「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:サッカーとかF1とか( 19 )

 

なでしこ V 

なでしこジャパン 優勝♪


f0058691_315117.jpg

画像は共同通信より


ついについに、やりましたね! おめでとうーーーーーーーーー!

皆さん、観てらっしゃいましたか~?
私? ええ、もちろん!こちらトルコは、ゴールデンタイムでしたから~。

優勝の瞬間は、感動しまくって、夜中に泣いちゃいましたよ。(家族はすでに寝静まっていました)

トルコでは、国営放送TRTと、EUROSPORTというスポーツ専門チャンネルとで放送があったんですけれど、前の試合(スウェーデン戦)の解説がトルコ女子サッカーの方で、好感持てましたので、EUROSPORTで観戦しました。
こちらでは、最初から日本びいきな解説だったこともあって、点を取られても負ける気がしませんでしたよ。
ただ、2-1になった時は、残り時間も少なかったし、あーーーん、どうしよーーー。でしたけれど。

私、今回のワールドカップは、ドイツ戦からしか観ていないんですけれど、凄いいいチーム!というのが第一印象でした。とにかく、よく走るわ、ばんばんパス繋ぐわ、テクニックあるわ、おののきました~。
トルコのアナウンサーや解説者なんて、バルセロナとかアーセナルみたい、なんて言ってましたし。それくらいに、ボールポゼッションが素晴らしかったですよね!
ただ、決勝戦は、アメリカが最初からガンガンきて、日本本来のパス回して.....なサッカーをなかなか披露できなかったですけれど。でも、時間と共に、パスが回り出して、本来の「らしさ」を徐々に出してくれるあたり、流石やなーーーっと。
いやぁ、惚れ惚れいたしました!

なでしこで私が唯一知っていたのは、澤さんだけ。(サッカー好きですけれど、女子に関しては疎いのです)
その澤さんが、遂に遂に、頂点に立っちゃいましたね。彼女の、控えめだけれど、ひたむきな頑張りが実を結んだのですよね。トルコの解説者の方も、澤さんには、一目置いてらっしゃるようですし。
若い選手達をうまくまとめて、そして、あの、にこやかな良い雰囲気を醸し出していましたよね。
なんと、キング・カズが、「澤さんはゴッドだ!」と言ったとか何とか。(笑)
それくらい、澤さんの存在って、大きかったですよね~。


なでしこの皆さん、帰国後は、TV出演がメジロ押し、インタビューが数珠つなぎなのでしょうけれど、これを機に、日本の女子サッカーがもっともっと浸透してくれるといいですね。
待遇面でも男子とは比べ物にならないようですし。そこんとこも、改善されていくといいですね。
次は、もうすぐオリンピック予選が始まるそうですし、彼女たち、あまりのんびりとはしていられないのでしょうけれど、もう一つ金メダルを取りに、頑張っていただきたいです。


おめでとう、なでしこジャパン♪


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
トルコ情報へ
[PR]

by yokocan21 | 2011-07-21 03:42 | サッカーとかF1とか  

優勝~~~♪

優勝ーーーーー☆



凄かったですね~!!!

アジア・カップ優勝ですよぉぉぉぉ~!


f0058691_60055.jpg

もう、初っ端からドキドキの連続で、手に汗握る、とはこのことか.....みたいな展開でした。
さすがにオーストラリアは、手ごわかったです。
でもでも、先のワールドカップで見せてくれたチームワークには、益々磨きがかかって、見ていて、ほぉんと頼もしかったです。ワールドカップでの守り優先の戦い方から比べると、今のチームはパスワークも綺麗だし、何といっても動きがすごい。
皆の意識が前を向いていて、戦う戦士そのもの。
ほぉんと、かっこよかった! (バルセロナを観ているのかと、思ったよ(笑))

今回のアジアカップは、予選は全く観ていなくって、決勝トーナメントに入ってから観始めたんですけれど、こぉんなに素晴らしい戦いをするチームだとは!
アジア・№1にふさわしいチームですね♪
おめでとうーーーーー!


えー、実は私、代表の監督がなかなか決まらず、仕方なく(?)みたいな感じでザッケローニさんになった時は、「.....」だったんです。
去年、ユヴェントスを一時率いていた時の、あの自信なさそうな表情が忘れられなくって。大丈夫かいな、と。
でも、意外とザッケローニ監督、日本の水が合ったのか(笑)、お見事な采配でしたね!
昨年のユヴェントス時代の、下を向きがちな表情とは打って変わって、明るいのなんの。自信に満ち溢れていますね。

ワールドカップの時のメンバーに加え、ヨーロッパで活躍している選手が大勢いるってことも強みでしょうね。
イタリアやドイツのリーグはよく観てるんで、長友くん、香川くん(怪我で決勝戦は出られず)、そして内田くん♪、お馴染みの選手たちが大活躍です。
あ、長友くん、ユーヴェに来てくれるだなんて噂あるんですけど.....。(本当なら超嬉しいよーーー)
若い選手が多いチームなんで、これからの活躍、大・大・大期待です!


