カテゴリ:その他料理・飲み物( 21 )

 

イスタンブルでインド料理

またしても食べ物のお話。
本当は、色々と書きたいこともあるんですけれど、最近なぜか全くまとまった時間が取れないんです。調べものとかって、結構時間のいるものなので、その内時間が出来たら...........。
これ、だーいぶと前のネタですけれど、まぁいいっか、ということで。

今回はインド料理
日本でのことではないです。ここイスタンブルでのこと。
そう、イスタンブルには、少ないながらもエスニック料理のレストランがあるんです。10年程前なら考えられないことですけれど、最近は、インドやタイ料理のお店が数件ですけれど、あるんです。
f0058691_7632.jpg

食には保守的なトルコ人ですので、日本のようにエスニック料理が皆に浸透するまでは相当な時間がかかるでしょうね。もしかしたら浸透なんてせずに、今と変わらず、あくまでも外国人と一部の物好きトルコ人だけのもの、というカテゴリーのまんまかもしれません。
ま、なんでもいいんで、トルコで大好きなエスニック料理が食べられるーーーというだけで、私は大満足~。

場所は、新市街・トゥネル(Tünel)。「トゥネル(Tünel)」という名の、全長たったの573メートルという地下鉄の駅からほど近い場所です。

まずは、“ライタ(Raitha)”。
食べに行った日は、まだ夏の陽光残る9月でしたので、こういうヨーグルトベースのサラダが嬉しいです。
f0058691_763474.jpg



サモサ(Vegetable Samosa)“。
ちょっぴりピリッと、そしてハーブも効いて。うーん、ビールが欲しかったぁ。このお店、何故かアルコール置いてないんです。
f0058691_77440.jpg



ラムのサブジ(Lamb Sabzi)”。
こういう煮込み、大好きなのです! 意外とあっさりでした。(上に乗っているのは生姜)
f0058691_774019.jpg


f0058691_781334.jpg

チキン・ビリヤーニ(Chicken Biryani)”。

バスマティライスに隠れて鶏肉が見えないです。(ブロガーさん、ちゃんと写真撮りましょう!)
これも美味しかったなぁ。コクのあるお味で。


f0058691_785847.jpg

クルフィ(Kulfee)”。

私の大好き、インドの濃厚アイスクリーム♪ トルコでクルフィを食べられるだなんて、夢のようなお話。


このほかに、ナンとマンゴー・ラッシー。 そして、食後はお決まりの“マサラ・チャイ”で。(写真なし)



子供をダンナのお叔母さんちに預けて、ダンナと久しぶりのデートでした。
このインド料理は、ダンナのかねてからのリクエスト。というのも、私&子供が日本に行っている間は、毎日トルコ料理三昧だったダンナ。一緒にご飯を食べに行く友人たちに、エスニック料理好きな人はいず。実家に行ったら母の手料理の日々。そんな毎日を過ごしていたわけです。
たまには、外国のお料理も食べたいダンナにとって、ひたすらトルコ料理三昧というのは、少々食傷気味だったようです。
「彼の唯一の外国料理好き仲間=私」、という、少々気の毒な状態であるんですね。なので、私の帰国を首を長~くして待っていた、というわけ。(笑)

このお店は、オーナー兼シェフがパキスタンの方で、よって出てくるお料理は本格的。しかも、この場所にありながら、料金設定も良心的ということで、私たちの大好きなレストランでもあるんです。
ジハンギル(Cihangir)にもお店がありますよ。

f0058691_794711.jpg

この階段を登り切ったところにある、小さなレストラン。
トゥネルの駅方面からだと、この階段を上ることはないです。



タジ・マハル(Taj-Mahal)
Asmalı Mescit Mah. Nergiz Sok. No:4/A Tünel Beyoğlu İSTANBUL
0212-293-6600




続きがあります。↓

ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
トルコ情報へ

続き:トルコ料理とインド料理
[PR]

by yokocan21 | 2010-11-09 07:17 | その他料理・飲み物  

フォアグラ?

