あの言葉があったから、私は今トルコにいるんですよね。

f0058691_16133695.jpg
f0058691_16141667.jpg
写真は『オーラの泉』より


12.1日の中で1番好きな時間は?

夜、子供が寝静まったあとの、好きなお酒なんかを飲みながら、好きな本をぼぉ~っと読んでいたり好きな映画を観ている時。
ただこの時間帯、週末はサッカー観戦になるんですけれど。

13.自分ってどんな人に見えると思う?

おぉっと、おそらく〝変わりもの〟。

14.次にお願いしたいレンジャーの皆さんは?

仲良くして頂いてる皆さんお忙しそうですので、ここで止めさせて頂きます。
もし我こそは、とおっしゃる方いらっしゃいましたら、このバトン持って行って下さいませ。



長々とお付き合い、ありがとうございました!


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪

海外生活ブログへ

☆人気blogランキング☆
f0058691_6471119.gif
[PR]

by yokocan21 | 2007-01-26 16:25 | お知らせ&バトン  

サッカー☆トルコ・リーグ

久しぶりにサッカーの話題をいってみます。
といっても、このブログを見に来て頂いてる方の中で、果たしてサッカー好きな方って、一体どのくらいいらっしゃるんでしょう???

ここトルコは、言わずと知れたサッカー狂国。
老いも若きも、とにかくサッカー大好き♪(女性は、一部を除いて全くそうではないですよ)
皆、贔屓のチームがあって、週末ともなれば、スタジアムに繰り出したり、テレビの前に釘付けになったり、あと、町のどこにでもある、サッカー中継を放送してくれるカフェ(というよりは、〝おっさん達の集まる喫茶店〝と言った方がいいかも)に集まったり。そして大きな町には、ちょっとオサレーなサッカー・パブとかもあります。

トルコ・リーグ(※注)といえば、今期はイスタンブールの強豪〝ガラタサライ(GALATASARAY)〟に日本代表の稲本クンが移籍してきたことが大きな話題となっていましたね。
監督直々の獲得希望だったらしく、相当に期待されての入団だったんですけれど、今のところその期待に〝一応〟(←時々足引っぱってる)応える活躍です。


f0058691_22525589.jpg稲本選手。
同じ大阪人ということで、ちょっとだけ応援しております。
写真はガラタサライ・オフィシャルページより拝借。



そしてもう一つの話題は、元日本代表監督・ジーコの、これまたイスタンブールの強豪〝フェネルバフチェ(FENERBAHÇE)〟への監督就任でしたね。
いやぁ、ジーコ。先のワールドカップでの采配、云々言われていますけれど、選手としては、そりゃもう素晴らしい~★の一言ですものね!
ジーコがまだ現役だった頃、大阪の万博競技場で見たガンバVSアントラーズの試合がいまだに忘れられません。
コーナーキックからの、直接ゴ~~~ル!!!
あのゴールは、私のサッカー観戦歴の中でも、一番の感動ものだったかもしれません。
あのようなゴールをこの目で見れたなんて、うちのダンナはものすごーく羨ましがっております。

f0058691_23201349.jpg
こちら、サッカー少年の憧れの的だった頃のジーコ。



で、あのジーコ率いるフェネルバフチェですが、何やかやと言われながらも、只今リーグ戦トップを走っています。
ちなみに、今シーズンの前半17試合を終了した時点での順位は、
1.フェネルバフチェ    37ポイント
2.ガラタサライ       30ポイント
3.ベシクタシュ       29ポイント
4.V.マニサスポル     28ポイント
5.ゲンチレルビルリーイ  27ポイント

イスタンブールの3大強豪チームの内、ガラタサライとベシクタシュがもたついている間に、フェネルバフチェが独走体勢を整えつつあります。
がーーー、そうはいかないのが、トルコ。←となって欲しいのは、私だけではないでしょう。
我がベシクタシュ、腰が砕けてるんですけれど、何とか立て直してくれないかなぁ。このままじゃ、悲しすぎ。
そして、スタートダッシュの勢いが薄れつつあるV.マニサスポルですが、今後の巻き返しに期待したいです。それと、今年はカイセリ、ブルサ、マニサなど、地方のチームが意外と頑張っているのが面白いです。
2位以下はポイントの差が殆どないですから、これからの試合によっては混沌としてくかもしれないですね。