わぁ、ぎゃーぎゃー騒ぎすぎて、喉痛いです。
ほほほ、今日は、祝い酒~♪ (お土産のコソヴォの赤ワイン♪ → これがねぇ、むっちゃ美味しいの!)


※画像は、asahi.com より。

ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ
[PR]

by yokocan21 | 2011-01-30 06:02 | サッカーとかF1とか  

残念&感動をありがとう★

あぁぁぁぁぁ、29日(火)は、ほぉんとに残念でした。
98年のフランス大会現地観戦の時に着ていた真っ青な代表のTシャツを着て、TV前で応援していましたよ。(このTシャツ、4年に一度、日の目を見ます)
今も悔しさはあるけれど、清々しい気分でもあったりします。
日本代表、力を出し切ったよね~!
試合を重ねるごとに団結力をかため、見事なチームワークを披露してくれた代表の選手達には、ほんとうにありがとうと言いたいです! 
久々に感動をもらいました~!
そして、最後までかっこよかったーーーっ!
f0058691_752754.jpg

それにしても、PK戦での決着というのは、とってもイヤです。本当は「0-0」なのに、無理矢理勝負をつけなきゃならないので。あれは、実力どうのこうのではなく、「運」の世界ですよね。

日本代表、まだまだ若い選手も多いし、これからもっともっと進化していってくれると思います。
今回の大躍進を礎に、さらなる飛躍を期待したいです! 4年後のブラジルが、今から楽しみでもありますね~。
あ、そして、そのブラジル大会には、今回出場できなかったトルコも、是非是非出て欲しいものです。

ということで、我らが日本代表の躍進劇は、ひとまずピリオド。

あさって7/2からは、いよいよ準決勝が始まります。
ここまで来ると、よく知ったチームばかりで、観るのも俄然力が入ってきますよね。普段からヨーロッパ各国のリーグ戦やカップ戦をしょっちゅう観ている者としては、ベスト8に残った国々の選手達って、お馴染みな人ばかり。いやぁ~ん、どこを応援していいやら。(爆!)
特に、オランダVSブラジル、アルゼンティンVSドイツは、どこも凄~くいいチームだし、いい試合をしてきているし、好きな選手もいっぱいいるし、わぁ~、観戦が楽しみです!
出来れば、オランダVSアルゼンティンなんていう、夢のような決勝戦を観てみたいものです~。いやぁ、単に、ロッベン&ロビンくん(ファン・ぺルシー)、メッシちゃんのファンというだけか。
(でも、やっぱりブラジル優勝なんでしょうかね.....。ブラジルといえば、ドゥンガ監督の横に控えるアシスタントコーチのジョルジーニョ(元・アントラーズの)が相変わらず素敵で♪ そんな所も気になるぅ)


※画像は、〝asahi.com〟より拝借しました。

~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ 

と、サッカーの話だけではつまらないんで、写真を一つ。

f0058691_754251.jpgこれ、うちの近所のデリカテッセンで売っているアイスクリーム。
この夏より、新登場です。
このアイスがですねぇ、とぉっても美味しいんです! 何でも、お店の手作りなんだそうです。

トルコでアイスクリームといえば、あの、のび~る『ドンドゥルマ(Dondurma)』が超有名ですけれど、ここのは、そのドンドゥルマとは違って、いわゆるアイスクリーム。
どちらかというと、ジェラートっぽいです。(ちなみに、製造機械はイタリア製なんだそう)

新鮮なフルーツがたっぷり。コクのあるミルクの味がしっかり。
近くということもあって、もう既に何度も通っております~。

上から、イチゴ、ティラミス、チョコチップ味。



ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ
[PR]

by yokocan21 | 2010-07-01 07:57 | サッカーとかF1とか  

やったぁ~、日本代表♪

うぉぉぉぉーーー、やりましたね~♪
日本代表、決勝トーナメント進出!!!emoticon-0157-sun.gif

いやぁ、今、試合が終わったばかりですけれど、興奮しすぎて、何を書いていいのかわかりません。
とにかく、嬉しいよ~~~!
おめでとう~~~♪

f0058691_654869.jpg


ワールドカップが始まるまでの日本代表って、なかり凹んだイメージしかなかったように思います。実際に、親善試合では勝てなくて、内容的にも厳しいよなぁって感じでした。岡ちゃん批判の報道まで出てくるし.....。
遥かトルコから見ていても、「大丈夫なんかい?」という不安でいっぱいで。
でもでも、いざワールドカップが始まってみると、それまでのマイナスイメージが嘘のような活躍。現地・南アフリカの土地を踏むと、まるで覚醒したかのような素晴らしい動きを見せてくれました。
生まれ変わった日本代表を見ているかのようでした。
それぞれの選手が自分の役割をちゃんとこなし、すごいスペクタクルな試合を見せてくれたのです。先のオランダ戦も、負けはしたけれども、選手の動きはとっても良かったし、内容も良かったですよね。
f0058691_654519.jpg


