<   2006年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

アダナ旅行・その3

f0058691_21191028.jpg
アダナ旅行は、買って・食べて、だけではなくて、ちゃんと観光もして来ました。
特に歴史的建物や遺跡などは、市内にはないのですが、これだけは、というのがウル・ジャーミィ(Ulu Camii=大モスク)です。


1541年建立のこのモスク、パームツリー並木の公園が横にあるせいか、なんだかとっても南国チックです。ミナレットの装飾もとっても繊細・綺麗で、トルコでは珍しいタイプです。
私が今までトルコで見てきた「ウル・ジャーミ」は、その名の通り壮大でどっしりと構えたものばかりだったのですが、アダナのは、他のウル・ジャーミに比べて小ぶりで可愛い感じがしました。
古い町並みの中にひっそりと佇んでいる、可憐なモスクでした。

私は以前から、訪れた町では必ずモスクをたずねます。
新しいものには全く興味はなく、何百年もの間人々に親しまれてきた歴史あるモスクが大好きです。
私はイスラム教徒ではないので、モスクはあくまでも芸術品としての見方しか出来ないのですが、モスクの中に佇んだ時、さも自分と宇宙空間とが繋がっているかのような不思議な感覚に襲われることがあります。イスラムって、宇宙的なんだなぁと勝手に思っております。

モスクに入ろうと思うと、女性は肌の露出は控えなければいけないし、髪の毛も隠さなくてはいけませんね。そういう時に重宝なのが、大ぶりのスカーフ。冬場だとマフラーも代用できます。
イスタンブールの観光地のモスクでは、観光客用にスカーフを貸してくれますが、地方の町ではそういう訳にはいかないです。
ちなみにうちのダンナはモスクには全く興味なし。中にも入ってきません。こういうトルコ人もいるのです。
だからいつも私一人で見学です。最近は息子(幼稚園児)が一緒について来ることが多いのですが、いかんせん仏像やキリスト像のような対象物がないのが、よくわからないらしく(当たり前)、それをどう説明すればいいのか、困ってしまいます...。

今回でアダナ旅行記は一応終わりにします。
詳しく書けなかった部分は、改めてHPの方で書いてみようかと思っております。

【関連記事】
アダナ旅行・その1
アダナ旅行・その2
[PR]

by yokocan21 | 2006-01-30 21:17 | 旅・散歩  

フェラーリ

昨日24日、2006年F1を戦う新車が発表されました。
その名は「248F1」。
f0058691_2116110.jpg


例年通り、2006F1となるんかなと思ってましたが、今年は別バージョンの命名です。
2.4リッターの「24」と、V8エンジンの「8」の組み合わせなのだとか。
今年からエンジンはV8なんですよね。

パッと見た目、昨年のマシンとどこがどう違ってるのか、素人の私にはわからないんですが、ミラーが明らかに突出して見えます。これも何か意図があってのことなんでしょうか。

まぁ、カーナンバーが「5」って、どうもいけませんね。ここずっと「1」に慣れ親しんできたもので。
今年は、頑張って「1」を取り戻してもらいましょう。

シュミー(M・シューマッハー)も、このマシンには期待大だそうで、いい具合に仕上がってると話しておりました。

毎年、シェイクダウン、そして新車の発表がされると、F1もいよいよだなぁと気分も盛り上がってきます。今年は、3月10日(決勝は12日)バーレーンGPでスタート。

熱いシーズンが始まりますね。わくわく。

ここトルコも、昨年イスタンブールでトルコGPが開催され、F1人気も徐々に上がってきてるみたいです。いいことだ!
トルコGP、見に行って来ましたが、フェラーリ人気ダントツでしたね。やっぱりトルコ人、「赤」が好きなんでしょうか。
[PR]

by yokocan21 | 2006-01-25 21:14 | サッカーとかF1とか  

雪・雪・雪

f0058691_21134484.jpg本日もディヤルバクルは雪です。
木曜日の夜から降り始め、金曜日は殆ど一日中降り続き、積雪10cm程になりました。
週末は、ラッキーなことに太陽が出てきたんですが、気温は相変わらず低いまま。昼間でもマイナスでしたよ。

