カテゴリ:普段生活( 78 )

 

今年のおひな祭り

おひな祭・・・・・うちには男の子が一人ですので、基本的にはおひな祭のお祝いはしなくてもいいのですけれど、ずっと前から、3月3日には友達に貰った彼女お手製のミニお雛様を飾ったり、ちらし寿司を作ったりと、一応はお祝いをしてきました。
なので、今年も例に漏れず、おひな祭り。

f0058691_18102127.jpg

今年は、いつものミニお雛様ともうひとつ、折り紙お雛様も。
子供、自分で折るんだと意気込んでいたんですけれど、結構ややこしい折り方でしたのでギブアップ。結局、私がやるハメに。(そんなことだと思ってましたよ) 顔は子供が描いたので、おめめクリクリ。
これ全部折り紙製作なんですけれど、折り紙って、ほんと色んな物が作れるんですねぇ。こういうのを開発される方って凄い!

お雛様の前に置いてあるのは、ミニチュアの手毬寿司と菱餅、桜茶(かな)。
ラムネやキャンディーのおまけが付いている、ミニチュアグッズです。里帰りした時に友達に色々ともらったんです。ほんと、よく出来ていますよねぇ。

f0058691_18105630.jpgで、当日は、やっぱりちらし寿司と、何故か春巻

ちらし寿司は、いつものごとく「すし太郎」にツナ缶と小エビ、キュウリを加えた手抜き。
春巻は、子供が食べたいというので。
モヤシや人参、キャベツ、ネギ入りの野菜春巻です。
皮は、自分では作れないので、いつもユフカ(Yufka)(※注)を利用です。

潮汁の代わりにアサリのおすましでも、と思ったのですけれど、週末見に行った魚屋さんでは、全く新鮮でないものが高い値段で売られていたので、断念。
わかめのお味噌汁になりました。



f0058691_18114987.jpgそして・そして。
今年のおひな祭りは、ちょっと豪華な雰囲気にもなったのですよ~。

うふふっ、〝ひなあられ〟♪

アイシェさんが送って下さったんです。
この他にも、涙ウルウルもんの品物が入っていたりと、感激の郵便でした!
何年ぶりかのひなあられ、皆で美味しくいただきました。

予想通り、子供とチョコあられの争奪戦を繰り広げてしまいましたけれど.....。


ということで、今年のおひな祭りも楽しく・美味しく過ぎてゆきました!058.gif

     うぅっ、次のイベントは5月の〝端午の節句〟。兜を飾る以外は、子供の好きなものを作って、でお終いなんですけれど、特別なお料理ってあるんでしょうか。
柏餅やちまきは、和菓子苦手なんで作ったこともないんですよね。やっぱり、おひな祭りの方が気合い入ります!


※注 ユフカ・・・直径40~50cmある、小麦粉で作った薄~い生地。こちら参照。
このユフカを使って、ボレッキ(トルコ風パイ)やギョズレメ(トルコ版クレープ・具は挽き肉やほうれん草、ポテトなど)を作ります。日本では、ユフカと同様のパートフィロが売られています。


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
トルコ情報へ

人気ブログランキングへ
[PR]

by yokocan21 | 2009-03-05 18:16 | 普段生活  

バレンタインとケバブ

去る14日は、バレンタイン・デイでしたね。
日本では、あちこちでチョコが飛び交っていたのでしょうか。あのデパートのチョコ売り場の熱気、何だかとっても懐かしい感じです。うわぁ、独特な雰囲気(というか、殺気)がありますよね。
トルコには、もちろん日本のような習慣がないですので、チョコレート屋さんも、多分普段と変わりない雰囲気だったのでしょう。とはいえ、最近は、甘~いチョコを恋人にプレゼント.....なんて人もいるようで、たまたまこの前通りがかったチョコレート屋さんは、何だかラブラブ・モードなディスプレイだったんですよね。

で、うちのバレンタイン・デイはといいますと..........。
今年は、こんなものを貰いました~。
f0058691_7391172.jpg

子供からのプレゼント。

折り紙で作った赤い花と、道端の花屋さんで買ってきたという、カーネーション。
折り紙のは、ダンナと私に一つずつ。
恋人達の日おめでとう!というカードも挟まっています。(トルコでは、バレンタイン・デイは「恋人達の日」といいます)

うぅっ。嬉しいじゃぁないですか~~~! ちょっとウルウル。

どこで聞いてきたのか知らないですけれど、「恋人達の日」なんて情報をしっかりとゲットしていたのですねぇ。小学2年生にもなれば、そんなもんなんでしょうかね。
カーネーションは、パパに相談して、一緒に出掛けたときに貯金箱からのお金で買ってくれたのだそうです。

こんなサプライズ♪があって、いやぁ、ほんと夫婦仲良くやっていかなきゃねぇ、なんて、つくづく思った次第です。

そして、今年は、土曜日ということもあって、家族で食事に出掛けてきました。
あいにく、外は雨&むっちゃ寒い、ということで、近場で美味しいお店へ~。で、私のリクエストで、
〝ケバブ屋〟! ←えぇっ、全く色気のない選択。

ディヤルバクルから引っ越して来て、そういえばまだまともなケバブ屋さんに行ったことがなかったのです。
ケバブの本場で、イヤという程美味しいケバブを堪能してきましたので、敢えてわざわざケバブを食べよう~って気にはならなかったんですよね、今まで。
でも、むずむずとケバブ魂が沸いてきまして、いさ!