そして、今日のデンマーク戦。
大型な選手相手に、全く引けをとらない厳しいプレス。とにかく全員が良く動いて、見ていて気持ちのいい試合でした。
デンマークに思うようにプレーさせない、コンパクトで統率のとれたな守備は、日本代表の得意とするところのようです。
トルコのテレビのアナウンサーも、「素晴らしい動き」とか、「蟻のようによく動く守備」とか、守備に重点を置いた日本の戦術を、ものすごく褒めていました。
守備だけではないんですよねぇ。少ないチャンスをしっかりとモノにした、ゴール!
皆さん、観ましたかーーー!!!
まずは、本田のフリーキック! この人ならではの、決める時には決める、鮮やかな直接フリーキックですよ~。
そして、職人・遠藤のフリーキック! こちらも、直接ゴールネットに突き刺さる。もう、鳥肌もんでしたよねっ!
この2発の直接フリーキックで、デンマークは奈落の底に。はーっはっは。
とどめは、岡崎のゴール。これ、本田のパスからのゴールです。おーっほっほほ。

f0058691_6552672.jpg

トマソン(まだ代表にいる.....しかも、スタメンでバリバリ?)にゴールを入れられてしまったけれど、安定感のある日本の守備陣は、それ以上のゴールを割らせませんでした。
ドキドキ・ハラハラの場面も結構あったけれど、結果を見ると、完勝ではないですかぁ。
強いよ~、日本!

f0058691_656146.jpg

さぁ、いよいよ決勝トーナメント。
次なる相手は、パラグアイ。(イケメン・サンタクルスちゃんがいるチーム)
特に強いイメージはないですし、今までの状態で望めば勝てますよね~。
以前、岡ちゃんは「目標はベスト4」だなんて言ってましたけれど、それも夢ではないような気が.....。
頑張れ・ニッポン♪


こちら、ただいま真夜中。興奮しすぎて眠れません。
酒盛り中~♪


※ 画像は全て〝asahi.com〟より拝借いたしました。

***********************************

ワールドカップ開催中につき、ブログの更新が思うように出来ません。 ネタはたくさんあるのに.....。
もう少しすれば、ちゃんと更新出来るようになりますので、それまでの間はご勘弁を。


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ
[PR]

by yokocan21 | 2010-06-25 07:01 | サッカーとかF1とか  

チャンピオン・ブルサスポル☆

昨日夜は、ハラハラ・ドキドキの連続でした! というのも、トルコ・リーグのチャンピオンが決まりますから~。
以前に書きましたように、今シーズンは、我がベシクタシュ(Beşiktaş)の不甲斐なさに愛想をつかせ、最もエキサイティングな試合をしてくれているブルサスポル(Bursaspor)の応援をしている私。

f0058691_17343117.jpg

以前の記事では、3/29現在のランキングとして、1位のブルサスポルが3ポイント差で2位のフェネルバフチェ(Fenerbahçe)の上にいると書いていました。でもその後、ブルサスポルは重要なイスタンブルでの試合に負けるなどして、2位に転落。
1ポイント差とはいえ、フェネルバフチェが有利なことには間違いない状態。ところが、最終戦にもしブルサスポルが勝ち、フェネルバフチェが引き分け以下に終わると、ブルサスポルの逆転どんでん返し優勝が決まるという、とってもエキサイティングな展開でもあるんですよね。

試合開始時点での順位は、
1.フェネルバフチェ     73ポイント
2.ブルサスポル        72ポイント
と、3位以下のチームを大きく離して、この2チームの熾烈な争いになっています。
この最終戦、泣いても笑っても、勝つしかないブルサスポル。そして、ライバル・フェネルバフチェがつまづいてくれることを願うしかない、、、。

f0058691_173552100.jpg

ドキドキな最終戦の相手は、当のブルサスポルはベシクタシュとホームで。フェネルバフチェは、トラブゾンスポルとホームで、それぞれ対戦。
ただ、この両試合とも、ちょっと曰く付きなのが面白いんです。
ブルサスポルの対戦相手であるベシクタシュは、監督・エルトゥールル・サーラム(Ertuğrul Sağlam)の古巣であり、昨シーズン途中まで指揮していたチーム。監督的には、なんとなくやり辛い相手かと。
そして、フェネルバフチェとトラブゾンスポルは、先週半ばに行われた「トルコ・カップ戦」の決勝で対戦し、トラブゾンスポルが優勝を決めたばかり。奇しくも、因縁の対決となってしまいました。

