<   2006年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

カブルガ・ドルマス

えー、また食べ物のお話。

もうかれこれ10日程前の話になるんですけど、ヴァレンタインデー(トルコでは『恋人達の日』)のお祝いにお食事に行って来ました。
といっても、ここはディープなディヤルバクル。オサレーにはいけないです。
目指すは『Kaburgaci Selim Amca』というお店。←「カブルガジュ・セリム・アムジャ」と読みます。
カブルガ屋・セリムおじさん、という意味です。
f0058691_5151726.jpg
この「カブルガ」とは、何ぞや?
羊のあばら骨のことを言うんです。
そのあばら骨のあたりのお肉に、お米の詰め物をして、じっくりじっくり焼くんです。それがこの「カブルガ・ドルマス」です。
お肉の旨味がお米に染み込んで、とっても美味しいです♪
羊肉は独特の臭みがあって、私、ちょっと苦手なんですけど、これはお米にスパイスを効かせてあって殆ど臭みがなく、しかもお肉もすごーく柔らかくってパクパクいけてしまいます。
そして全く油っぽくないというのも、嬉しいです。
写真は二人分です。もう、お腹いっぱいになりました。

f0058691_5181157.jpgこちらは、ウエイターのおじさんがお肉を切って、ほぐしてくれたもの。


このお店は、この「カブルガ・ドルマス」の専門店です。
とにかく皆が「カブルガ・ドルマス」を目的にやって来るんです。
メニューも、いたってシンプル。前菜の「イチリ・キョフテ」や「ムンバル」(注)、サラダの「ボスタナ」、そしてメインの「カブルガ・ドルマス」。これらのみ。

f0058691_22452119.jpg
こちらは、前菜の「イチリ・キョフテ」。
挽き割り小麦とひき肉を練って生地にし、袋状にしたものの中に、ひき肉・玉ねぎ・砕いたクルミなどを炒めた具を詰め込んで、茹でたもの。
ちょっとイメージわかないでしょうか...。
このお店のは、中身の具がスパイシーで、何個でもいけてしまう位美味しかったです。

上のお皿は「ボスタナ」というサラダ。
トマト・キュウリ・青ねぎを細かく切ったものに、微塵切りのパセリやミント・粉末唐辛子・スマックというスパイスなどを加えて、ざくろシロップであえたもの。ピリリっと辛くてサッパリとしていて、お肉によく合うサラダです。

デザートには、「イルミック・ヘルヴァス」が出てきました。
イルミックとは、セモリナ粉。セモリナ粉をバターと砂糖で炒めたものです。松の実を入れることもありますね。シナモンパウダーをかけて食べると、とっても美味しいです。
ここディヤルバクルのレストランでデザートというと、よくこの「イルミック・ヘルヴァス」が登場します。
この地方の有名お菓子というわけではなく、トルコの何処ででも食べられるものですけれど。

はぁもう、お腹がいっぱいになりました♪

このお店のお料理は、トルコ南東部地方、特にここディヤルバクルの郷土料理ばかりです。
土地の食材を上手く使っていて、だからこそ美味しいのですね。

(注)ムンバル→私達は苦手なので、注文しなかったものです。
米・ひき肉・唐辛子ペーストやトマトペーストなどを、羊の腸に詰めて茹でたもの。ソーセージのようなものですが、独特な臭いがあります...。

このお店は、ディヤルバクルの他にイスタンブールに3件とバットマンにも支店があるようですので、一応紹介しておきます。

『Kaburgacı Selim Amca』
Diyarbakır Ali Emiri Cad. No:22/B Tel 0412-224 4447
Bahçelievler İzzettin Çalışlar Cad. No;22/B Bahçelievler Tel 0212-557 8010
Erenköy Şemsettin Günaltay Cad. No;276/1 Erenköy Tel 0216-360 6230
Aksaray Vatan cad. No;46 Tel 0212-635 8070
Batman Diyarbakır Cad. ValiKonağı Yanı Tel 0488-212 7500
[PR]

by yokocan21 | 2006-02-27 22:59 | トルコ料理  

感動♪金メダル

f0058691_992117.jpg
綺麗でした~。
うっとり見とれるくらい優雅な滑りでした~。
まさしく、これぞ金メダル!

