<   2005年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

今年も終わり

f0058691_7221040.jpg
今年もあと1日で終わろうとしている。
毎年毎年思うことだけど、今年も早かったなぁ。

これ、どうも年をとるにつれ、1年がどんどん早く過ぎていくように感じられる。
生活の充実感と1年の速さは、決して比例しているわけではないのだけど。
このままいくと、人生なんて「あっちゅー間」なんだろうな。
いかんいかん、しっかりしなくては!

ところで、この1年、私にとってどんなもんだったのか、と考えてたのだけど、特別何にもなかった1年だった。重大事件があったわけでもなく、大きな行事があったわけでもなく。
まぁ、平穏無事が一番なんだよな。

それでも、敢えて記憶に残ってる思い出を挙げるとすれば...

・年末年始の日本里帰り
・夏休みに行ったF1GPatイスタンブール
・子供の幼稚園入学
・HPの再開とブログの開設
こんなもんか。

あと、チェックアップで異常なしと出たことも嬉しかった。
サッカー関係では、我がユヴェントスとベンフィカがそれぞれリーグ・チャンピオンになったこと。日本が2006年ワールド・カップ出場決定したこと。
えー、やっぱりこんなもんだ。

こうやって年が暮れていくのです。

トルコの年末は、慌しくも何ともなく、いつもと同じ。
大掃除することもなし、お正月の準備をすることもなし、おせちを作ることもなし。
ただ、大晦日の夜はニューイヤー・パーティーしたり、バーやディスコで大騒ぎしたり、勿論カウントダウンもあるし、カウントダウン・コンサートというのもある。ババーン!と花火が上がったりもする。

でも、お正月は普段と何ら変わりない。
日本のようにおせちやお雑煮を食べたり、なんてことはないし。
お年玉もない。
会う人会う人に「明けましておめでとう」を言うくらいかな。
ひたすら、素っ気ない。

さぁて、来年はどんな年になるのでしょうか。
良い年になりますように。

ここに来て頂いた皆様にも、どうか素敵な1年になりますように。
良いお年をお迎えくださいませ♪


写真は、A Happy New Year!と共に打ち上げられる花火。
トルコ語は、「イェニ・ユルヌズ・クトゥル・オルスン!」

∮追伸:HPの方に、ディヤルバクルの天候を示すバナーを付けました。結構寒いですよ。(ついでにイスタンブールのも)

http://www.geocities.jp/turkey_spicylife

[PR]

by yokocan21 | 2005-12-31 07:19 | たわごと  

ヤギちゃん

f0058691_20492032.jpg
これ、ヤギです。
まだ子供だそうです。子山羊。
トルコ語で、山羊はケチ。子山羊はオーラック。

かれこれ1ヵ月半ほど前から、うちのアパートの前庭で飼われているんです。写真には写ってないけど、実はもう一匹いるんですね。つがいかな。
びっくりしましたよ。こんな所にヤギが居るなんて。

なかなか人なつっこくて、寄っていくと「メェメェ」って近づいて来るんです。
うちの子はヤギなんて見るの初めてなもんだから、興味津々。
しょっちゅう見に行ってますよ。


ところで、なぁんでこんな所にヤギが居るかというと...
どうやら、隣のアパートのカプジュ(※注)が飼ってるらしい。
餌をあげてるのは、そこの子供達。(なぁんと6人もの子沢山)

なぁんでヤギなんかを飼い始めたのか...
うちのダンナいわく、「クルバンだよー」って。
私、「・・・・・」。声が出なかった。
トルコ人からしてみると、ごくごく普通のことなんだけど、やっぱり私は日本人だし、そういう意識ないよな、とつくづく思った次第です。

「クルバン」というのは、
イスラム教の犠牲祭「クルバン・バイラム」に犠牲(生け贄)にする動物のこと。

来年は、1月9日からの4日間が犠牲祭。

ほんとに、あのヤギたち、もうあと10日後にはいなくなってしまうのだろうか...。
私、こういうの、ダメなんだよな。
狩猟民族じゃないし、肉食民族でもないからかな。