気持ち的にも、色々と複雑な両試合。
ブルサスポル、フェネルバフチェ共にホームで戦えるという大きなアドヴァンテージを持ち、満員、いやそれ以上かもと思われるサポーターの絶大的な応援をバックに、もの凄い気合の入った試合を展開します。
ブルサスポルは、こんな大舞台なんて初めてでしょうけれど、落ち着いて持ち味の攻撃サッカーで攻め、きっちり1点を取り、楽な展開に。そして前半終了直前にももう1点追加し、終了間際に1点を入れられてしまいますけれど、しっかり守って、2-1で勝利。
対してフェネルバフチェは、前半に1点取ったまではよかったものの、その10分後に1点返されてしまい、悲壮感漂います。後半に入っても怒涛の攻撃を続けるのも空しく、試合は1-1で引き分け。

f0058691_17362545.jpg

ということで、大きなプレッシャーに押しつぶされることもなく、果敢に戦ったブルサスポルの優勝が決まりました~!
いやぁ、凄かったーーー!
いち地方の弱小クラブが、初めて優勝した瞬間。TV観ていて、私までも涙が流れてきそうでした~。

メディアでは、「歴史的優勝~!」なんて見出しが躍っています。
サッカーって、ほんと何が起こるかわからないから面白いです!今シーズン始まるまで、誰がブルサスポルの優勝など予想したでしょうか。最後の最後にドンデン返し。こんな劇的瞬間を味わえて、サッカー好きでよかったなぁぁぁと思いますねぇ。
そして、地方の小さなクラブが、ビッグクラブを押しのけて優勝するという、何とも頼もしい姿にも感動です。

いやぁ、ブルサスポル、優勝おめでとう~♪ 
フェネルバフチェのお膝元に住みながらブルサスポルの応援をするという、一種、裏切り者的な私です.....。

f0058691_17351492.jpg

ところで、フェネルバフチェファンであるダンナ。昨夜は、友人達とサッカー・パブへ繰り出し、優勝のお祝いをするんだと勇んで出て行きましたよ。
うちの辺りには、場所柄フェネルバフチェファンが多いようで、昨日は昼間から紺&黄色のフェネルバフチェのユニフォームを来た人たちがわんさかいました。(フェネルバフチェのスタジアムまで、結構近いんです)
繁華街のバーダッド通り(Bağdad Caddesi)なんて、カフェやパブは、昼間からフェネルバフチェの優勝をお祝いするために繰り出して来た人達でいっぱいでした。
あぁぁぁ、どう見ても1ポイント上にいるフェネルバフチェの方が有利だし、今夜は優勝お祝いパレードや、車で箱乗りサポーター達の大騒ぎで眠れないだろうなぁ、、、、と思っていたんですよね。

でもでも、そんな心配は吹っ飛び、街は悲しみに包まれ(?)静かなものでした。はははっ。
ちなみにダンナ。悲しみの度合いはもの凄く大きいようですけれど、数年前にもドンデン返しをされている経験から、「もしも」の時の心の準備は出来ていたようで、数年前の時のようなドン底状態ではなさそうです。

ということで、またまたサッカー馬鹿が吠えてしまいました。さらーっとスルーして下さいませ。


画像は全て、〝hurriyet.com.tr〟 より拝借しました。
上から、
・優勝が決まった瞬間から、ピッチへどどーっと押し寄せるサポーター。
・愛しのエルトゥールル監督。涙・涙の、選手、コーチ達との抱擁。
・選手、コーチ陣の優勝お祝い。
・ブルサの中心地で歓喜に沸く市民たち。


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
[PR]

by yokocan21 | 2010-05-17 17:41 | サッカーとかF1とか  

サッカー★トルコ・リーグ

久しぶりに、サッカーの話題。

今シーズンのトルコ・リーグは、ここにきて、なかなか面白い盛り上がりをみせております。
スタート時点では、有名監督(ライカールト!)を招聘したガラタサライ(Galatasaray)が、一歩抜きん出た存在感を見せ、その後をイスタンブルの強豪、ベシクタシュ(Beşiktaş)フェネルバフチェ(Fenerbahçe)、そして黒海地方のトラブゾンスポル(Trabzonspor)が追う、というような展開でした。
が、その内、ガラタサライがもたつき始めて、トラブゾンスポルは息切れ。そしてベシクタシュもフェネルバフチェも、強いのかどうなのかわからない試合をし、気が付けば、あれれ、弱小チーム・ブルサスポル(Bursaspor)が上位につけているではありませんか。
この金曜日(3/26)に行われたイスタンブル市役所スポル(İstanbul BüyükşehirBelediyeSpor)とのアウェイでの試合には、ブルサからのサポーターが大挙して応援に駆けつけたものの、残念ながら負けてしまいました。
でも、現時点で、2位のフェネルバフチェに3ポイント差を付けて、トップです。

トルコ・リーグは、例年、資金も豊富なイスタンブルの三大強豪チーム(※)が、上位を占め、優勝を争っています。時々、その他のチームも上位に出て来はしますけれど、優勝まで辿り着くのは至難の業。 (三大チーム以外が優勝したのは、トラブゾンスポルが6回あるくらい)
そんな状況の中、ブルサスポルの快進撃は、連日テレビや新聞を大賑わいさせています。
これって、もの凄い快挙!