行き先は、うちから歩いてでも行ける所。(でも、冷たい雨の中歩くのは無理なので、その日は車で)
カザンジュラル(Kazancılar)というケバブ屋さん。正式には、〝Tarihi Adana Kazancılar Kebapçısı〟(ターリヒリ・アダナ・カザンジュラル・ケバプチュス)。
そう、ケバブの本場・アダナケバブの美味しいお店なのです。

f0058691_7401343.jpgf0058691_7404165.jpg

(左)突き出しのルッコラとパセリとラディッシュと冷たい前菜(メゼ)。
メゼは、ブドウの葉のドルマ(Yaprak sarması)と、ほうれん草のオリーブ油炒め・ヨーグルトがけ
真ん中の白いものは、バターとトゥルム・ペイニル(Tulum peyniri)という羊の皮袋の中で作ったチーズ。
奥に見えるのは、中が空洞のパン(焼きたて熱々)。

(右)温かい前菜の、イチリ・キョフテ(İçli köfte)(※注1)と、パストゥルマ入りフムス(Pastırmalı humus)(※注2)。

f0058691_7411326.jpg

あまりにも美味しかったので、UPでいきます。
温かいフムス(ヒヨコ豆のディップ)にサッと焼いたパストゥルマが乗かっていて、オリーブ油とクミンがたっぷりとかかっていて、うーん美味!これは、ビールがすすみますねぇ。

この時点で、パンも食べてかなりお腹が大きくなってはいたんですけれど、メインははずせません。(子供も既にお腹がいぱいで、ケバブはいらないのでブドウの葉のドルマをもう一皿ちょうだい、でした)

f0058691_7414617.jpg

ダンナの〝アダナケバブ(Adana kebabı)〟。ちょっとピリ辛な挽き肉のケバブ。スパイシー&ジューシー。しかも、ボリュームもばっちり。挽き肉の挽き加減が絶妙で、スパイスの効き方もバッチリ!

f0058691_742955.jpg

こちら、私の〝鶏のアダナケバブ(Tavuklu Adana kebabı)〟。やはりピリ辛。でもちょっとあっさり系。
焼いた玉ねぎがまた、甘くて美味しかったぁ。

写真に撮ると、二つとも同じに見えてしまいましたね。ブログ的に如何なものかと.....。

このお店、アダナが本拠地ということで、流石に本場さながらの美味しさでした!
アダナケバブは、本場で食べて以来、他の町では食べる気にはならなかったんですよね。それほどに、本場のアダナケバブって美味しかったんです。でも、ここのは納得!

食べた・食べた!
で、苦しすぎて、デザートはパス。

ふぅーーーっ。楽しくって美味しいバレンタイン・デイでした! 016.gif

f0058691_7423957.jpg

このお店のケバブを焼く風景。炭火でジュージュー。



※注1 イチリ・キョフテ・・・挽き割り小麦とひき肉を練って生地にし、袋状にしたものの中に、ひき肉・玉ねぎ・砕いたクルミなどを炒めた具を詰め込んで、揚げたもの。ちょっとピリ辛。
※注2 パストゥルマ入りフムス・・・パストゥルマは、牛の塩漬け保存食。フムスは、ヒヨコ豆のディップ。


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
トルコ情報へ

人気ブログランキングへ
[PR]

by yokocan21 | 2009-02-17 07:46 | 普段生活  

今年の節分

我が家のカレンダー、サロンを除く全部屋に一つずつ掛けてあるんですけれど(台所も含めて)、それらは全て実家から送ってもらったもの。
そんなカレンダーの内の一つ、今年の2月の絵は『節分の豆まき』なんです。
それを早くから知った子供は、この日をまだかまだかと待ち続けていたのでした。
そう、〝豆まき〟!あれが、すこぶる楽しいらしんです。

で、今年もやりましたよ~、〝なんちゃって節分
f0058691_549521.jpg

今年の鬼のお面は、去年のに比べると、かなりほんわか系。
もちろん、去年と同じくネットでダウンロードです。
そして、楽しみだった豆まきは、あいにく大豆を切らしていたので、ピスタチオで。ちょっとトルコちっくな豆まきです。でも、大豆よりも美味しくって、ダンナも子供もはこの方がいい~と。
ほんと、わざわざ大豆を買いに行かなくって、正解でしたぁ。ま、ピスタチオだと全く意味なしだと思うんですけれど、そもそも手抜きの節分ですからね、これでいいんです~。

f0058691_5494069.jpgそして、恵方巻きならぬ、普通の巻き寿司
実は、恵方(今年は東北東ですね)に向かって、まるかぶり~、の予定だったんですけれど、子供の歯がね、かなり抜けているんです。(そういう年頃です)
なので、かぶりたくなーーーい、と。
 →→→切りました。