ちなみに、トルコ人いわく、ヤギの肉は硬くて美味しくないけど、子ヤギの肉はジューシーで美味しいと。


※注
カプジュ→トルコのアパートで住み込みで働いてる管理人みたいな人。
アパートの掃除や、ゴミ集め、冬場のカロリフェール(集中暖房装置)の管理。そして、毎朝パンや新聞などを届けてくれる、有難い存在。
[PR]

by yokocan21 | 2005-12-28 07:13 | 普段生活  

クリスマスのディナー

遅くなりましたけど、メリー・クリスマス
もう終わってから言ってますね。

昨日24日は、家でクリスマスのお祝いをしました。キリスト教徒じゃないんで、お祝いではなくって単なるお食事と言った方がいいんでしょうか。

本来なら、家族3人で食事する筈だったのだけど、ダンナ何を思ったのか、朝友達と電話してたついでに「今日、クリスマス・パーティーするから、おいでよー」と誘ってる!
普段から仲良くしてる友達一家なので、来てくれた方がわいわい楽しいに決まってるけど(子供同士も仲良し)、家の中ひっくり返ってる~~~。掃除、掃除、掃除しないと。
ってことで、掃除の担当はダンナになりました。

掃除ったって、サロンの埃拭きと掃除機かけくらいですけどね。

f0058691_4325536.jpg
で、この写真がディナーのテーブル。
むっちゃボケてるぅ。

焼きましたよー。ローストチキン。お腹の中にはドルマの中身と同じご飯の詰め物入れました。
※ドルマの中身については、こちらを参照。↓
トルコ~スパイシー・ライフ「食いしん坊さん」のページ

友達、お寿司を食べられる人なんで、お寿司もどきも作りました。(右奥)
プラサ(ポロネギ)のオリーブ油煮もあるよ。(左奥)
あとは、メルジメッキ(レンズ豆)のスープとサラダ。
※メルジメッキ(レンズ豆)のスープについては、こちらを参照。↓
トルコ~スパイシー・ライフ「食いしん坊さん」のページ

ひえぇ、疲れた。
でも楽しかった!

子供のリクエストのケーキも食べられたし。
ここには、クリスマスケーキなんてものがないんで、去年日本に帰った時に買ってきたクリスマス用の飾りを付けて、っと。

両家族とも、小さな子供がいるのでパーティーにはならなかったけど、一応クリスマスの雰囲気だけでも味わえたかな。子供達も楽しそうだったしね。
よーし、来年も頑張るぞー!って気分です、今は。


追加:飲み物は、この夏イズミール近郊のシリンジェ村で買ってきた赤ワイン。これ、お勧め。でも写真ない...。
[PR]

by yokocan21 | 2005-12-25 07:08 | 普段生活  

チー・キョフテ


f0058691_4355091.jpgここディヤルバクルの名物料理といったら、これ、チー・キョフテ(Çiğ Köfte)。
チーとは「生」。キョフテは「ミートボール」。よってこれは、生肉のミートボールです。しかもウソみたいに辛い!

トルコ南東部ではどこででも普通に食べられてるものです。有名なのはウルファのものですね。TVでよくイブラヒム・タトゥルセスが作ったり食べたりしてますよねぇ。彼、ウルファ出身です。マラティアやエラズーのも有名。
この辺りは、暑さがハンパじゃないですから、こんなに辛いものがうけるんでしょう。

これ、この辺りのレストランだと、まず前菜として必ず出てくる一品。これなきゃ始まらない。それくらい重要な位置を占めています。

どういうものか、ちょっとだけ説明。
ひき肉(特別にチー・キョフテ用として挽いてくれる)に、ブルグル(挽きわり小麦)、唐辛子ペースト、トマトペースト、玉葱にニンニク、香辛料などを混ぜて、こねこね、かなりの時間捏ね合わせる。
それを、適当な大きさを手にとって、にぎにぎと固めたら出来上がり。

マルルというロメインレタスや、ラワシュというナンのうすーいのに包んで頂きます。好みでレモンを絞ってもよしですね。一緒にロカ(ルッコラ)やネギ、ミントの葉、パセリなんかを包んで食べると尚美味です。

こちらでは、チー・キョフテ作り専用の金たらいも売ってます。どこのお家にもあるらしいですよ。

うちは、いつもレストランでテイクアウトですけど、大概の人はうちで作ってるようです。
かなり力のいる仕事なんで、男性の役目のようです。
普段は、縦の物を横にもしないような亭主関白なお父さん達が、この時ばかりは、張り切るんですねぇ。
力の見せどころです。