ところで、トルコ・リーグですが、ただ今は休戦中なのです。
12月10日で今期リーグの前半戦を終了、その後はそれぞれのチームが休暇に入り、その後はキャンプをしながら、同じく休戦中のヨーロッパのチームなどと練習試合をしたりして調整をしています。
そしていよいよ、今週末(1/27)よりリーグ戦・後半戦が再開です。楽しみですねぇ~。

最後にトルコ人とサッカーについて、ちょっとだけ。
トルコ人、まぁ、サッカーの試合のあるときは、燃える燃える!ひたすら熱いです。
ただでも熱い人達なので、試合中なんて、ちょっと殺気を感じてしまうほどですよ~。特に、スタジアムの雰囲気は、何というか〝戦闘態勢に入ってる〝という感じです。そういうところが、私にはまた、たまらない魅力なんですけれど。
この熱さ、普通に熱いだけならばいいんですけれど、時々度を越してしまうこともあるんですね。
発煙筒を焚いたり、汚い野次を飛ばす、なんてのはごく当たり前。サポーター同士が喧嘩をしたり、ピッチに物を投げ込んだり、収集がつかなくなってしまうことも時々起こってしまうんです。
そうなってしまうと、チームの応援に来ているのか、チームの足を引っぱってるのかわからないですよね。

ま、このようなことはトルコだけに限らず、あちこちの国でも起こっていること。サッカー協会なりクラブなり、対策を色々と考えて欲しいです。
一度、頭の上から発煙筒の火が降ってきたことがありますから...。着ていたユニフォーム、少しだけ燃えましたよ~。

f0058691_22553097.jpg

↑ これは、私の好きなチーム『ベシクタシュ(BEŞİKTAŞ)』のサポーター。
(写真は、karakartal.comより拝借)

で、チームが試合に勝った時なんてのは、お祭り騒ぎです。
友人たちと車に箱乗りになって、チームの旗を振りかざし、クラクションをワンワン鳴らしながら大通りを爆走!
私も、2003年にベシクタシュが優勝した時は、スタジアムから家まで、旗を振りクラクション鳴らしながら帰って来ましたよ~。あぁ、気持ちよかった!(当時はイスタンブールに住んでいました)

このように熱い熱いトルコ・サッカーですが、日本では残念ながらTV放送はないようです。
稲本クンが出場した試合などは、ちょっとダイジェストでやってるんでしょうけれど。
どうしても観たい~という方、リーグTV(LİG TV)で契約をすると、ネットを通じて観れるという話を聞いたことがありますので、チェックしてみて下さい。ただし、そちらのページ、トルコ語オンリーです。

【追記】私の住むディヤルバクルにも、勿論サッカーチームがあります。昨年度は1部リーグでプレーしていたんですが、残念ながら今期は2部リーグに降格。現時点での順位は、首位に8ポイント差の5位。まぁまぁの位置に付けています。
来年度は、何としても1部リーグに昇格してもらって、そうするとまたベシクタシュの試合を観に行ける、というわけです。えぇ、地元チームなので一応は応援していますが、私はやっぱりベシクタシュのファン。ベシクタシュ観たさに、1部リーグに昇格してくれぃ、頑張れディヤルバクルスポル!


※注・・・ トルコ・リーグの正式名称は、『Turkcell Süper Lig』

主なクラブのオフィシャルHPを書いておきます。
ベシクタシュ(BEŞİKTAŞ)
ガラタサライ(GALATASARAY)
フェネルバフチェ(FENERBAHÇE)

ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪

海外生活ブログへ

☆人気blogランキング☆
f0058691_6471119.gif
[PR]

by yokocan21 | 2007-01-22 23:06 | サッカーとかF1とか  

トルコ版漬け物(トゥルシュ)

一時の激寒も、少しはマシになってきました。
この日曜日あたりから、昼間は〝プラス2~3℃〝までになり、雪が少しずつ解けてきています。雪が解けてくれるのは有り難いんですけれど、でもそれはそれで、道がドロドロのグチャグチャ。
歩きにくいったらありません。

ところで今回紹介するのは、トルコ版漬け物(ピクルス)のトゥルシュ(turşu)です。
トルコの家庭では、大きな壷のような瓶やポリ容器に、大量のトゥルシュを漬け込むのが慣わしなんですけれど、うちは、殆どがダンナしか食べないということもあって、気の向いた時に少量ずつ漬けるか、町のトゥルシュ屋さんで買ってきています。