具は、卵、人参と干ししいたけの甘辛煮、キュウリ、カニかまぼこ、ツナマヨ。

一応、色的にはOKな感じなんですけれど、巻き巻きがヘタっぴーーーっ。
はぁ、これだけは何度やってもダメです.....。才能なし!



f0058691_550399.jpgこちらは、デザートの〝人参とリンゴのケーキ〟。

先日、yukacanさんのところで拝見したのを、少々アレンジしてみました。
油の量がちょっと多いかなぁと思いましたので、分量を減らし、その分牛乳を入れました。

以前から、人参+クルミ入り、リンゴ+クルミ入りのケーキはよく作っていたんですけれど、これは人参もリンゴも入って、益々栄養ばっちりなもの。
予想通りに、とぉっても美味しく出来ました!
yukacanさん、ありがとう~♪

そして、一日置いて今日食べると、もっともっと美味しくなっていました。



とまぁ、今年も楽しく節分を迎えることが出来ました!

ところで、うちの実家では、柊の枝葉に鰯の頭を刺したものを玄関に刺したり、ってこともやっていました。
結構、昔からの習わしは忠実にやっていたように思います。
そんな子供時代を思い出してみたり。なので、遠いトルコにあっても、一応は子供にも日本の習わしなどを教えていきたいなぁと思っています。
日本の行事って、子供と共に楽しめるものが多いのも嬉しいですしね。


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
トルコ情報へ
人気ブログランキングへ
[PR]

by yokocan21 | 2009-02-05 05:55 | 普段生活  

お誕生日会@ホーム

去る1月28日は子供の誕生日でした。早いもので、8歳になりました。
お誕生日会、実はなんと学校で済ませてしまいましたぁ。
トルコの学校では(って、小学校だけでしょうけれど)、クラスでお誕生日会をすることが出来るんです。ま、これも、担任の先生によりけりでしょうけれど。
今通っている学校では、放課後の復習クラスが始まる前にちょっとしたお誕生日会をすることが出来まして、希望者はクッキーやらパイ、ジュースを持って行って、クラスの友人達に祝ってもらえます。バースデイケーキは、クリームがベタベタとついたりこぼしたりするので、自粛です。

それで、1学期が終わるちょっと前に、お誕生日会をやってもらいました。
トルコは、1学期と2学期の間の2週間は冬休みになります。子供の誕生日はちょうどその休み中になってしまいますので、前倒しでやったというわけです。派手にならないように、プレゼントはなし。
えー、その時の様子は省略。

で、今日の本題。

学校でお誕生日を祝ってもらえて嬉しかったようですけれど、やっぱりバースデイケーキは食べたいもの。
そこで、昨日の土曜日に、同じイスタンブルに住むダンナの叔母さんご夫婦を招いて、誕生日パーティーをやりました。
叔母さんご夫婦はヨーロッパ側にお住まいで、同じ街とはいえ、間に挟まるボスフォラス海峡が邪魔をして(!)なかなかお会い出来ないので、これはいい機会でした。

これが今年のバースデイケーキ。サワーチェリーの入った、チョコケーキです。
f0058691_6461837.jpg


何だかわけわからん様相ですけれど、それもそのはず。
ケーキ自体は、お気に入りのケーキ屋さん「ベヤズ・フルン」で買ってきて、その上にピエロやら風船やらの飾りを子供が付けたんです。横には、メリーゴーラウンドも。
せっかく食べるのなら美味しいケーキじゃないとイヤ。でも、飾りも色々と欲しい.....。というわけで、二つの願いを合体した形がこれ。
ベヤズ・フルンのケーキは正統派ケーキで、ごちゃごちゃとしたトルコらしい飾りは付いていません。なので、ケーキ用の飾りを別に買ってきたというわけです。(ダンナが見つけてきた!)

パーティー料理は、メインに子供のリクエストで「鶏の丸焼き」。ニューイヤー・パーティーで食べて
美味しかったらしいので。これ、どさくさで写真まるっきり忘れていましたぁ。ま、前回のと同じ丸焼きです。

前菜には、〝ファヴァ(Fava)〟と、〝人参のおろしニンニク入りヨーグルト和え〟。ファヴァは子供の好きな前菜です。
f0058691_647536.jpg


それと、〝干しナスのドルマ・オリーブ油冷製〟。
f0058691_6473572.jpg

以前紹介しました、〝干しナスのドルマ〟は、挽き肉の入ったヴァージョンですけれど、これは、オリーブ油で煮た冷たくして食べるヴァージョン。
やはり、ちょっと酸っぱくて、ビベルサルチャ(唐辛子ペースト)のピリリが効いた、パンチのあるドルマです。
えーと、レシピ、ちょっと待って下さい。後日UPいたしますので。(って、こんなののレシピ希望な方、いらっしゃるんでしょうか)