昨日までのポカポカ陽気とは打って変って、今日は朝からどんより曇り空。しかも、また寒さがぶり返しています。
あー、このまま春真っ盛り~と思うのは、まだちぃっと早かったようです。

こんな冴えない天候の日だから、気分も晴れやかに(?)美容院へ行ってきました。
今までのカラー、ちょっと明るすぎるかなぁと思っていたんで、ちょっと濃い目に変えようと思って。
..........が。今までと全く変わっていません。
何度も何度も、濃い目の色で、、、、と、美容師さんと選んだはずなのに、何故。
じゃぁ、もう一度やり直しましょう、と言ってくれたんですけれど、じぃっと座っているのが苦痛なので、やめました。また暫くは、この明るい目の茶髪でいくことに。
ま、トルコって、金髪やかなり明るい茶色髪の女性がもの凄く多いですので(殆どはカラーリング)、私のこの茶髪なんて、暗い目の色にしか見えないんですよね。
横に座っていたおばさんなんて、「あなた、その色、すっごいいいわよ~。むしろ、もっと明るくしてもいいくらい!」ですって。ちなみに、そのおばさんは、見事な金髪に染めてもらっていました。

あぁ、トルコでは、なかなか思うような色に染まってくれません。

戯言はこのくらいにして、っと。


f0058691_713671.jpgたまに作るパイ。冷凍パイシートを使うと、超簡単。
トルコのパイシートは、塩味が結構付いているので、アップルパイなど甘いものには向いていないと思うんですよね。
ですので、もっぱら塩味系のものばかりを作っています。

今回は、珍しく、〝フォアグラ〟入り!

写真、ボケていますけれど、真ん中の茶色いものがフォアグラ。
炒めたほうれん草も一緒に入れました。

くぅ~っ、美味しかったです!



フォアグラといっても、このような代物。
f0058691_7134665.jpgf0058691_714735.jpg

近所のデリカテッセンで、たまたま見つけたもの。ドイツからの輸入物なんだそうです。
ガチョウの肉やフォアグラ、豚肉、豚レバー、スパイスの入ったペーストです。
これねぇ、以前に買って気に入ったので、今回まだ在庫があったんで、再度購入。
コッテリ、レバー好きな私には、もってこい!

(ちなみに、うちは豚ちゃん、全く問題ないんです)

f0058691_7145250.jpgそのまま、パンに塗って食べても美味しいです。
パンは、ライ麦パンで。
近所のパン屋さんのものです。


f0058691_715245.jpg

で、そろそろ旬かなぁ、という〝イチゴ〟♪
小粒で、甘味があって、美味しかった~!
これから、イチゴもどんどん甘味が増して、美味しくなっていきます、楽しみ~。


手抜き記事ですみません。


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
[PR]

by yokocan21 | 2010-03-25 07:19 | その他料理・飲み物  

豆ラー絶賛・モルドヴァ風のお豆さん

ことの始まりは、こちら → melocotonさんのこの記事
モルドヴァ風隠元豆と野菜の炒め煮。元ネタは、越後屋さんのこの記事です。

f0058691_19202485.jpg

ぬぬぬっ、これは~、美味しいに違いない!と、目を付けておりました。
そしたら、何と、仲良しブロガーさん達が、次々とこのお豆さん料理を発表されては絶賛されているでは、ありませんか。
ninuckeyさんの。poronlihaさんの。tugukiさんの。
トルコに来てからは〝豆ラー〟を名乗る私としては、無視できない存在。遂に作ってみましたよ! ただ、インゲン豆が切れていましたので、巨大白インゲン豆(大福豆)で作ってみました。

もうね、予想を大幅に上回る美味しさ!
お豆さんの旨みに加えて、人参と玉ねぎの甘味がギュ~ッ。
そして、これが結構なポイントとなっているであろう、ニンニク。かなりな量が使われているんですけれど、全く嫌味じゃなく、ものすごくいい仕事してくれています。

いたってシンプルなお料理なんですけれど(味付けは塩のみ)、シンプルさゆえの美味しさ。
これ、どんどんリピートしちゃいますよ~。

この美味しさを世界に発して下さった越後屋さん、そしてmelocotonさんはじめ仲良しブロガーの皆さん、ありがとうございました! 