そして、昨日の深夜から再び雪が降り出し、今でもしんしんと降り続いております。ただ今午後3時。積雪は軽く30cmは超えているでしょう。

ディヤルバクルがこんなに大雪に見舞われるのは珍しいそうですね。
イスタンブールからの飛行機は、ここ数日欠航状態だそうです。

今トルコは、地中海地方とエーゲ海地方の一部を除いて、殆どの地域で雪だそうです。
何でも、シベリアからの大寒波がやって来たそうですよ。
あと数日はこの寒波、居続けるらしいので、寒さ対策、気を付けないといけないですねぇ。

ところでトルコの町は雪にはめっぽう弱いんです。一部の雪国では、しっかり雪対策しているんだと思いますが、
私が今まで住んだ町は、ダメですね。
まず、道路が使えなくなる。除雪作業がうまくいかないので、雪の積もった道を車が走っていくんですが、その車のほとんどがチェーンなし。まぁ、ジェットコースターのようなもんです。
あちこちで、ぶつかり合ってます...。
もちろん、ここディヤルバクルでも、あてられて凹んだ車、何台か見かけました。
歩道ももちろん除雪なんてしてませんから、人も歩くの大変です。雪用のブーツなんて持ってる人、殆どいないですから、滑る滑る。

雪は降ってる間は滑りにくいですけど、止んでしまって、道路がアイスバーン化した時が怖いですね。

あと、大雪が降ると必ずと言っていいほど、停電・断水がやってきます。
これ、大雨や暴風の時にもいえますが...。
うちは、土曜日に停電してしまいました。幸い、今住んでる所には自家発電装置があるので、問題にはならなかったですけど、それがないとかなりの時間、電気なしの生活を強いられますよね。
ちなみに、今のところ水は出てます。

え~、今年は暖冬だとか言われていたのに、一体何故?
私の人生最大級の寒波じゃぁないでしょうか、これ。最低気温がマイナス12℃だなんて今まで経験したことないです。(現在の気温はマイナス4℃)
外に出る用事もないですし、今日は家にこもっています。
いつまで降り続けるんでしょう。気になります。
すっかり雪国の様相のディヤルバクルです。

♪写真はうちのベランダからの雪景色。
[PR]

by yokocan21 | 2006-01-23 21:12 | 普段生活  

アダナ旅行・その2

f0058691_21101981.jpg
私達のアダナ滞在中は、ほーんとにお天気が良くて、まさに観光日和でした。

ですが、バイラム1日目は町はガラーン。殆どのお店は閉まっています。皆、クルバン切ったり親戚のお家訪問に忙しいのでしょう。
2日目になって、少しづつ開けるお店も出てきましたが、中心部は相変わらずガラーン。
このあたり、イスタンブールなどとは少し様子が違いますね。地方都市って、こんなもんなんでしょうか。
3日目になると、かなりのお店が開くようになり、やっと買い物が出来るようになりました。

いえいえ、1.2日目はお店が閉まってるからといって何も出来なかったわけじゃぁないんです。
しっかり行く所はあるんです。そう、ショッピングセンター!

ひとつはCarrefour(カルフール)。さすがサバンジュ(※注)ゆかりの地、しっかりありました。
ここではディヤルバクルでは買えない物たちをゲットしてきました。韓国のカップ麺やタイの乾麺などありましたが、キッコーマンの醤油が置いてなくて残念。
今となっては憧れの白菜やもやしもチェックしましたが、案の定なし...。
そして、無謀にもブタも探してみましたが、あるわけないですね。

※最近、トルコの大都市やリゾート地の大型スーパーでは、ブタ肉が手にはいるんです。それだけ、外国人が多いということなんでしょうね。

そしてもうひとつがM1。こちらはかなり大きなショッピングセンターです。
大型スーパー、ホームセンター、シネモール、そして専門店もずらーっと。もう、見て回るだけで疲れましたね。
専門店の方は、イスタンブールなどのショッピングセンターにあるトルコブランドのお店が、殆ど揃っていました。
こちらのスーパーREALには、なぁんと白菜が売ってたのです!が、あまりにもしなびすぎていて、買えなかったです。

今回の旅の目標のひとつは買い物だったので、十分に満喫できました!
いやぁ、かなり低い次元での満足度ですけれど...。
ええ、もちろん洋服もバーゲンでゲットです。

ところで、アダナに来たもうひとつの目標は、「中華料理」なんです。ディヤルバクルから一番近い中華料理屋さんが、ここのお店。
シェフが中国人ということで、ちゃんと美味しかったです。
うちは、子供もダンナも中華大好き。デザートまで平らげ、大満足な夜となりました!