それに、簡単なトマトのスープとサラダを作りました。

プレゼントももらって、美味しいケーキも食べて満足・満足な夕べでした~。

これが、プレゼント。
f0058691_648291.jpg

以前から欲しかった地球儀と童話の本は、叔母さんから。
ケーキの真後ろにあるのは、両親からのプレゼントで、人体の本。

この人体の本、なかなか良く出来たもので、体を骨・内臓・血管・神経・筋肉と、それぞれ模型と写真付きで説明してあります。人体の構造に興味が出てきたうちの子にはピッタリな本。
もう8歳ですし、そろそろおもちゃからは卒業ですよね。
(人体の本、中身はこんな感じ)
f0058691_650273.jpgf0058691_6502616.jpg



で、本当の誕生日の夕食は、といいますと、オムライスでした。
なんとも子供らしいリクエスト。ケチャップで自分の名前を書いて.....。でも写真なしです。


とまぁ、無事に8歳のお誕生日を迎えられて、よかった・よかった☆
この1年も、健康ですくすくと育って欲しいです。あと、もうちょっと勉強しっかりとやってくれるとなぁ。。。



ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
トルコ情報へ
人気ブログランキングへ
[PR]

by yokocan21 | 2009-02-02 06:54 | 普段生活  

ポカポカ陽気に誘われて

あまりにもいいお天気だったので、海岸沿いを散歩。2日前に続いて今日もまた。
ここ1ヶ月くらい、雨や曇りの日が多くって気分が凹み気味だったのが、ここ3日間は珍しくカラッと快晴♪とぉってもいい気持ち!

f0058691_4121735.jpg

この海岸沿いは、ゆったりとした遊歩道&芝生の公園になっていて、のーんびり散歩にはうってつけ。
自転車専用レーンもあって、健康志向な人にはもってこいの環境です。
途中の広場には、屋外で出来るフィットネス用具もたくさん設置されていて、皆さんせっせと汗を流しておられました。ワンちゃんのお散歩に来られてる方も多し。

f0058691_4124497.jpg

向こうに見えるのは、〝アダラル(Adalar)〟と呼ばれる、通称〝プリンセズ諸島〟。
一番大きくて見どころの多いビュック・アダ(Büyük ada)を始め、大小9つの島があります。私は、ビュック・アダに何度か行ったことがあるんですけれど、そこは自動車の通行禁止で馬車が行き交う、とっても素敵な可愛い島なんです。ビザンティン時代の教会もあったり、シーフードの美味しいレストランもあったりと、とっても楽しい場所。いつか紹介いたしますね。

f0058691_4131130.jpg

海岸通りに沿って、瀟洒な家が建ち並んでいます。

f0058691_413365.jpgf0058691_4135896.jpg

こちらは、近所のお花屋さん。季節柄、菊の花が多いです。
イスタンブルのこういう街頭のお花屋さんは、ロマ(ジプシー)のおばさんが多いんです。気さくな人たち。

f0058691_4143344.jpg

これは、帰りに買って帰った、アイワ・タトゥルス(Ayva tatlısı)。マルメロのシロップ煮。
ピスタチオと「カイマク(Kaymak)」というクリームがのっています。ちょっと甘いけれど、マルメロがトロトロに柔らかくって、なかなか美味しいトルコの冬のデザートです。(赤い色は、食紅で色づけされてますね)

はぁ、1時半ほどたっぷりと歩いて、いいエネルギーの消費となった筈が、こんなものを買ってては、全くの意味なし!これだから、痩せられないの~。   「あかんわ.....」047.gif


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
☆トルコ情報☆


☆人気blogランキング☆"


コメント欄、承認制にしましたので、よろしくお願いします♪
[PR]

by yokocan21 | 2009-01-23 04:19 | 普段生活  

カドゥキョイの食品市場

市場をブラブラって楽しいですよね!
うちから比較的簡単に行ける市場は、カドゥキョイ(Kadıköy)です。以前に魚屋さんのある市場として紹介しました、こちらです。
f0058691_5273335.jpg今日は、私の大好き、このカドゥキョイの市場をちょっと散歩がてら紹介してみます。

この写真、逆光なのか何なのか、暗くってよくわからないんですけれど、ま、狭い路地にたくさんの
食品関係のお店がひしめく、活気のある市場です。
えー、大阪の黒門市場っぽい雰囲気です。(すみません、ローカルで)



f0058691_5282335.jpg

まずは、もう既に何度もお邪魔していて、「行きつけ」になってしまった、スパイス&ハーブ屋さん
天井から吊り下げられた、干しナスや干し唐辛子の光景が嬉しいです。
間口の狭いお店には、所狭しとスパイスやハーブが並べられています。
このお店は、南東部地方・ガズィアンテップ(Gaziantep)産のスパイスや乾燥野菜をたくさん扱っていて、私の欲しい物が何でも揃うんです。(←南東部好きな私にぴったりなお店)
その日は干しナスを買いましたよ。もちろん、『干しナスのドルマ』を作るため。

f0058691_5285572.jpg右奥に吊られているものは、乾燥オクラ。
手前に吊られているものは、アジュル(acur)というキュウリに似た苦~い野菜の乾燥させたもの。
これらは、内陸部地方からのものです。