~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~


これだけだと何となく淋しいので、こんなの載せてみます。

f0058691_1919183.jpgf0058691_19192620.jpg

せんとくんクッキー』。
ご存知(?)、今年は奈良で『平城遷都1300年祭』が行われるんですけれど、これはそのイベントのマスコット・キャラクター。
まさか、せんとくんが我が家にやって来るとは思いもよらなかった.....。しかも2箱も。
先日、実家から食料品やら何やら色々と送ってもらったんですけれど、その箱の中に入っておりました。
それにしても、ビミョーなお姿。いや、はっきり言って、キショイ。(←こんな言い方しますか?大阪限定でしょうか)
で、肝心のクッキーはといいますと、まぁ、普通に美味しいです。主に、子供のおやつです。

ところで、この平城遷都1300年祭。この春から色々と催し物があるそうで、この夏里帰りした際には、子供と一緒にあちこちうろついてみたいと思っています。ちょっと楽しみ♪


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ


こちらのトラックバック・コミュニティーにも参加しています。
   ↓
豆ラーさんたち、この指止まれ~!

[PR]

by yokocan21 | 2010-02-23 19:28 | その他料理・飲み物  

スモークサーモンの押し寿司

私の作る〝家庭料理〟は〝トルコ料理〟と言っても過言ではないんですけれど、でも、やっぱり子供の頃から食べ親しんできた味は、手放すわけにはいかないです。

久々にお寿司を作ってみました。
f0058691_5103831.jpg

スモークサーモンの押し寿司

大きなスーパーでは、スモークサーモンも売られていますので、たまに買っています。
オードブル風にサッとマリネにしたり、サラダにしたりと洋風に食べることが多いんですけれど、今回はお寿司。

2段構成で、間には薄切りさらし玉ねぎにマヨネーズとコショウを和えたものとサーモンを挟みました。
スモークサーモンには、ケイパーとディル、ということで、飾りにちょっとあしらってみて。絶妙の美味しさでした~!

ちなみに、押し寿司器は日本から持ってきましたよ。

f0058691_5112290.jpg
計画性のない性格なもんで、終始この押し寿司に係りっきりで、汁物のことはすっかり抜け落ちてしまい、慌ててインスタントものを出してきて、お茶を濁してしまいました。

超手抜き・お味噌汁。

一応、道場さんのお味噌汁。
お味噌汁の写真はなしです。


f0058691_512293.jpgその日はデザートも有り。

近所にオープンした、フルーツを使ったデザートショップにて購入。
そのお店、ドライフルーツやフルーツジュース、ワッフルなんかを売っているんですけれど、私としての目玉は、このチーズケーキ。

知る人ぞ知る、『Maria's Cheesecakes』のチーズケーキを扱っているんです。
アジア側・ベイコズにある、アメリカ出身のマリアさんが経営するチーズケーキ専門店の、あの美味しさが、こんなに身近な所で買うことができるだなんて~。もう、何度も通ってしまっています。
これは、フランボワーズのチーズケーキ

甘くなくって(これ重要)、アッサリ目なお味なのがお気に入り。
最近は、トルコでもあちこちのケーキ屋さんやカフェでチーズケーキを食べられるようになりましたけれど、なかなかコレ!というものには当たりません。そんな中で、このチーズケーキは、日本のケーキ屋さんにも匹敵するほどの美味しさ♪