♪写真は、アダナの町の北にあるセイハンダム湖。

(※注)サバンジュ→トルコの大財閥。アダナはサバンジュ創始者の起業地。

【関連記事】
アダナ旅行・その1
アダナ旅行・その3
[PR]

by yokocan21 | 2006-01-20 21:08 | 旅・散歩  

アダナ旅行・その1

f0058691_2161117.jpg
私の住むディヤルバクルからアダナへの道。
地図で見ると比較的近いように見えるんですが、いえいえトルコは広い、車で6時間程かかりました。直線距離にして、530km。

一応、地中海の近くだけれど、イメージとしては「濃い」アダナ。
ところが、町は思っていたよりもずーっと都会的でした。街路樹がパームツリーやオレンジの木なんてのが南国ムードを醸し出していました。パームツリーの並木道は、イズミールやメルシンの海岸通りに似た感じでした。
オレンジの実も勿論なってましたが、手の届く範囲は全てもぎ取られてましたね。
でも、街路樹のオレンジなんて果たして美味しいのだろうか。

大通りは広々、町も整備されていて、ディヤルバクルからやって来た私達は「都会だぁ!」と叫んでしまったほど。
そして何よりも嬉しかったのが、緑が多いこと。町の東側をセイハン川が流れているし、やっぱり地中海が近い。
緑と水(湿気)は人間をホッとさせてくれます。

私達が滞在した間は、天気も良くとても暖かくて、まさに旅日和でした。バイラム期間中のトルコは、雨模様・雪模様のところが多かったようですが、私達はラッキーでした。

そこでいきなりですが、今日の写真ネタ。アダナ名物「アダナケバブ」。
さすが本場のは美味しかったです。とってもジューシーで柔らかくって。これ食べてしまうと、もう他の所でアダナケバブ頼めなくなってしまうかも。
このケバブは、薄いナンのようなラワシュと一緒にサービスされてきます。これと一緒に食べると尚、美味しい。

写真、ケバブの右上のお皿は、ざくろシロップのかかったサラダ。南東部地方では、このざくろシロップをよく使いますね。我が家では、もうこれがないと生きていけない位ですよ。色が黒いんで、見た目バルサミコかって感じです。甘酸っぱい濃厚な味。
その左側のお皿は、ケスメヨーグルト。ヨーグルトの水分を布で漉してあるので、クリ-ミーな味わい。
奥に見えるのは、普通のサラダです。

どれもこれも美味しすぎて、ついつい食べ過ぎてしまいました!アダナは危険だぁ。
素材の味がしっかりしているので、十分に美味しいんですね。

ここでちょっとアダナケバブの説明を。
ひき肉(牛とラム)に微塵切りの玉ねぎ・唐辛子・パセリ・油・スパイスを混ぜ合わせて、平たく長い金串の周りに貼り付けて、炭火でじっくりと焼いていく。
スパイスは、レッドペッパーやクミンなど。
相当に辛いです。

次回につづく。

【関連記事】
・アダナ旅行・その2
・アダナ旅行・その3
[PR]

by yokocan21 | 2006-01-19 21:04 | 旅・散歩  

トルコ南東部をディープに迫る

f0058691_5105210.jpg

うちのダンナは転勤族。
そして滞在した先々で、興味のある町へは可能な限り行ってみよう!というのが私達夫婦の共通意見です。

というのには、こんな過去の話があるから。
結婚して最初に住んだ町はゲリボル。ダーダネルス海峡の港町です。
ゲリボルから比較的近いところには、、ギリシャ系の人達が今も住み続けている「ギョクチェ・アダ(島)」・「ボズジャ・アダ(島)」、そして有名なトロイ遺跡があって、とても興味があったのにも関わらず、行けずじまいで終わってしまいました。
休みが取れると、ダンナの実家イズミールやイスタンブールに行ったりしていたけど、島へは”そのうち”行けると、思っていたから。
ところが、転勤が決まった時にはあいにく私が妊娠、しかもつわりが酷くて旅行どころではなくなってしまったんです。”そのうち”はなくなってしまったわけです。
(因みに私はトロイへは行ったことありますが、ダンナはない)