今日は、夕食後はTVに釘付けでした。
子供を早々と寝かしつけて。←これ、重要ポイント
待ちに待った、フィギュアスケート女子シングルのフリー競技です。
トルコのTVでは、オリンピック番組を殆どやってくれないので、私が見るのは、いつもEUROSPORT。

日本を離れて8年になる私は、日本のフィギュアスケート界には、全く疎くなってしまいました。
トルコでは、NHKのニュース番組を見れるのですけど、オリンピックや各種の競技会などの映像は、放送権の問題や何かで海外配信はしてくれないのですよ。
なので、実際に動く姿を見れることって、ないんです。残念ながら...。

なので、久々に日本のフィギュア選手を見れただけでも感動だったのに、荒川静香さん、金メダル獲っちゃいましたよ!もう、うるうる。
EUROSPORTの解説者は、’beautiful!” ”fabulous!”の連発でした。

荒川静香さんって、雰囲気が大人っぽいし、すごーくエレガントな人ですね。
画面で見ているだけで、気迫がすごかった。迫ってくるものがありましたね。

これ、トルコ時間で夜の8時から12時頃まで放送していましたので、日本では朝方でしたよね。
ライブで見られた方、感動しましたよね~♪

これ書いてる今でも私、興奮状態です。

ほーんとに荒川静香さん、おめでとう!
そして、感動をありがとう!

写真は、喜ぶ荒川静香さんwith金メダル。
[PR]

by yokocan21 | 2006-02-24 09:02 | たわごと  

チー・キョフテ大会

この週末は、先週に引き続き「チー・キョフテ(Çig Köfte)大会」でした。

先週末は、知り合いのお宅へ夕食をお呼ばれに行ってきました。そこで用意して下さってたのが、チー・キョフテ。招かれた私達のほかに、息子さん夫婦や娘さんも加わって、盛大なチー・キョフテ食べ放題大会!でした。

ホストのおじさんが、汗水たらして練り上げて下さったチー・キョフテは、とっても美味しかったです。
スパイスと適度な辛さで、食が進む。
そのご家族、生粋のディヤルバクル人なんですけど、意外と辛さは控えめで、辛いもの大好きな私にはちょっとモノ足りないくらいでした。そこで私は、同じく辛いもの好きな息子さんと、チー・キョフテの上に更に粉末唐辛子を振りかけて食べる、という荒業にでてしまいました。
ひぇー、辛くって尚美味♪

そして今週末も、またまたチー・キョフテ大会です。
今回は、ダンナの同僚のご家族がうちへやって来てくれました。うちで、チー・キョフテを作ってくれる、というものでした。
材料は全て用意してきて下さったので、私はただスープとサラダを作って待ってるだけでした。
うちに着くなり、早速チー・キョフテ作りに取り掛かる奥さん。

※注 トルコでチー・キョフテを作るのは、もっぱら男達の仕事なのですけど、ここのご夫婦は異色(?) 奥さん、しっかりチー・キョフテ作りをマスターされてるんです。
f0058691_5164013.jpg
台所にスパイスのいい香りがもわ~ん。
ただ今、チー・キョフテ、練り上げ中です。
ひたすら練って練って、約1時間、やっと完成に至ります。相当な重労働です。
ただ、練るだけではなくて、やっぱりコツがいるようです。
美味しさの秘密は、スパイスの配合はもちろん、練り上げる時の”技”もあるようです。
f0058691_439167.jpg


お皿にてんこ盛りになったチー・キョフテ、あれよあれよという間になくなっていきます。
今回のは相当に辛くて、追加の唐辛子は必要なかったです。

レストランではチー・キョフテは、前菜として出てくるのですけど、この地方の一般家庭では、立派なメインディッシュです。最初は戸惑いましたけど、慣れればそれもアリかなということで、パクパクとメインとして頂けるようになりました。
ただ、ブルグル(挽きわり小麦)が入っているので、お腹にドーンとたまります。

そして、トルコ人はチー・キョフテにはアイラン(注1)を飲むのが通常のようですけど、私はビール!あのスパイシー&ホットにはビール以外、考えられないです。

チー・キョフテについては、以前に記事にしていますので、こちらをご覧になって下さい。

(注1)アイラン→ヨーグルトに水・塩を加えてミキサーで混ぜたもの。市販のものも多数ありです。
[PR]

by yokocan21 | 2006-02-21 05:21 | トルコ料理  

ウル・ジャーミィ

これ、一応「ディヤルバクル発」のブログなのですけど、ディヤルバクルの町のこと、何も書いていなかったように思います。
そこで、第一弾として、代表的なモスク『ウル・ジャーミィ(Ulu Cami)』(訳して「大モスク」)を紹介することにします。
f0058691_621838.jpg