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ
[PR]

by yokocan21 | 2010-01-21 05:16 | その他料理・飲み物  

最近作ったもの

今日もう一本目の記事はこちら。

あまりにもサッカー&F1に偏ったものですと、皆さん引いてしまわれると思いまして。
・・・というか、実はこちらをメインに書くつもりだったんですけれど、いかんせん自分の世界にはまりすぎてしまい、収拾がつかなくなってしまいましたので、こちらは別記事にした、というわけです。

ブログをお休みしている間も、普段の生活は続いていたわけでして(当たり前)、ってことは、お料理も適当に色々と作っていたというわけでして。
そんな中から、写真撮れた範囲で載せてみます。こんな大々的に載せる程のものでもないんですけれど、その辺りはご了承を.....。

f0058691_1841988.jpg

まず、子供の大好きな炒り豆腐
日本に帰った時は、何度も何度も母に作ってもらうという代物。あっさりとして美味しいですよね。
豆腐は、大型スーパーで売っている、長期保存パック入りのもの。ヨーロッパからの輸入ものです。ま、何も期待しないで食べるとそれなりに豆腐ですけれど、これを冷奴で食べようとは思わないですね。
なので、うちはいつもマーボー豆腐とか、炒り豆腐とか、こういうお料理にして食べています。ないよりマシ!これはこれで、結構美味しくいただけるので、一応は満足。
でも、子供いわく、「ばぁばの方がずぅっと美味しい!」ですって。はぁ.....。


f0058691_18414421.jpg

こちらは、サケをフライパンで塩焼きにしただけのもの。プラス、〝グリーンピースのグラタン〟と、〝人参入りのポテトピューレ〟。
グリーンピースのグラタンは、グリーンピースを蒸して水切りしてからディル入りのホワイトソースをかけて、チーズもかけてオーブンで焼いただけ。でも、グリーンピースの甘味とディルの香りがとっても美味しく、耐熱皿いっぱいに作ったものが、あっという間になくなってしまうほどの人気ものなんですよね。

f0058691_18421589.jpgまた魚。
イワシのほうれん草巻きオーブン焼き〟。
そろそろ旬のイワシ(サーディン)。これを見ると、以前住んでいたゲリボル(Gelibolu)を思い出します。
ダーダネルス海峡沿いのゲリボルは、イワシの産地。夏にはイワシ祭りが行われる程によく捕れる魚なんです。
栄養価も高い魚ですいので、新鮮なのを見つけるとよく買います。

今回は、中骨と尻尾を取り除いたものに、茹でて水気を切ったほうれん草をクルクル巻き、上にチーズとパン粉、バターを乗せてオーブンで焼きました。
あっさりと食べれて美味しいんですよ。

でも、子供には不評。そういえば、ディヤルバクルではイワシは手に入らなかったですので、このお料理は作ったことがなかったですね。ほんの小さな時に食べさせたことがあった位で、子供としては、何だか不気味なものに見えたようです。今度からはフライにしてくれ~、だそうですわ。

f0058691_18425821.jpg

最後は、トルコの夏の定番。
サヤインゲンのオリーブ油煮・冷製〟。『Zeytinyağlı Taze Fasulye(ゼイティンヤール・ターゼ・ファスリイェ)』。
とにかく夏の我が家の定番です。
あっさりトマト味のくたくたサヤインゲンが、何ともいえぬ美味しさ。
特にダンナの大好物で、これさえあれば何もいらない、って位に好きなんです。レモンをギューッと絞って、お皿いっぱいガシガシ食べています。
これからの暑い季節は、こういうオリーブ油を使った冷たいお料理が食卓にドンドン並ぶこととなります。野菜中心でヘルシーなトルコ料理ですね。