そんな教訓があって、機会があればどんどん行ってしまおう!という風になったのです。

トルコ南東部というと、なかなか近寄り難いイメージがあるんではないでしょうか。
テロの影響はかなりあるでしょう。
ところが、私にとっては魅力的な町がいっぱい。訪れないわけにはいかないです。
以前、というより大昔(!)訪ねたウルファにはハマッてしまったし、南東部ではないけれどアンタクヤも雰囲気が良かったですね。
ここディヤルバクルも観光するにはすごく面白い町だし。ネムルート・ダァにも行ってみたい。
もう、とことんディープに迫っていきますよ。

トルコって、歴史がある分、そしてその歴史が複雑な分、面白いところが沢山あるんですよね。
旅行で色んな町々を訪ねましたけど(日本より詳しいです)、ほーんとに奥が深くて一生かかっても知りきれないなぁと思っています。

そして今回の目標はアダナ(Adana)です。
クルバン・バイラムに絡む連休、私達一家はトルコ南部にあるアダナという町に行って来ました。
この旅日記は順次、こちらに書いていこうと思っています。

今回の写真は、アダナ中心部にある、中近東エリア最大のモスク、「サバンジュ・メルケズ・ジャ-ミィ(Sabancı Merkez Camii)」。
とにかくデカイ!ミナレット6本!ものすごい存在感ありました。
[PR]

by yokocan21 | 2006-01-18 07:38 | トルコのこと  

もうすぐ犠牲祭

f0058691_5143746.jpg
トルコは10日から犠牲祭が始まります。
先日、HPの方にこの犠牲祭について書いたんですが、新たにこちらのブログへも何か書こうと思っていました。
が、ちょっと時間的に余裕がなくなってきて、すみません、手抜きします。HPの方の記事を貼り付けてしまいます。
こちらがその記事です↓

今年も犠牲祭(クルバン・バイラム)がやって来ます。
イスラム教のお祭りである犠牲祭。
メッカ巡礼の最終日にあたるこの日、敬虔なイスラム教徒は、アッラーの神に羊や牛などの動物を生け贄として捧げ、神に感謝の気持ちを表す大切な行事です。

犠牲とする動物には、決まりがあるらしく、羊や山羊なら一人で一匹、牛やラクダならば七人で一頭屠るらしいです。
そして、その動物の肉の3分の1は貧しい人への施し、次の3分の1はご近所へ、残りの3分の1は自分の分となります。

でも私が見た限り、ご近所に適当に配った後は、自分ん家で食べている場合が殆どのような気がします。
ただし、私の周りには信仰心の厚い敬虔な人はまずいないですが...。

最近は、大型スーパーでも羊なんかを売ってたりするけど(駐車場の一角にテントを張って生きてる羊を売っている)、大体は、動物バザールのような所で気に入った羊なんかを買ってきて、家の庭やアパートの前なんかで切っています。
ただ、大きな町では、指定された場所以外での屠殺は禁止になったらしいですね。
買ったその場で、切ってもらうのだとか。

だけど田舎町では、まだまだ昔からのしきたり通り、家の前で、だそうです。
これ、初めて見た時はギョーッ!でした。
通りの辺り一帯が、血の海です。
しかしよく出来たもので、トルコ人いわく、犠牲祭の2日目以降は雨が降ることが多く、全て洗い流してくれるのだそうです。

そしてその切られた肉はといいますと、早速、バーベキューにされるわけです。トルコ人お得意のマンガルですね。
犠牲祭一日目のお昼時は、そこここからいい匂いが漂ってきます。
残ったお肉は、カブルマという炒め物にされ、保存食となります。
小分けにして冷凍保存する人もいますね。

ところで、この犠牲祭の慣わしの由縁は、こんなところにあるんです。
預言者イブラヒム(アブラハム)が、神から自分の子イスマイルを生け贄にするように言われます。
信仰心厚いイブラヒムは、イスマイルを連れ、生け贄を捧げる山へと向かいます。
そして息子も覚悟を決め、いよいよ、というその時に、迷子の雄羊が現れたのです。
イブラヒムは、その羊を生け贄として神に捧げました。羊は神からの恵みのもの。