f0058691_1805343.jpgということで、今、私が超注目しているブルサスポルについて、ちょっと語ってみたいと思います。
このチーム、一時期はBカテゴリーに落ちていたという位の、全く「強い」という印象のないチーム。ところが、今シーズンは、どうしたものか、このまま突き進めば優勝~というポジション。凄い!
昨シーズン、本人の意に反してベシクタシュを辞任したエルトゥールル・サーラム(Ertuğrul Sağlam)監督が、昨シーズン途中から指揮を始めたことが、この快進撃の始まり。
元・ベシクタシュのスター選手だったエルトゥールル監督。ベシクタシュの監督時代は、そこそこ頑張っていたと思うんですけれど、チャンピオンズ・リーグでの情けない戦いぶりなどフロントの期待に応えられず、辞任。(事実上は解任)
その悔しい思いを、今、ブルサスポルでぶつけているようなのです。これ、本人もインタビューで、そのようなことを語ってらっしゃいました。
その思いが選手に伝わり、元からの信頼厚い人柄もあって、すごくまとまったチームに仕上がっている、という状況だと思うんです。
ブルサスポルのサッカーは、見ていてとても楽しいのです。早いパス回しと豊富な運動量で、攻撃をどんどん仕掛けていく、スペクタクルなサッカー。例えていえば、バルセロナのような感じ。(ちょっと言い過ぎ)

はっきり言って、名もない選手ばかり。外国人の数も少ない。チームの運営資金も、三大強豪チームに比べたら雲泥の差だと思います。そんな地方のチームが、今、トルコ・リーグを引っ張っているということは、トルコ・サッカーにとっても、明るい話ではないでしょうか。

f0058691_1814395.jpg


今、世界的な不況の中とはいえ、ヨーロッパ・サッカー界だけは、どうも異常なお金の動きが盛んです。
信じられない巨額を投じて、スーパースター選手を買う、スペインの白いクラブや、イングランドの青いクラブ、水色のクラブ、なんかがその最たるものですけれど、額の多少はあるにせよ、どこのクラブも選手移籍にもの凄いお金を投じていることは事実。
こんな狂った状況を、なんとかしたいと思っているのが、現在UEFA(欧州サッカー連盟)会長のプラティニ氏。
一部の有名ビッグクラブにだけお金が集まり、スター選手を破格の値で買っていることへ不快感を示し、各国のクラブの経済力の差があまりにも著しいことに危機感を感じ、是正を提唱し続けています。

私も、最近のヨーロッパ・サッカー界の異常な様子は、報道を見ていていい気分ではないですので、ここはプラティニさん、頑張って欲しいです。

そんなサッカー界の状況ですけれど、トルコでも同じような状態であることは間違いないわけで。「イスタンブルの三大強豪チームと、その他」、という状態です。
最大都市であるイスタンブルには、資金も集まって来やすいのでしょうし、三大チームには歴史もあります。
設立100年以上という三大チームに比べて、ブルサスポルの歴史はまだ半世紀弱。イスタンブルからは近い街とはいえ、いち地方のクラブ。そんな地方クラブがビッグクラブを押さえてトップに君臨しているのって、いい感じですよね~。

f0058691_1824050.jpg

そして、私的には、エルトゥールル監督に、是非優勝カップを掲げて欲しい!
現役時代の、そのプレーを見たことはないんですけれど、監督として我がベシクタシュにやって来られて以来のファン。
同年代という親近感もあり、サッカー選手としてはかなり知的な雰囲気の漂う穏やかそうな風貌に、いつもTVの前でキューン♪ イケメン監督好きな私。(ちなみに、ACミランのレオナルドちゃん、インテルのモウリーニョちゃんもファン。 爆)
ま、色んなことをひっくるめて、今シーズンはブルサスポルです!
5月第3週の最終節まで、あと7試合。4月最終週には、アウェイでガラタサライ戦。これをどう戦っていくか。
そして、最終戦はホームでのベシクタシュ戦があります。この節までには、何としてでも優勝を決めておきたいですよね。
ベシクタシュの目の前でブルサスポルの優勝決定.....なんて、ベシクタシュファンの私にとっても、いや、元ベシクタシュのエルトゥールル監督にとって、いい気分なことではないですわ。

これまで注目なんてされてこなかったブルサスポルの選手達が、舞い上がることなく、冷静に今まで通りの試合をし続ければ、優勝は間違いなし。そこのところ、まとめ役のエルトゥールル監督の腕の見せ所、ってことでしょうか。


ちなみに、今シーズン、27試合を消化した時点(3/29現在)での順位。

1. ブルサスポル    58 ポイント
2. フェネルバフチェ  55 ポイント
3. ベシクタシュ    55 ポイント
4. ガラタサライ     53 ポイント
5. トラブゾンスポル   46 ポイント (ただし、1試合少ない26試合消化)


あぁ、また熱く語ってしまったぁ.....。
トルコ・サッカー酔狂記事は、こちらでも書いておりますので、興味ある方、どうぞ。
続きには、イスタンブルの三大強豪チームについて、日本人との関わりもありますので、書いてみました。↓↓↓