これ、作り方は、今度改めて書かせて頂きますね。日本でも最近は、「モロッコインゲン」というものが出回っていますので、あれを使うと簡単に出来ますよ。

ということで、サラッといってみました。


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
トルコ情報へ

人気ブログランキングへ
[PR]

by yokocan21 | 2009-06-04 18:47 | その他料理・飲み物  

最近作ったもの

ここイスタンブルは、このところ寒波の影響で、雪もちらつくほどの寒い日が続いています。
今日も、昼間、ちらちらと小雪が舞っていました。
この寒さに加えて、足の指のケガということで、おうちに篭る日々。ストレス解消のため(?)、ちょこちょこと何やら作っております。
今日は、そんな中から少し載せてみます。

f0058691_6304436.jpg

まず、salahiさんのレシピで、キャベツたっぷりごはん。 ↑

これ、写真を拝見して、〝絶対に美味しいはず!〟と確信して作ってみたら、予想通りの美味しさ!
キャベツがたっぷりと入っていますので甘味があって、トマトの酸味と程よくマッチして、爽やかさいっぱい。いくらでも食べられそうです。
とっても気に入ったので、すでに2度目の登場です。(この2度目の時は、勝手にツナ缶も入れました。これも、美味しかったですよ)
salahiさん、、いつも美味しいレシピをありがとうございます!


f0058691_6311489.jpg

次は、ちょっと柔らかくなってきたリンゴを消費するために作った、アップル・クランブル。 ↑

我が家は、特に私と子供が、リンゴは固め&酸っぱめが大好きですので、柔らかかくなってきたら、すぐさまこのようなデザートへと変身させてしまいます。
焼きリンゴも美味しいんですけれど、このクランブルも大好き!簡単に出来てしまうところも嬉しいんですよね。冬場の定番デザートとなっています。

【追記】 作り方を教えて~と、お友達よりリクエストがありましたので、追記しておきます。 ↓

f0058691_6314850.jpg

こちらは、クルミとレーズン入りのカップケーキ。 ↑

f0058691_6321034.jpg最近買った、シリコン製の型が大活躍。
トルコの型ですので、かなり大きめです。
これ一個食べたら、結構お腹にきます。

レシピは、普通のパウンドケーキと同じで。
今回、ちょっと膨らみすぎて安定感悪いんですけれど、お味はOK。



まぁ、こんな感じです。

*:…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:…:*:……:*:…:*:…:*:…:*:…:*:……:*:…:*:…:*:…:*

早いもので、今年も残すところあと2日。
今年最後の更新となります。

何やら物騒な幕開けで始まった私の2008年ですけれど、振り返ってみると、やっぱり今年も楽しく・素敵な1年だったように思います。
ま、悪いこともすぐに忘れてしまう、という楽観的な性格なもんで、毎年「良い1年」で締めくくってしまっています!

皆さまの2008年はどんな年でしたか?

いつも訪問下さる皆様には、励まされたり、感動をもらったり、色んなことを教えてもらったり、はたまた笑わせてもらったり!
本当にありがとうございました!今年も1年、色々と楽しいお付き合いをさせて頂きました。
こんな、のらりくらりなブログですけれど、これからもよろしくお願いいたします♪

それでは、年明けにまたお会いいたしましょう~。
皆さま、良いお年をお迎え下さいね☆ emoticon-0157-sun.gif


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
☆トルコ情報☆


☆人気blogランキング☆"


《アップル・クランブルの作り方》
[PR]

by yokocan21 | 2008-12-30 06:40 | その他料理・飲み物  

イスタンブルで韓国料理

今日のネタ、かなり古いもので申し分けないです。
えー、ここに引っ越して来る前のことですので、もう1ヶ月半も前(!)のこと。〝ふっるぅ~!〟と、がしがしツッコンでいただいて結構です。
でも、楽しかったし、美味しかったので、無理矢理載せてしまいます(爆!)。

以前住んでいたディヤルバクルにお仕事で来られた際にお会いした、イスタンブル在住のSさんと、再開をしたんですよね。
私がイスタンブルに越してきてすぐに連絡を頂いて、会おう・会おうと言いながら、なかなか時間が合わず、ついに再会と至ったんです。わぁ、2年ぶり近かったかな。嬉しかったなぁ。
その日は、韓国料理屋さんへGO!
(近くに韓国料理屋さんがありますよ~と教えてもらったので、すかさずリクエスト!)