手前には、ガラス瓶に入ったスパイス&ハーブがずらーっ。
ここでは、ビベル・サルチャス(biber salçası)という唐辛子ペーストも買いました。

聞けば、ハーブの使い方など、親切に教えてくれる有り難いお店なんです。



f0058691_5294469.jpg

こちらは、とあるお店のチーズコーナー
ショウケースにデデーンと鎮座しているベヤズ・ペイニル(beyaz peynir)という白チーズを始め、全国各地のチーズをくまなく扱っていて、ここも既に何度もお邪魔しております。
お店にいるのが楽しくってしょうがない位に、色んな種類の食料品を扱っているんです。このお店、改めて別の機会に紹介することにしますね。

f0058691_5295436.jpg

トルコといえば、オリーブ
お馴染み黒いものや、ピンクがかったもの、紫色のもの、緑色のもの.....色んなオリーブがあります。もちろん、試食させてくれますので、気に入ったものを選ぶことが出来ます。
右手前奥に小さく見えるには、ブドウの葉っぱ。これで、お米やハーブなどを包んだ『ヤプラック・サルマ(Yaprak sarması)』が有名なトルコ料理の一つですよね。

f0058691_530022.jpg

ここにもありましたぁ~。羊の頭。
手前は、羊のレバー。
左手の白いものは、牛の胃袋です。(確か、第一胃袋です)これを使って、『イシュケンベ・チョルバス(İşkembe çorbası)』という、スープを作ります。うちのダンナの大好物。私は苦手.....。で、作ることもいたしません。
奥の方には、羊の足も見えますね。

f0058691_530785.jpg

これは、ある魚屋さんの店先にあったもの。
この魚屋さん、結構色々なシーフードを扱っていて、奥の冷蔵庫の中にはカラスミや魚卵なども置いているくらい、品揃えが豊富。
ちょっと珍しい、ホタテも売っていました。真ん中のムール貝と比べてみてもわかりますように、このホタテ、かなり小型です。これじゃぁ、貝柱は殆どないんじゃないか、ということで買わなかったです。しかも、1キロ=15TL(約825円)と、殻付きでこのお値段はちょっと厳しいですしねぇ。
右端は、牡蠣ですね。これも、かなり小型。
こういう貝類って、トルコ人は殆ど食べないんですけれど、最近のグルメブームでトルコ人の嗜好も変わってきているんでしょうか。

ということで、まだまだたっくさんのお店や珍しいものがギューギューにひしめき合っているこの界隈。一度に全部は紹介しきれませんので、続きはまた今度ということで。
この辺りには美味しいレストランも何軒かありまして(チェック入れてますよ!)、買い物ついでに美味しいものも食べて、とっても楽しい市場なんです。


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
☆トルコ情報☆


☆人気blogランキング☆"



こちらのトラックバック・コミュニティーに参加しています。
   ↓
世界の食材マーケット(市場)
[PR]

by yokocan21 | 2009-01-20 05:37 | 普段生活  

明けましておめでとうございます!

☆ 明けましておめでとうございます ☆

皆さま、どのような新年をお迎えになられましたか?

昨年も、大勢の方にブログに遊びに来ていただいて、本当にありがとうございました!
私の独断と偏向の塊のようなブログですけれど、訪ねて下さる皆さまとお話が出来たり、実際にお会いすることが出来たりと、楽しいことばかりです。
f0058691_1837276.jpg

さて、世間では、暗い話題や悲しい出来事が、あいも変わらず起こっていますけれど、気持ちは前向きに元気に過ごしていきたいものですね。
そして、何よりも皆が健康であって欲しいもの。
目を遠くへやってみると、争いのない平和な世の中が一日も早くやって来るように、祈るばかりです。

トルコでは、今年も恒例のイスタンブル・タクシム広場での年越しコンサートが中止になりました。
昨年は、年末から立て続けに起こったテロへの警戒のため。
今年は、パレスチナ・ガザ地区へのイスラエル軍の攻撃への抗議と犠牲者の追悼の意で。
このような理由でコンサートが中止になるという事実。トルコの、そして世の中の世情を現していますよね。

でも、新年の幕開けと同時に綺麗な花火がバンバン上がっていましたので、やっぱり華やかな気分になれるし、「おぉ~、今年も頑張るぞぉ~!」ってな気持ちにもなるもんです。

とまぁ、こんな年明けのイスタンブルから、毎年恒例・我が家の年越しパーティーの様子をちょっとお届けいたします。
本当はね、ホテルのニューイヤー・パーティーに行きたかったんですよね。でも、立て続けの引越しで出費が重なり、そんな贅沢は言ってられないことに。(トルコのニューイヤー・パーティーって、結構するのです)

f0058691_1838272.jpgということで、大晦日の晩は、こんな感じになりました。

メインは、鶏の丸焼き
スタッフィングは、メギーさんの感謝祭ターキーのものをちょっと真似てみました。
パンの替わりにお米を入れてみました。
オーブンバッグでじっくりと1時間45分。とーってもジューシーに美味しく出来ました!