うちは夫婦揃ってチー・キョフテ好きなので(特に私がね)、もう、しょっちゅうテイクアウトです。そのレストランのチー・キョフテ職人のおじさんともすっかり仲良くなってしまいましたよ。
バンバンおまけ付けてくれる。

ディヤルバクルとこの周辺の地域は、食べ物が美味しいんだけど(私的にはトルコで一番)、チー・キョフテはその中でもイチ押しです。
香辛料をふんだんに使ってるせいか、生肉の臭みが全くないし、しかも生肉食べてるという感覚もない。不思議な食べ物です。
あつーいトルコの食べ物です。

♪写真は一人前
[PR]

by yokocan21 | 2005-12-23 07:01 | トルコ料理  

嗚呼クリスマス

f0058691_20562785.jpg
もうすぐクリスマス!
なんだけど、ここトルコではクリスマスはないです。そりゃそうだよ、イスラムの国なんだから。
それでも、都会(って私はイスタンブールくらいしか知らないけど)では、綺麗なツリーが飾ってあったり、イルミネーションぴかぴかしてたりします。おうちでもツリー飾ったりする人が、ちょこちょこいたりします。雰囲気だけクリスマスね。
でもやっぱりクリスマスの意識がないから、24日、25日には特に何もしない。

盛り上がるのは、31日の大晦日!
この日は、レストランやホテルではニューイヤー・パーティーが開かれるんです。私も何回か行ったことあるけど、すごく派手で楽しかったなぁ。お料理も特別なもの出してくれるし(七面鳥料理がメインね)。ベリーダンサーとか登場するし。有名歌手が出てくるところもあり。←ただし、むっちゃ高い。
とにかく、夜中まで大騒ぎ。
で、そのパーティーに欠かせないのが、なぁんとクリスマス・ツリーとサンタクロース!絶対いる。
なんでこうなったのかは、知らないけど、せっかくだから便乗しちゃえ!なんだろうな。クリスマスの意味なんて無視、無視。
楽しけりゃぁいいのだ。

トルコに来て初めての年末は、びっくりで腰抜かしたけど、もう慣れました。それが普通になってしまった。
で、うちでもパーティーは、大晦日にやってましたよ。

ところが、今年はちょっと違うのです。
昨年、日本に帰った時、実家でクリスマスをしたのだけど、子供が大喜びで、今年もしよう!ってことになってしまった。
ケーキ食べたのが嬉しかったみたい、あとプレゼント貰えたし。
普通に24日にやりますよ。
クリスマス・ケーキというものがないんで、普通のケーキだけど。
もちろん、31日にはトルコ風にパーティーが待っている。

トルコでは、こんな風なクリスマスですね。
ちなみに、トルコ語でクリスマスは「NOEL」。フランス語だね。

写真は、大阪のとある所のツリー。綺麗。
[PR]

by yokocan21 | 2005-12-21 06:39 | たわごと  

オルハン・パムック裁判

f0058691_637010.jpg先週後半、トルコのメディアで騒がれていた話題をちょっと載せてみようかと思います。メディアといっても、NTVやCNNTurk、HaberTurkあたりのニュースTVが騒いでただけで、普通の民放なんかは、サラッと流してた感じだけど。

どういう話かといいますと...
オルハン・パムックというと、現代トルコを代表する人気作家。今年のノーベル文学賞の候補にも挙がってました。
このオルハン氏が起訴された、というもの。

オルハン氏は、20世紀初頭(第一次世界大戦中)、オスマン帝国時代に起こった「アルメニア人大虐殺」を認めたとして、国家侮辱罪に問われ、その裁判の初公判が16日にあったのです。

事の発端は、今年2月、スイス紙に「100万人のアルメニア人が殺害されたことは事実」と発言したということ。

言論の自由が認められるかどうか、が今回の裁判の注目点だったけれど、裁判は先に持ち越され、次回公判は2月にあるということです。

トルコでは、言論が国の名誉を傷つけたと、検察官が判断すれば、起訴できるらしいです。

「国家侮辱罪」なんて、恐ろしい罪、なぁんだか戦前の日本みたいじゃぁないですか。
ちなみにトルコでは、建国の父アタトゥルクの悪口を言っても、捕まるらしいですよ。おぉ怖!