このエピソード、実は旧約聖書にも出ているんです。
旧約聖書では、犠牲になりかけたアブラハムの子は、異母兄弟の方のイサクとなっていますが。

コーランでは、このイブラヒム(アブラハム)とイスマイルをアラブ人の祖、としています。
そして、羊を犠牲として捧げた場所には、イスラムの聖域カーバ神殿が建っており、カーバ神殿は、イブラヒムが築いたとされています。
なお、コーランでは、旧約聖書の預言者たちを自分達の預言者として挙げています。
ヨゼフ、ソロモン、ヨブなど。また、イエスやヨハネも預言者の一人。
そして最も偉大な(最後にして最高の)預言者は、もちろんマホメット。

少しだけ、イスラム教をかじってみました。

昔から延々と続けられてきたこの儀式、私たちイスラム教徒でなくとも、天からの恵みものである動物たちの命に感謝する、神聖な気持ちを思い起こさせてくれるものだと思います。

♪トルコでは今年は1月10日から4日間が犠牲祭です。
今年は、前後の土・日も含めて大型9連休となります。
リゾートに出掛ける人、実家に帰る人、親戚のお家を訪ねる人、色々いらっしゃると思います。皆さまには、イイ・バイラムラール!(良い祭日を)
ちなみに、うちはお天気が良ければアダナへ小旅行で出掛けようかと思っています。

※アダナ→トルコ南部の都市です。トルコ第4の町。
[PR]

by yokocan21 | 2006-01-08 07:36 | 普段生活  

黒ゴマきなこクッキー

こんなもん、作ってみました。
「黒ゴマきなこクッキー」です。
f0058691_211498.jpg

実家から送ってもらった小包の中に入っていた、黒ゴマきなこ。
健康にいいからと、わざわざ入れてくれたのだろうけれど(有り難い!)私、実はきなこが苦手。どうしよう...。
毎朝、スプーン2~3杯の黒ゴマきなこを牛乳に混ぜて飲むといいらしいんだけど、私にとっては、そんなこと荒業としか思えない。
試しに、子供に飲ませてみたけれど、こちらもやっぱりダメ。彼には、ネスクイックだよね。
トルコ人のダンナも、案の定飲めない。

さぁて、どうしたものか。せっかくだから何とかしようと、ネットで検索。
そこで、見つけたのがこの「黒ゴマきなこクッキー」です。

普通のクッキーよりも香ばしくって、しかもめっちゃ美味しい。
黒ゴマきなこ入りだから、体にもいいし。
これなら、子供もダンナも喜んで食べてくれる!
うわぁ、一石二鳥。
それ以来、私が作るクッキーといえば、これになってしまった。

で、昨日も子供のおやつに作りました。
幼稚園から帰って来たら、このクッキーと牛乳。いいんじゃない?

他にも、この黒ゴマきなこを使ったお菓子、何かあればいいんだけど。これだけじゃぁ、ちょっとね。
パウンドケーキの生地に使ってみたらどうだろうか、と思ってますが。
いかんせん、お菓子作りが得意でない分、この分野では、頭が働かない。(他の分野なら働くのか、なんてツッコミは避けてください)
[PR]

by yokocan21 | 2006-01-06 07:28 | その他料理・飲み物  

新年


明けましておめでとうございます。


花火のドドドーン!という音と共に明けた2006年。
ディヤルバクルでも、新年のお祝いは花火で始まりました。
TVでは、イスタンブール・タクシム広場の様子が映されていたけど、この町では人々が外に出て新年を祝おう、なんて習慣はなさそう。花火の爆音以外は、いたって静かな2006年の始まりでした。

ここトルコのお正月は、何事もない普段と変わりのない日々です。
皆、普通に仕事に行くし、学校にも行くし。
私も、新年早々洗濯などしてますし。
全くお正月という気分がわかないですね。

それでも一応、お正月っぽく(どこが?)「ちらし寿司」を作ったのです。
でも、超しょぼいの。
飾りの具がない!えびでもあればな...。
イスタンブールでは、えびやスモークサーモンなんかが手に入ったけれど、ここ田舎町にはそんなもん売ってるわけもなく。
すごーく貧乏臭いちらし寿司になってます。
ツナを入れて、まぁそこそこ美味しかったんですけどね。

恥ずかしくて写真はなしです。

2006年。今年もいいことがいっぱいありますように!
ここに来て頂いてる皆さまにも、素敵なことがいっぱいありますように!
今年もどうぞ宜しく♪
[PR]

by yokocan21 | 2006-01-02 07:25 | たわごと