あ、ワインは、カッパドキアの赤
トルコの内陸部の赤ワインは、なかなかに美味しくって、よく買います。白はエーゲ海地方のが美味しいと思うんですけれど、赤は内陸部のものがお気に入り。



f0058691_1839351.jpgf0058691_1839583.jpg

f0058691_18403282.jpgf0058691_18405414.jpg

f0058691_18412456.jpgf0058691_18414581.jpg

・上段左:鶏の丸焼き。
・上段右:野菜とチーズのケーキ。(こちらで紹介しています)
・中段左:プロシュート。(イスタンブルにはブタ製品があります)
・中段右:赤ピーマンとブロッコリーのサラダ。(赤ピーマンのサラダにブロッコリーも追加)
・下段左:シーフードサラダ。(冷凍のシーフードミックスを使用です)
・下段右:ザフテル(Zahter)。(こちらでも紹介しています、野生タイムの前菜。近所で買って来ました)

買ってきたものもあり、ちょっと手抜き感は否めないですけれど、でもまぁ頑張って作りました。
家族3人でこのボリュームは、とてもじゃないけれど食べきれず。残りは次の日のお昼ご飯に。


f0058691_18422533.jpgで、チーズも忘れずに。
「オールド・アムステルダム」と言う、オランダのハードタイプ。

ブリーかカマンベールが欲しかったんですけれど、生憎の売り切れで、替わりに買ったものがこれ。色々と試食をさせてもらいながら(赤ワインも一緒に!)、選びました。
ハードタイプだけど、長く熟成されているので濃厚でクリーミー。コクもあって、とっても美味しいのです!
近くのチーズ専門店には、ヨーロッパの色々なチーズも売られています。とっても有り難い存在!
(↑のザフテルも、このお店で売っていたもの)


f0058691_18435675.jpgで、トドメは、こちら。

新年のお祝いにケーキ?ですけれど、トルコではいたって普通です。

クリスマスのお祝いがないかわりに、新年のお祝いを盛大にする習慣がありますので、ま、クリスマスケーキの替わり、といったところです。
特別な日には、もちろん、ベヤズフルン(Beyazfırın)のケーキで。

サンタさんの乗ったクリスマスケーキも売られていたんですけれど、小さいサイズのものは既に売り切れてしまっていてアウト。今回は、ホワイトチョコとバナナのケーキです。

(飾りは子供が付けました。うちにあったもの)


もうね、これだけ食べると、お腹がはちきれそうでしたよ~~~。ひぃ~っっっ!
その日は、いつもは9時か9時半に寝ている子供も、新年の花火を見るんだぁなんて、頑張って遅くまで起きていたんですけれど、やっぱり睡魔には勝てず。惜しい~、11時半に寝てしまいました。

TVを観たりゲームをしたり、しとしとと降る雨を眺めながら、ポカポカ暖かい部屋で過ごす大晦日もほんわかとしていいものです。

ということで、楽しいパーティーも終わり、今日からはまた日常生活が始まります。トルコでは、元旦はお休みですけれど、2日からは普通に仕事も学校もあります。

それでは、今年もどうぞよろしくお願いいたします♪  056.gif


※トップの写真は、作家・澁澤幸子さんから頂いた、「赤べこちゃん」。首をゆらゆらと振って、可愛いのです。サロンに飾らせていただいています。ありがとうございました!


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
☆トルコ情報☆


☆人気blogランキング☆"

[PR]

by yokocan21 | 2009-01-02 18:49 | 普段生活  

青空市場を散歩

新しい町へ引っ越して来て、1ヶ月近くが経ちました。
荷物の片付けは適当に(笑)、近所をブラブラ。こういうのが結構楽しいんですよね。
ほぉ、こんな所に八百屋さんが。花屋さんがやけに多いなぁ。この美容院いい感じ。わぁ、オサレなカフェがぁ~。一番近いスーパーはここね。などなど.....。
色んな発見が楽しい日々。
でも。トルコの町にならどこにでもある筈の、あの、青空市場がない!

そうなんです。地区ごとに開かれる青空市場(トルコ語で〝パザル(Pazar)〟)が、この地区にはないのです。ディヤルバクルでは、ほん近所に青空市場が週1回立っていたので、暇潰しに出かけたりしてたんですよね。
旬の野菜や果物を見て周るのって、とっても楽しくって。しかも、スーパーや八百屋よりも安くて新鮮、ときたもんです。
そんな魅力的な青空市場~。それが、近くにないというのは、何だかつまらない。

でも、ご近所さんに訪ねると、隣の地区には青空市場が立つということなので、興味津々行ってみることに。
歩いては無理ですので、車でGO~。

まず、道を覆い被せるように張られた大きな天幕が目に飛び込んできます。
ここの辺りは、衣料品や布もののお店コーナー。なんちゃってナイキやアディダスのスポーツウェアなどがどっさり。
f0058691_20311978.jpg