トルコ・アナトリアでのイスラム社会における最古のモスクです。歴史あります。
まず、パッと見た感じ、トルコに数多くある、その他のモスクとは様子が違います。
トルコのモスクといえば、大きなドーム屋根が真中にドーンとかぶさっているものを思い浮かべますが、あのタイプのモスクは、オスマン朝時代の建築様式です。イスタンブールなどでオスマン朝のモスクを見慣れた目には、珍しく映るでしょう。

それもそのはず、このモスクには面白い歴史があったんです。
639年に、イスラム軍がこの町を征服した際、それまで建っていたMar-Toma(聖トーマス)教会をモスクとして使用し始めました。
それまでのディヤルバクルの町は、ローマ帝国の一部だったので、住民はキリスト教徒だったわけですが、アラブ人が増えるに従ってイスラム教徒が増えていきます。住民のイスラム化が進みます。
従って、このモスクも時代と共に、モスクらしく建て替えられていったということです。
現在の建物は、11世紀、セルジューク朝時代のものらしいです。
そして、教会の鐘楼の上にはイスラムのミナレットが付け加えられています。これ、エンピツみたいで可愛いです。
f0058691_6243222.jpg
大通りから、門をくぐって中に入ると、広い中庭になります。
この中庭をぐるりと回廊が囲っています。回廊の柱の装飾がとっても繊細で綺麗です。(写真ではよくわからないのが残念)
中庭の真中に、シャドゥルワンという清めの泉があります。その左手に礼拝堂。
この礼拝堂は、横にだだっ広いのが特徴です。内装はいたってシンプル、明かり取りの窓がある程度で、装飾は殆どなし。オスマン朝の豪華絢爛なモスクとは、まったく違った趣です。
f0058691_6271922.jpg

建築材は黒い玄武岩でしょうか。ディヤルバクルの建築物は、この玄武岩がよく使われていますが、この土地らしい、どっしりと落ち着いた感じ、また時に威圧的な感じ、質実剛健という言葉がよく似合うモスクです。

なお、このウル・ジャーミィは、シリア・ダマスカスのウマイヤド・モスクによく似た形式であるらしいです。
[PR]

by yokocan21 | 2006-02-17 06:33 | ディヤルバクル  

ヴァレンタインデー

f0058691_437143.jpg今日はヴァレンタインデーでしたね。
日本では、さぞかし盛り上がっていたことでしょう。

ここトルコでは、2月14日は「ヴァレンタインデー」とはいわず、「恋人達の日」と呼んでいます。
聖バレンタインはキリスト教の聖人ですから、トルコでは受け入れるわけにはいかないんでしょう。
ま、どっちにしても、「愛」の日には違いないですよね。

最近は、デパートやショッピングセンター、レストランなどの販売戦略もあってか、年々イベントも派手になってきているうようですけど、私の住む地方都市では何の派手さもなく、TVを見て「あぁそうだったのか!」みたいなノリですね...。

以前住んでいたイスタンブールのデパートやショッピングセンターでは、デコレーションもハートのモチーフを使ったり綺麗に飾り付けてありました。もちろんラッピングも綺麗にしてくれるんです、この日ばかりは。
高級レストランやホテルでは、恋人達の日・特別メニューが用意されていました。
へぇ、どんな人たちがお食事に来るんだろうと、思って前を通り過ぎるだけでしたが...。

ところでトルコでは、日本のように女性から男性にチョコを贈る習慣はなく(これ、日本だけの慣わしではないかな)、男性が女性にプレゼントを贈っているようです。プレゼントの交換をし合ってるカップルもいるようです。

といっても、この「恋人達の日」、最近になって行われているイベントのようで、昔はなかったようです。
この日は恋人と一緒にオサレなレストランで食事をして、プレゼント渡して...というようなことは、若者限定といった感じでしょうか。

では、若者以外の人達はどうしてるのかといいますと。
例えばうちの場合。
仕事帰りにバラか、何かのお花をお買ってきてくれます。結婚当初は、プレゼントもくれていたんですけど、あまりな趣味で買ってきてくれるもので、ここずっとは「お花と愛情だけで十分!」ってことにしてもらってます。
まぁ、誕生日のプレゼントを含めて、とっても「痛い」プレゼントが多すぎなので、うち...。