※イスタンブルの三大強豪チーム・・・・・ベシクタシュ、フェネルバフチェ、ガラタサライ

なお、画像は全てGoogleより。上より、
・ブルサスポルのマスコット、緑のワニ。緑は、ブルサの街のイメージカラー。ユニフォームも緑色。
・ブルサスポルのサポーター。
・エルトゥールル監督。


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

【 続き 】
[PR]

by yokocan21 | 2010-03-29 18:13 | サッカーとかF1とか  

F1・トルコGP☆

この日曜日(6/7)、F1トルコGPを観に行って来ました~♪
場所は、イスタンブルのアジア側の郊外、イスタンブルパーク・サーキット。うちからだと、車で1時間少々で行けます。

私&ダンナはフェラーリの真っ赤かなTシャツで。子供は仕方ないんで普通の赤いTシャツ着せて。
いざ、GO~~~!

トルコGPは、初年の2005年に行って以来4年ぶり。日本にいた時は毎年鈴鹿に行っていたことを思えば、何とも間が空き過ぎな感じ。ディヤルバクルに4年住んでいたというハンデは大きいです。
その間、レギュレーションも色々と変わり、シュミー(シュマッハー兄)もいなくなり、ホンダが撤退とか(悲)、つい最近ではFIAとフェラーリなどビッグチームとのゴタゴタなど、F1の状況もかなり変わってきました。
そして、我がフェラーリはといえば今年は最悪なすべり出しで、一体どうしたのぉという有り様。
こんなこの頃ですけれど、やっぱりF1ってワクワク・ドキドキ・キャーキャーやめられない~~~!

場内のアナウンスによりますと、気温32℃、路面温度49℃という、かなり過酷な環境でレースは行われました。
いやぁ、暑かったです~。私たちの席は屋根付きの所でしたので、楽々観戦出来ましたけれど、炎天下での観戦は相当にキツかったと思います。

f0058691_17591192.jpg

スタート直後の様子。フェラーリは予選では、6&7番手という今年ならではのスタート。
でも、ここイスタンブルパークはフェラーリ(特にマッサ)と相性のいいサーキット。まだまだわかりません。(と、この時点では、まだまだ期待をしておりましたよ)

f0058691_1802756.jpg

f0058691_1805317.jpg

スタート前には恒例のイベント。今年は、メフテル(Mehter)の行進でした。(↑の2枚)
イスタンブルの軍事博物館で演奏されている、日本でもお馴染みのオスマン帝国時代の軍楽隊です。
こういう広々としたサーキットのコース上での勇壮な行進、演奏を聞けるだなんて、ラッキーでした。一緒に行った子供も、えらい喜んでいました。

f0058691_1812353.jpg

フェラーリの雄姿。この時点では、マッサは何とか6番手を走っていたような.....。

f0058691_1814851.jpg

席の真ん前のブラウンGPのピット作業。こういうの見るの大好き。

f0058691_1821539.jpg

こちら、第一コーナーを抜け、第二コーナー、そして次のゆるいカーブまで丘を駆け上ってゆきます。
イスタンブルパークは、このような緑多い丘陵地帯に作られています。アップ・ダウン、高度差のある高速サーキットで、見ごたえも十分。

ホームストレートを全開で突っ走ってきたマシンが、第一コーナーでブレーキをバリバリ言わせて急減速。そして第二コーナーを過ぎると、今度はまたエンジン全開でビュィー-ーン!丘を駆け上ってゆきます。
この耳をつんざくエンジン音の競演がたまらなーーーい!高速・低速、それぞれの軽やかな音や低い音、ギアをアップしていく時のエンジン音の高揚感。
そして、各マシンのコーナリングの様子もじっくりと観ることが出来て、たっぷりと楽しんできましたよ~。(って、言われなくても、わかります?)

前回(2005年)に来た時は、子供がまだ小さかったため、義母のところに預けてきたんですけれど、今回はもう8歳だし、本人も観に行きたいということで連れて来ました。
前座の「GP2」や「ポルシェ・カップ」では、エンジン音も我慢できるほどのものでしたけれど、さすがにF1は違います。子供は、びっくり。でも、耳栓して慣れてくると、これが楽しく感じられてくるのが不思議~。途中から耳栓もはずして、あの爆音を楽しんでいました。
そうでなきゃねっ。F1の楽しみは、あの爆音なんだし!