歩き進んでいくと、野菜・果物コーナーが始まります。

今が旬のほうれん草カリフラワーイタリアンパセリレタスなどがドドーッと。
f0058691_2031521.jpg


こちらも、今が旬のミカン。三角の山積みがいかにもトルコらしい。リンゴも何種類も揃っています。
f0058691_20325273.jpg


こちらも、また旬の栗・栗・栗。店先に電気グリルを置いて、栗を焼いて試食させてくれます。私も1個頂き、納得して中型のを購入。(手前のはクルミ)
f0058691_20332111.jpg


こちらのお店は、ちょっと珍しい野菜を扱っていました。
f0058691_20335735.jpg
なななんと、コールラビがあるじゃないですか!しかも、白いのと紫の2種類も。ちなみにトルコ語は、コロラビ(kolorabi)だそうです。
コールラビの下にあるのは、「ペピーノ」という果物。糖尿病の予防にいいそうです。
下段真ん中の黒いものは「黒ニンジン」。食べたことがないので、どんな味かは「?」
右下にちょこっと見えているのは、トルコで「イェル・エルマス(Yer Elması)」というキクイモです。

こちらは、トゥルシュ(Turşu)。トルコのピクルス色々。
f0058691_20343171.jpg


スパイス・ハーブ・乾物屋さん
吊るされているのは、乾燥ナスや唐辛子。手前は乾燥唐辛子。
その横にデーンと積まれているのは、リンデン(菩提樹)。煮出してお茶にします。(風邪予防にGood)
f0058691_2035842.jpg


こちらは、地元のおばさん達のお店で、手作りのパスタや、パン類を売っていました。f0058691_2035397.jpgf0058691_2036538.jpg

左側の写真:左手前は、エリシテ(Erişte)という乾燥パスタ。おばさんが商品出しをしているのは、パズラマ(Pazlama)というパンの一種。
右側の写真:焼きたてのボレッキ(Börek)。パイのようなものです。美味しそうだったので、一つ購入。ほうれん草と白チーズ入りで、皮がサクサクとして、美味しかったです!

ところで今回、この青空市場へ出向いた理由は、大根と白菜のため。
北風が冷たく感じるようになってくると、おのずと大根と白菜が恋しくなるもんです。
大根は、大型スーパーで何度か買っているんですけれど、白菜はいまだにどこへ行っても見つからず。で、青空市場にならあるだろうってことで、行ってみたわけです。
・・・・・ところが。なーい。
隅から隅まで探しましたよ。でも、ない.....。
はぁ、以前イスタンブルに住んでいた時はよく見かけた白菜。どうして売っていないのか。
白菜求めてあっちこち。
(大根、とっても新鮮なのがありましたので、2本買って帰りました。おでんモドキになりました)


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
☆トルコ情報☆


☆人気blogランキング☆"

[PR]

by yokocan21 | 2008-12-06 20:40 | 普段生活  

お魚を買いに

ここのところ、ポカポカとお天気のいい日が続いています。その前の数日は北風の吹く冬本番か、と思われる気候だったのがウソのようです。
そんな日は、ちょっとお散歩がてら町へブラブラと出かけて行きたくなるもの。
今住んでいるところは住宅街ですので、近くに商店街などがなく、ちょっと寂しいものです。なので、賑やかな市場が恋しくなったら、バスに乗り中心街へ。

ここから一番近い中心街といえば、カドゥキョイ(Kadıköy)です。
バス一本で行けるので、とっても便利。船がたくさん行き来する桟橋もあって、活気ある明るい町ですよ。
f0058691_5242539.jpgf0058691_524552.jpg


上写真は、カドゥキョイ(Kadıköy)の中心地。右の写真、教会が見えます。正教会の教会です。ビザンティン帝国時代は、「カルケドン」と呼ばれていた町の名残。アジア側にも、教会はたくさん残されています。

で、先日は、新鮮なお魚を買いに、ちょっくらカドゥキョイまで。
狭い路地には、魚屋や八百屋、乾物屋、小さな食堂やカフェなど、ダダダァーっと並んでいます。
威勢のいい掛け声が、あちらこちらから。自然と、気分も高揚・ウキウキしてきますねぇ。
f0058691_5294756.jpg

f0058691_5302491.jpg

馴染みのお店はまだないですので、ブラブラと歩いて気に入ったお店でお買い物。
大きな魚は気分ではなかったので、小型~中型の魚をチェック。

この日のお気に入りは、〝チネコプ(Çinekop)〟という、アジの仲間(だと思う)。
お店のおじさんが、「朝は10YTLだったのが、今は8YTLだよーーー!」なんて言うものだし、これはもう、買うしかないでしょ!
(魚屋さんでは、ある程度の値以上のものは、内臓処理もしてくれます)
f0058691_5314538.jpg