大都市での、”夕暮れに、おじさんがバラのお花を手に家路を急ぐ”、という光景は、恋人達の日オリジナル光景になりつつあるような気がします。
お花は、バラが殆どのような気がします。トルコは、お花屋さんに入っても、お花の種類が日本ほど多くないですし。
去年は、何故かこの田舎町でカサブランカ♪を見つけて来てくれました。
今年は、いつものバラでしたけれど。

恋人達、夫婦、型はどうであれ、これからも仲良くしていきましょう♪ラヴ・ラヴ♪という、大切な人と過ごす、ささやさなイベントなんですよね、本来は。

えー、ちなみに我が家の「恋人達の日」は、バラのお花以外はなーんにも特別なもの、ありませんでした。
夫婦であっても、一緒に食事に出かけたりする人たちもいるようですけど、うちのように小さな子供がいる家では、そういうこともなかなか難しいですね。

皆さまのヴァレンタインデーは、どのように過ごされたのでしょう。
[PR]

by yokocan21 | 2006-02-15 04:38 | 普段生活  

日本食週間

引越し第一弾は、またもや食べ物のお話です。

今週は何故か、日本食週間になってしまいました。

まず
月曜日の夕食   お味噌汁、ふろふき大根のそぼろあんかけ、ほうれん草のおひたし
火曜日の夕食   トマトのスープ、Mercimek(レンズ豆)のカレー、ポテトサラダ
水曜日の夕食   お味噌汁、焼肉定食、もやしのナムル
木曜日のお昼   焼きそば 風 
金曜日の夕食   人参のスープ、サケの塩焼き、ロカ(ルッコラ)の和え物

と、こんな感じでした。
f0058691_5213396.jpg


この写真は、本日金曜日の夕食。
ロカは日本の野菜ではないけれど、日本風にアレンジ。買ってきたロカがあまりにも苦すぎたので、生でサラダとしては食べ辛い。「では」と思いついたのが、和え物。
細かく刻んで、お醤油とマヨネーズで和えただけ。ちょっと芥子和えっぽくなって美味しかったです。
酒の肴によさそう。

そしてサケですが、こんな内陸部の町でも手に入れることができるんです。
いつも買ってるお魚屋さんが、たまに(1.2ヶ月に一回)北洋産のキングサーモンを入荷してくるんですが、その時いつもうちに連絡をくれます。
滅多にお目にかかれないので、買いだめして冷凍にしておきます。
今日のも、冷凍しておいたものです。

人参のスープは、日本食の写真に写るのがちょっと違和感ありましたので、省かせていただきました。

カレーや焼肉が日本食かっと、言われると辛いのですけど、まぁ、日本で普通によく食べられているものとして、私的には日本食扱いなんです。

献立を考えていると、何故かこういう風になってしまったのです。
子供に「今日、何食べたい?」と聞いて、真っ先にリクエストが来るのもやっぱり日本食です。
例に漏れず、カレーや焼きそば・チャーハン、それに炊き込みご飯が大好き。
自称、「ぼくは日本の子」らしいです。

確かにトルコ料理は美味しいのですけど、毎日毎日食べ続けていると、飽きがくるんですよね。
だから、うちでは時々日本食や中華なんかを盛り込んで、飽きないように(私が)しています。

幸いうちのダンナは日本食や中華が大好きなので、こんなに毎日日本食関係が続いても全く問題なしです。
しかし、夕食にサラダは必須。コテコテの和食メニューであっても、サラダだけは付いています。トルコ人として、これだけはハズせないらしいですね。

えー、明日の夕食は知り合いのお宅へお呼ばれに行ってきます。しばらく続いた日本食に、しばしのお別れです。奥様は生粋のディヤルバクル人、郷土料理を作って下さるかなぁと、楽しみです♪
追記:「焼きそば 風」となっているのは、焼きそばではないから。
   ブタがないので、ソーセージ(牛肉の)で代用。冷凍のイカもちょっと入れて。
   ソースは適当に、お醤油やお好み焼きソース、お酒を混ぜたもの。
   麺は、細いスパゲティーです。
   仕上げに青海苔をパラパラとかければ、それ風になります。
[PR]

by yokocan21 | 2006-02-11 05:58 | その他料理・飲み物  

引っ越してきました

いつも見に来て下さって、どうも有難うございます。
本日、引越してまいりました。

前、使っていたブログは、記事の文字数やコメントの書き込み文字数に制限があったり、
写真の掲載数も一記事に一枚と限られていまして、ちょっと使いにくいと感じておりました。
これからは、こちらで色々と綴っていこうと思っております。