で、何で私がこの話題に触れてしまったのか、と言いますと...
私の好きなシャンソン歌手、シャルル・アズナヴールにあるんですね。
彼はパリ生まれのフランス人だけど、両親はアルメニア人。両親は、アルメニア人としての境遇に忍従しないため、フランスへと亡命したんです。
この話は、日本でのコンサート・パンフに書かれていたものだけど、「あぁ、そうだったのか...」と思い知らされました。

「アルメニア人の大虐殺」については、全世界が認めているにも関わらず、トルコは断固として認めておりません。
トルコとアルメニアの国交も断絶したままです。


お~、なんだか硬い話になってしまったよ。でも、気になる話題なんで、書いちゃいました。
[PR]

by yokocan21 | 2005-12-19 06:35 | トルコのこと  

いきなりですが、サッカーです

f0058691_6332599.jpg
このブログ始めて、最初の話題がサッカーだなんて、この先思いやられます。
トルコのことでも書こうかと思ってたのだけど、今日、チャンピオンズ・リーグの抽選会をTVで観てしまったもんで。まぁいいや、これでいきますわ。

今日16日、チャンピオンズ・リーグの決勝トーナメントの抽選会があったんです。サッカー好きにとっては、ドキドキ、ハラハラでしたよねー。
さぁて、我がユヴェントスは、W・ブレーメンと対戦。
これ、楽勝ではないでしょうかね。ブンデス・リーガって、殆ど見たことないんで、なんとも言えないんだけど、雰囲気的にね。
ユーヴェ、勝ち進んでもらいましょう。
今年はなんとしてでも、優勝ビッグ・イヤーを狙ってますからね。こんな所でつまづいてもらっちゃぁ困る。
そして、もひとつのベンフィカ。こちらはなぁんとリヴァプールと。怖いです、はっきり言って。この対戦、スタジアムが壮観だろうなぁ。真っ赤だよ、うわあ~。

で、今年もまた、あの因縁の対戦が。チェルシー対バルセロナ。こんなに早い時点でこのどちらかのチームがいなくなってしまうなんて、悲しすぎ。去年はチェルシーが勝っちゃったんで、今年はバルセロナに勝って欲しいなぁ。ロナウジーニョがんがん見たいし!バルサは戦い方も美しいしね。見ていて楽しい。
あ、うちの子もロナウジーニョ好きらしい。かわいいって。ん?

チャンピオンズ・リーグ再開は、来年2月21日。楽しみ!
[PR]

by yokocan21 | 2005-12-17 06:31 | サッカーとかF1とか  

はじめまして!

トルコ・南東部ディヤルバクル在住のyokocanです。はじめまして!

この町には、去年(2004年)の夏の終わりに、イスタンブールより引っ越して来ました。
トルコ南東部というと、かなり「熱い(HOT)」イメージがあるんですが、まさにその通りでございます。
夏の暑さはもう耐えられないくらいだし。
人もかなり熱いです。
おまけに食べ物も、何を食べても辛い。HOT!HOT!
ま、こんなスパイシーな所から、日々なにかと思うことを綴っていきたいと思っております。
トルコとは、何の関係もないことも書いちゃいます、たぶん。
趣味のページになってしまうかもしれません。

縁あって、せっかくこの町に住んでいますので、ディヤルバクルの面白いところなども、たくさん紹介していきたいと思っています。

どんな展開になっていくのか、わかりませんが、どうぞ宜しくお付き合い下さいませ。


*:…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:……:*:…:*:…:*:…:*:…:*:……:*:…:*:…:*:…:*

2008年夏、トルコ最大の街・イスタンブルへ引っ越してきました。
イスタンブルは、観光客としてよく訪ね、また2000~2004年までの4年間を過ごした思い出たっぷりの街です。
これからは、ここイスタンブルより楽しい事・面白い事など、引き続きスパイシーな香りも漂わせつつ綴っていきたいと思います。


私のプロフィールは、こちら から。

メールは、 【 yokocan21●excite.co.jp 】 へ。
(● の部分を @ に替えてお願いします)
[PR]

by yokocan21 | 2005-12-16 06:27 | はじめまして