身が柔らかくって、甘味のあるとっても美味しい魚です。
これ、出世魚で、少し大きくなると〝サルカナート(Srıkanat)〟、もう少し大きくなると、高級魚として有名な〝リュフェル(Lüfer)〟という魚になります。リュフェルより大きいものは、コファナ(Kofana)という大型魚です。

f0058691_5322076.jpgで、早速調理。

といっても、塩をしてフライパンで焼くだけ(爆!)。

ローリエがあれば、お腹の中に入れて焼くんですけれど、あいにく切らしていたので、パス。
それでも、新鮮なお魚はシンプルに焼いただけでも、とぉっても美味しい~♪
1kgを買って15匹、家族3人でたいらげました。

(右上の緑の塊はルッコラ。トルコでは、魚と一緒に食べる定番野菜)


ところで、
写真を撮ってから気が付いたんですけれど、さ・魚の向きが.....。逆~!わちゃーっ。
ま、トルコでは、頭の向きなんて全くどうでもいいですので、そんなこと気にしない・気にしない!

ってことで、やっぱり海辺の街はいいなぁ~、お魚が美味しいなぁ~、という嬉しい気持ちを綴ってみました♪


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
☆トルコ情報☆


☆人気blogランキング☆"

[PR]

by yokocan21 | 2008-12-03 05:38 | 普段生活  

渡り鳥

なんとか復活いたしました!
引越しに次ぐ引越しで、もう当分の間は荷造り&片付けはしたくなーい、気分。かなり疲れます。
今はやっと落ちついてきたところ。まだ段ボール箱は少々残っているものの、当分は使わない物ばかりなので、まぁどうでもいいや、と放ったらかしです。

で、一応は引越し完了~!ということで、晴れて「引越し終了祝い」と称して、家族で美味しいケーキを買って来ました。(先週の話になるんですけれどね)
前にイスタンブルに住んでいた時からの、私の大好きなケーキ屋さん。なんと、今住んでいる所から、歩いて行ける程の近さなんです。うっひょひょ~。
今回は、ザッハトルテ風のチョコレートケーキ
f0058691_6104723.jpg

ベヤズフルン(Beyazfırın)というお店なんですけれど、ここのは、トルコらしくなく甘さ控えめで、日本のケーキにも匹敵するほどの美味しさなんです。
しっかりとケーキを作ってる~って感じのお店です。
ケーキ屋さんと私は呼んでいるんですけれど、パンやボレッキ(トルコのパイ)、クッキーやチョコなども多数売られていて、なかなかお店から出てくるのが大変なほど、美味しそうなものばかりが揃っているんですよ。
ここに引っ越してきて、もう既に何回か通っています。へへへ。

~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ 

そんなこんな、片付けの続く日々の、ある日の出来事。

子供部屋で宿題をしていた子供が、大声で「ママーーーッ!」と叫ぶではありませんかぁ。
ひゃー、何事かと聞いてみると、「鳥がもの凄いことになってるーーー!」とのこと。

「.....。鳥ぃ?」

で、子供部屋に行ってみると。 ↓
f0058691_685874.jpg

アパートの裏庭、一面が、鳥・鳥・鳥!!!

な、何これぇ~? ぎゃーーーっ!

スズメより一回り大きい位の鳥たちが、一斉に地面に降り立ってきては何かをついばみ、また一斉に飛び立ってゆく.....。
大空を数回旋回してきては、また地面に降り立ってくる。
そしてまた飛び立つ。
これを何回か繰り返しては、徐々に西の方角へと移ってゆく。

うちの裏庭の辺りにいたのは、ほんの5分くらいでしょうか。
何千・何万羽という鳥たちの、渡りの瞬間だったのです。
f0058691_694233.jpg

これは、先週の日曜日の出来事。
その日の前日は大荒れの天候で、嵐のような風雨でした。そして、日曜日は気温がグンと下がり、一気に冬に突入した感じだったんです。
それを機に、鳥たちは一斉に渡りを始めたようです。

f0058691_6101290.jpg葉を落としかけている木の枝にも、無数の鳥たちの姿が。


ただ、何という鳥なのかは、全くわからないです。黒っぽい、スズメよりは一回り大きい鳥。


【追記】
madamkaseさんより、この鳥の正体がわかりました。
〝ホシムクドリ〟なのだそうです。
トルコ語では、スーゥルジュク(sığırcık)。



飛び立ってゆく方向を眺めていると、海沿いに西の方へ。マルマラ海を横断、トルコの大地を縦断、はるかアフリカの方まで飛んでいくんでしょうか~。
信じられない程の長旅であることは確かです。どうか、無事に越冬地へと辿り着いてくれますように!

生まれて初めて見る、渡り鳥の渡りのシーン。なんだかとっても感動的なものでした。
子供も、不思議な光景にしばし我を忘れて見とれていたようです。

渡り鳥の移動の苦労を考えれば、私たちの引越しなんて、まーったく大したことじゃぁないですね。

ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
☆トルコ情報☆


☆人気blogランキング☆"

[PR]

by yokocan21 | 2008-11-30 06:14 | 普段生活