以前の記事も、そっくりこちらに持ってきました。

気ままに更新していますが、これからもどうぞ宜しくお付き合いくださいませ。

リンクを貼って頂いてる方々には、申し訳ありませんが、アドレスの変更を宜しくお願いいたします。
[PR]

by yokocan21 | 2006-02-10 21:28 | お知らせ&バトン  

ルイボス・ティー

f0058691_21305866.jpgこってりトルコ料理を食べたあとは、こんなお茶いかがですか。

ルイボス・ティー」、各種ミネラルを豊富に含んだ健康茶として、最近日本でも注目されているようです。
原産は、なんと南アフリカです。

私がこのお茶を知ったのは、もう10年程も前のこと。母が友人からお土産に貰ってきて、体にいいからと飲んでいました。
そして、結婚してトルコに来てからも、日本から持って来たものを飲んでいましたが、在庫尽きるとすっかり忘れてしまってました。

ところが、イスタンブールに居た頃、ある大型スーパーのハーブティー・コーナーで、なぁんとこの「ルイボス・ティー」を発見したのです。
うちのダンナもこのお茶のファンだったので、二人して大喜び♪

それ以後、「ルイボス・ティー」は再び我が家のお茶タイム、ナンバー1の座に返り咲きました。うちでは、食後のお茶はもちろん、朝食の時のお茶としても大活躍です。
カフェイン・フリーなので、子供にも飲ませられます。
トルコで売られているものはバニラフレーバー付きなので、うちの子も大好きなのです。

この「ルイボス・ティー」、実は色々と効能があるようです。
不眠症、胃痛、便秘に効くらしい。
花粉症やぜんそくなどのアレルギー症状にも効果があるらしい。
また、皮膚のかぶれには、ルイボス・ティーをシップすると炎症が収まるらしい。

このお茶、友達のお医者さんにもお薦めしたところ、彼女もえらく気に入って、患者さんにも薦めているらしいです。

トルコは、ハーブティーの種類がとっても豊富なので、お茶好きな私には嬉しい限り。そして、それぞれのハーブティーにはそれぞれ効能があって、美味しくて体に良くて、いいことずくめ。
中でも、普段飲みのお茶としてお薦めなのが、この「ルイボス・ティー」、是非お試しあれ!
[PR]

by yokocan21 | 2006-02-06 21:29 | その他料理・飲み物  

キャベツのサルマ

先日、お客様がいらしたので、久しぶりに「キャベツのサルマ・オリーブ油冷製」を作ってみました。
詰め物がお米の、ロールキャベツ・オリーブ油バージョン、ってところでしょうか。
f0058691_4294192.jpg


トルコのロールキャベツには、暖かい版もあり、こちらはひき肉を巻き込んで煮込んでいくものですけど、今回紹介するのは、お米や松の実・カランツなどを混ぜたものを巻き込んで、オリーブ油で煮込み、冷ましていただくものです。
暖かいロールキャベツは、「おかず」として登場するものですが、この冷たい方のロールキャベツは、あくまでも前菜です。作ってから一晩冷蔵庫で冷やして食べると、味も馴染んでとっても美味しいんです。レモンをギュっと絞っていただきます。

これに似たお料理として、同じお米の具をピーマンに詰めたものがあります。
こちらは「ドルマ」といいますね。→(ビベル・ドルマス)
ブドウの葉で巻いたものもあります。こちらは「サルマ」です。→(ヤプラック・サルマス)
ドルマとは、詰めること。そしてサルマとは巻くことです。
まぁ、面倒臭いので、このキャベツやブドウの葉の方もドルマと呼ばれてることが多いですが。

ところで、我が家では、オリーブ油の冷製料理は、夏場の主役です。(季節はずれですね)
冷たく冷やしてレモンを絞って食べると、少々食欲がなくっても、ぺロっといけてしまうんですね。オリーブ油の冷製料理は、色んな野菜で作れるので、とっても便利です。
ナス・ズッキーニ・さやインゲン・ソラマメ、変わったところではアーティチョークなど。
大量に作っておくと、冷蔵庫で2~3日はもちますので、手抜きにも一役かっています。ははは。

HPの方でこれらのお料理、一部レシピを紹介しておりますので、よかったら見てみて下さい。
トルコ~スパイシー・ライフ

こちらの、「食いしん坊さん」のページからお願いします。
[PR]

by yokocan21 | 2006-02-02 21:22 | トルコ料理