この前漬けたものがなくなってしまったので、いつも買いに行くトゥルシュ屋さんへ行ってきました。

f0058691_5382298.jpg

↑私の住む地区で、唯一のトゥルシュ屋さんがここ。
ずらーっと棚にいっぱいの、色とりどりのトゥルシュたち。
主なものは、唐辛子・きゅうり・キャベツ・紫キャベツ・人参・青トマトなど。熟していないアンズというのもあります。

f0058691_5403742.jpg

↑こちらは、唐辛子色々。
これらは、全て計り売りです。好きなものを、好きな分量、袋に入れてくれます。

f0058691_5422035.jpg

↑ちょっと変わった唐辛子の一種。
トルコ語でキラスビベル(kirazbiberi)というもの。直訳して、〝チェリー唐辛子〟。
真っ赤でまん丸。とっても可愛い♪
そんなには辛くないんですよ。まろやかな辛さ、というんでしょうか。

ところで、唐辛子のトゥルシュといえば、トルコ・イズミールにお住まいのyukacanさんが、青くてまん丸い唐辛子のトゥルシュを漬けてらっしゃいました。とぉっても辛そうでした~。
トルコも漬物天国、あちこちに美味しそうなトゥルシュがたーくさんです。


f0058691_543367.jpg
そしてこちらは、yokocan作、カリフラワーのトゥルシュ。
カリカリっと美味しいです♪



ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪

海外生活ブログへ

☆人気blogランキング☆

★むっちゃ適当なトゥルシュの作り方★
[PR]

by yokocan21 | 2007-01-17 05:50 | トルコ料理  

◇雪◇水◇鯛飯風とお漬物

寒い寒い日々が続くディヤルバクルです。

先月末の大雪の後も気温が全く上がらず、積もった雪はアイスバーン化。そして、新年早々にまた雪が降り、9日にもまた雪、と、解ける気配は全くなし。天気予報でも、まだまだここ暫くは寒い日が続きそう。
昼間でも、気温は〝マイナス〝って、どうなのよ。

シベリアからの寒波だそうですけれど、一体いつまで居座るつもりなんでしょう。

で、寒波到来記念に寒~い写真をちょっと載せてみました。
f0058691_6134377.jpg

        ↑遅い午後の陽に光るつらら。長いのは、優に50cmはあるでしょう。

f0058691_6144525.jpg

        ↑家の前の松の葉っぱに積もった雪。

そして、トルコでこのような大雪が降ると、決まって起こるのが〝断水〟や〝停電〟。
ええ、もちろんありました。←お約束。
今回は、記録的な断水でした!

始まりは先週の金曜日(5日)。断続的に水が行ったり来たり。夜は完全に断水となってしまいました。
土曜日(6日)は、朝・昼・夕方とそれぞれ3時間ずつ位の給水でした。夜は完全断水。
で、とどめは、日曜日(7日)お昼からの、ほぼ2日間にわたる完全断水。これは、参りましたよ。
気分はブルー、凹。
食事の支度には困るし、洗濯物はたまるし、お風呂には入れないし。何といっても大変なのがトイレ!

うちは、もしもの為に、20リットルや10リットル入りのポリタンク数個に水を貯めてあるんですけれど、2日目には使い切ってしまい、仕方がないので、ダンナが水の出ている地区へ行って汲んできてくれました。

ここの団地には大きな貯水タンクがあって、断水した時にはそちらから水を供給してくれるんですけれど、今回はその水もすっかり使い果たしてしまったようです。

数時間程度の断水ならば、全然平気なんですけれどね。そんなことはしょっちゅうなので、在トルコ9年にもなると何とも思わなくなってしまいましたぁ。
でもね、まるまる2日間も水が一滴も出ないというのは、もう泣きそうでした。いや、泣いてました。

地球上には、まだまだ水道のない不便な暮らしをしている人達がたっくさんいるんだし、勿論ここトルコでも、山奥や荒野に住む人達には水道なんてないわけだし、そういう人達のことを思うと、私なんてとっても恵まれているんですけれど。

そしてついに、火曜日(9日)朝、蛇口から水がドドーーーッと出てきた時は、歓喜♪
水ってほんとに有難いもんですね。

早速、溜まった食器類を食器洗い機に詰め込んで、洗濯機を回して。
で、○日ぶりのお風呂!ひやぁ~、嬉しかった!
その日はまたまた朝から大雪でしたので、幼稚園の送迎バスは来ないだろうと、子供は休ませることにして、順番にお風呂。