で、当のレースはといいますと、前評判のとおりブラウンGPがダントツの強さを発揮。(バリチェロはリタイアしてしまいましたけれど、バトンは優勝)
そして、レッドブルが早い~。安定感が違うような気がします。
我がフェラーリは.....、何とかマッサが6位入賞。ライコネンは9位と振るわず。あーあ、またしても。低速のモナコでは何とか3位に入れたけれど、他の高速マシンにつていけてない。もう、今年はいいんです、諦めました。
レースの詳細などは、こちら を参照下さい。

f0058691_1824632.jpg

表彰台。シャンペンでお祝い!私的には、冷ややかな視線で写真をパチリ。
とは言いながら、こういう勝者の喜びって、かっこいいなぁって思います。いつ見ても素敵。

ということで、F1馬鹿の酔狂レポートでした。お付き合い、ありがとうございました!
(続きもあります)


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
トルコ情報へ

人気ブログランキングへ

《ぶつぶつ》
[PR]

by yokocan21 | 2009-06-09 18:05 | サッカーとかF1とか  

チャンピオン~♪

ご無沙汰しておりました。
やっとブログ再開出来ました!さぼり中でも、訪問頂いたりコメント頂いたり、どうもありがとうございました!
これから夏の季節、色々とイベントも目白押しで、なかなか時間が取れないようにも思うんですけれど、なるべく更新していきたいと思っていますので、これからも見捨てずよろしくお願いします♪

えー、最後に更新してから3週間近くが過ぎております。その間、私的にはエキサイティングなことが怒涛のように押し寄せてきまして、ウハウハ・ドキドキ☆。忙しいと言いつつも楽しい日々を過ごしておりました。

まず、身近なところでは、子供の学芸会が無事終了したこと。
フォークダンスや歌、詩の朗読など、普段から練習してきた成果の発表です。子供、家を出発前からドキドキ緊張のしっぱなしで、足がガクガクしていたらしいんですけれど、ミスもなく何とかやり遂げ、ホッ。
学芸会の後は、クラスの親御さんたちと先生を囲んでちょっとしたティーパーティー。学校のお庭で子供達も交えて、持ち寄ったケーキやクッキー、ボレッキ(パイのようなもの)などをつまみながら談笑。
クラスは、1年生からの持ち上がりですので、他の方達は皆すっかり顔見知り。でも、うちは2年生の途中からの転校ですので、私は皆の顔を覚えるのも一苦労。皆は、私が日本人という珍しさもあって、すぐに覚えて下さるんですけれど、私はクラス全員の親御さん達を覚えるのなんて、至難の技。まぁ、ぼちぼちやっていきましょう。
f0058691_1826769.jpg

これ、学芸会の一場面。フォークダンスの衣装を着て、皆で詩を詠んでいるところ。

そして。
f0058691_18262859.jpg今年のチャンピオンズ・リーグは、やりましたね~!バルセロナ♪
あのマンチェスター・ユナイテッド相手に快勝~。いつものような美しいサッカーで、お見事優勝です!
私、バルサのファンではないですけれど、あの華麗なパスワークやチームワークを見ていると、いつも惚れ惚れしてしまいます。
それにしても、メッシは偉大だぁ~。在りし日のロナウドやロナウジーニョもそうでしたけれど、この世の者とは思えない軽やかで優雅なサッカーを見せてくれます。目下、私のスーパーアイドル!
バルサは、チャンピオンズ・リーグに、リーグも優勝、それにカップ戦も優勝と、前人未到の偉業を成し遂げてしまいました。この先は、どこへ行くのでしょうかぁ。
来年も、益々パワーアップしてくるでしょうから、目が離せませんよね。

で、そして・そして。
我がベシクタシュ(BEŞİKTAŞ)☆リーグ優勝~~~♪
ちょっと前にカップ戦も優勝を果たしているので、今年はダブル優勝!凄い凄い。
もう、優勝決定の瞬間は、涙ぐんでしまいましたよ。ここ6年もの間、優勝から見放されていたんですから。ライバルのガラタサライやフェネルバフチェが優勝するのを横目に、悲しい思いの連続でしたから。
一時期は、私的には納得のいかない監督の交代もあり、危うい場面もあったんですけれど、経験豊富な凄腕監督がやって来て何とかチームは持ち直し。でもダービーで破れるなど、いつものベシクタシュらしさを発揮してくれたり、ハラハラ・ドキドキの連続でした。
でも、終盤は主要選手のケガもありながらも、よくぞここまで頑張ってくれましたよ。
今、うちのベランダには、晴れ晴れとベシクタシュの旗がたなびいております~。うっひゃっひゃ~。
f0058691_18265330.jpg

f0058691_18271791.jpg

ホームスタジアムで5/31に行われたチャンピオン祝賀会。行きたかったなぁ。
(画像は、Beşiktaşオフィシャルサイトより拝借しました)

それから。
今週末は、待ちに待ったF1・トルコGP
今年のフェラーリは、全くパッとしないんですけれど、前回のモナコGPではライコネンが何とか3位表彰台に上り、状況上向き(?)なんて期待。
さてさて、どうなるのでしょうかぁ。この日曜日は、行ってきますよ~、イスタンブル・パーク
FORZA  FERRARI♪
f0058691_18274017.jpg

(モナコGPで3位のトロフィーを掲げるキミ・ライコネン。画像は、AUTO SPORTより拝借しました)

あぁぁ、サッカーやF1のことになると、ついつい一人盛り上がってしまい.....。誰もこんな記事を期待して下さってませんよね。
ってことで、今回は復活記念として、もう一本記事を載せますね。(↑) 


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
トルコ情報へ

人気ブログランキングへ
[PR]

by yokocan21 | 2009-06-04 18:10 | サッカーとかF1とか  

やりました!トルコ・EURO2008出場決定~!