まったく、断水に振り回された週末でした。
どうやら電気系統に故障が出て、ポンプが動かなくなったためとか。でも、こんなに復旧に時間かかるもんなんでしょうかねぇ。
復旧のメドとかも、まったく情報を知らせてくれなかったですし、市役所しっかりして欲しいですよー。

~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~

実は、今回の記事、これを載せようと思っていたんですけれど、何だか断水話を長々と書いてしまいまして、すみませんでした。

f0058691_6163685.jpg前回の↓、ニューイヤー・ディナーで載せましたチュプラというお魚の塩焼き。
子供は半身しか食べられなかったので、次の日、残ったものを炊き込み御飯にしてみました。
薄味で少し生姜をきかせました。鯛飯風で美味しかったです。


f0058691_618154.jpg
それに、大根の薄切りを、昆布茶とゆずとんからしでサッと漬けたもの。
これ、よく作るんですけれど、ご飯に合って美味しいんですよね。
薄切りにした大根と昆布茶、ゆすとんからし、それに必要ないかもしれないですけれど、小さく切った昆布を、ビニール袋に入れてもみもみして、冷蔵庫で2~3時間寝かしたらOK。

お酒の肴にも、いけそうです。

これにお味噌汁があればもう、言うことなし!ですね。



ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪

海外生活ブログへ

☆人気blogランキング☆
f0058691_6471119.gif
[PR]

by yokocan21 | 2007-01-11 06:26 | 普段生活  

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます♪

元旦は、犠牲祭(トルコ語では「クルバン・バイラム」Kurban bayramı)2日目ということもあって、お祭りの挨拶を兼ねてお客様がいらしたり、うちがお邪魔しに行ったりと、バタバタと過ぎていきました。次の日も同じく。
慌しい年明けとなりました。

※トルコでは、イスラムのお祭りである「犠牲祭」や「砂糖祭り」には、家族・親戚、ご近所や友人、仕事仲間たちなど、親しい人達がお互いに行き来して、お祭りを祝う習慣があるんです。
そしてその時、振舞われるのが、まずチョコレート。それにコロンヤというアルコール度の高いレモンの香りの香水のようなもの。
忘れてはいけないのが、バクラヴァというナッツの入ったと~っても甘いパイの砂糖漬けのようなお菓子。
ちなみにうちは、今回は「ショビイェト(şöbiyet)」という、中にクリームの入ったバクラヴァの一種を用意しました。↓
お宅によっては、自家製バクラヴァを出してくださるところもあり。
f0058691_2345783.jpg


こうして4日間の犠牲祭も無事終わり、今日(4日)からは通常通りに学校も仕事も再開です。

ところで、我が家は毎年大晦日にニューイヤー・パーティーだの、ちょっと豪華なメニューで夕食をとったりだの、しているのですけれど、お正月は特に何にもしていません。
私、おせち料理って好きじゃないし、まず作れないのです...。

大晦日は、ほんとはパーティーでもして、パッと賑やかにいこう!と思っていたのですけれど、ちょっとした事情でパーティーはやめ、おうちでささやかにディナーとなりました。
せっかく写真を撮ったので、載せてみます。

f0058691_23464393.jpg

メインはチュプラというタイの仲間のお魚。オーブンで塩焼き。
前菜は、御馴染み『メルジメッキ・キョフテシ(赤レンズ豆の団子)』、
『ポテトサラダ』、
『ツナマヨ入り一口巻き寿司』、
そしてカナダにお住まいのakitekiさんのブログで拝見した『エビとアボガドのワサビ風味サラダ』。
それに普通のサラダも作りました。

で、奥に見えるのは、広島の『賀茂鶴』。



うぅ~、美味しいお酒と美味しいお料理で、すっかり幸せ気分で年を越せました!


それでは、2007年も皆さまにとって、
素敵なことにたーくさん出会える1年でありますように☆
健康に暮らせる1年でありますように☆

今年もどうぞよろしくお願いいたします♪


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪

海外生活ブログへ

☆人気blogランキング☆
f0058691_6471119.gif
[PR]

by yokocan21 | 2007-01-04 23:56 | 普段生活