やりましたねぇ~、遂にやりました!
トルコ、EURO2008(ヨーロッパ選手権)に出場決定~~~♪
f0058691_4221882.jpg

昨日(11/21)のホームでのボスニア・ヘルツェゴヴィナ戦、絶対に勝たなければならない試合、見事1-0で勝利!予選を突破、出場権を手にしましたぁ。

いやぁ、苦しい道のりでした。長い予選の戦いの数々、スタートは好調だったのですけれど、途中、テリム監督の采配に「???」が付いたり、格下相手にまさかのドロー、そしてホームでギリシャに敗北...など、一時は予選突破も危ぶまれていました。ところが、執念のラスト2試合、ノルウェーにアウェイで勝利、そして昨日の勝利、と素晴らしい~!予選突破を果たしてくれました~。
f0058691_427945.jpg

今回のEURO2008の予選は、もう何が何でも出なくては!というもの凄い意気込みがありました。
というのは、前回ワールドカップ(2006年・ドイツ)へはプレーオフで涙の敗退を喫し、その前のEURO2004(ポルトガル)でも、プレーオフで敗退しているだけに、今度こそは、という思いが強かったんです。

しかし、2006年ワールドカップへの出場を懸けたプレーオフ、トルコvsスイスの試合後の乱闘行為に対する制裁で、トルコ代表は、公式戦のホームゲームの試合を自国で出来ないというハンデがありました。(EURO2008の予選では、確か4試合がホームで出来なかったです)
にもかかわらず、重いプレッシャーやハンデにも押しつぶされることなく、お見事な予選突破!

おめでとう~~~☆

2002年ワールドカップ(日韓共同開催)の時のように、またまた赤い旋風が吹き荒れるんでしょうか~。楽しみです!

---それにしても、イングランド、どうしたんでしょう...。イングランドのいないEURO2008ですかぁ。
考えられないですよ。あぁ、べッカム、ランパート、リオ~。(悲)

ちなみにEURO2008は、来年2008年、6月7日よりスタートです。まだまだだわ、なんて思っていると、あっという間に時は過ぎていきます。待ち遠しいですねぇ。

※画像は2点共、fotogaleri.hurriyet.com.tr より拝借。勝利の瞬間の歓喜の様子♪

ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪



☆人気blogランキング☆

[PR]

by yokocan21 | 2007-11-23 04:29 | サッカーとかF1とか  

祝☆フェラーリ! チャンピオン☆キミ!

昨日(10/21)の夜はあまりの興奮で、眠れなかったぁ~。
そう、F1・ブラジルGP、最終戦で我がフェラーリキミ・ライコネン優勝♪、初のワールドチャンピオンに輝いたのでした!!!
f0058691_4411916.jpg


今年のF1は終盤になって、一気に盛り上がってきましたね。(フェラーリファンにとって)
シーズン半ばには、殆ど諦めていたワールドチャンピオンの座が、後半戦になって突如と見えてきたんですよね。
うーむ、今年はどうやら、ハミルトンがチャンピオンか.....それがなければアロンソの連覇なのか.....と、少々冷めた気持ちで観戦していた頃もありましたよ。
でもでも、やってくれましたね~。見事な、ドンデン返し。
〝北欧の貴公子〟は、最後の最後に、見事チャンピオンを勝ち取ってくれました!

普段、滅多に笑顔を見せないクールなライコネン、でもこの時ばかりは、やっぱり笑顔♪きゅーーーん、可愛い♪
f0058691_4415972.jpg


舞う花吹雪の中、シャンペンをグビグビと。幸せに酔いしれる、の図。
f0058691_4421680.jpg


そして、この画像がすごく気に入りましたので、載せちゃいます。
f0058691_4424253.jpg
シーズン途中までは圧倒的な強さで、チャンピオン間違いなし、と思われていたルイス・ハミルトンとのツーショット。
ハミルトン的には、悔やんでも悔やみきれないGPになってしまいました。
ハミルトンは、来年以降も、我がフェラーリやライコネンにとっては最大のライバルであることは間違いなし。近い将来、確実にワールドチャンピオンになることも間違いなし。

こうして、2007年のF1も歓喜と興奮と共に幕を閉じました。
最近では珍しい、最後の最後でチャンピオンが決まるという2007年シーズン。長いF1の歴史の中でも、後世にまで語り告がれてゆくでしょう熱いシーズンでした。
なんだか、ものすごい瞬間を見れたような気がして(TVでですけれど)、昨日は舞い上がっておりました。

そして改めて、おめでとう、キミ♪

画像は、1枚目・2枚目・4枚目は、CNN TURK.comより。3枚目はAUTOSPORT WEBより。


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪



☆人気blogランキング☆


続きがあります
[PR]

by yokocan21 | 2007-10-23 05:00 | サッカーとかF1とか