旧市街の観光地・スルタンアフメット地区には、韓国料理屋さんが、なぁんと4軒もあるそうです。
最近、韓国からの観光客が急増していますから、ふーん納得です。観光地で見かけるアジア人って、以前は日本人が圧倒的に多かったんですけれど、最近は韓国人(特に若い人)がとっても多いんです。

余談ですけれど、スルタンアフメット(Sultanahmet)地区の有名なものを。ちょっとだけ紹介。
f0058691_7185496.jpgf0058691_719191.jpg

f0058691_720622.jpgf0058691_7352279.jpg

・左上・・・アヤソフィア(Ayasofya)
・右上・・・スルタンアフメット・ジャーミィ(Sultanahmet Camii)
・左下・・・屋台の焼き栗屋さん(秋から冬の風物詩)
・右下・・・アフメットⅢ世の泉亭(Ⅲ. Ahmet Çeşmesi )

~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ 


余談はさておいて、本題。
連れて行ってもらったお店、名前は忘れてしまいましたけれど、韓国の方がやってらっしゃって、とっても懐かしいお味に舌鼓~♪

私は、『豆腐ステーキの定食』
f0058691_7144821.jpg

自家製の豆腐に、あんかけ野菜炒めがかかっています。白いご飯が嬉しい!家庭料理風で、あっさりと美味しかったです。
キャベツの千切りも嬉しかったです。でもフライドポテトはいらなかったと思いますけれどね。
真ん中のタレは、チヂミ用のもの。

こちらが、その『チヂミ』
f0058691_7152372.jpg

私、チヂミって大好きで、定食にはチヂミが付いてくる、とメニューにあったので、敢えて定食を
選んだのです。でもこのチヂミ、忘れられていて、催促してやっと持ってきてもらったもの.....。
もっちもち、美味しかった~!

こちらは、Sさんの『豆腐チゲ』
f0058691_7155596.jpg

湯気が立ってますねぇ。熱々の土鍋に豆腐がたっぷり。かなり辛かったようですけれど、辛いもの好きのSさんは難なく完食されていました。

こちらは、チゲに付いてくる突き出し(?)。小皿料理の数々です。
f0058691_716284.jpg

キムチや水キムチ、ほうれん草のおひたし、ゆで卵の甘辛煮など、どれもこれも美味しかったです!
Sさんの分なのに、遠慮なくガシガシいっちゃって.....。ごめんねぇ~と、後で反省です。

やっぱりアジア料理は落ち着きますね~。
美味しいお料理と、楽しいお話に、あっという間に時間が過ぎてゆき。で、その後は近くのSさん宅にお邪魔させていただきました。
生後まだ2.3ヶ月の可愛い仔猫ちゃんに会いに!

ほぉんっとに可愛い子で、初対面なのにとってもなついてくれて、私が雑誌を読んでいると、気が付くと膝の上に乗っかてるではないですかぁ~。えぇーーーっ、こんな人懐っこい猫ちゃん、見たことなーい!
お茶を飲みながら、日本の番組のビデオ(古っ!DVDです)を見せて頂いて、猫ちゃんと戯れていると、アッという間に夕方。
子供が学校から帰って来るんで、その時間までには家に帰っておかないと。

あーん、猫ちゃんの写真、すっかり撮り忘れ。あぁ.....。将来がとっても楽しみな、人懐っこい美形ネコちゃんでした。

そして、お土産に、うちの子にと日本のスナック菓子を下さって、感激しながら家路についたのです。
Sさーん、その節はどうもありがとうございました!また会おうね♪ 今度はアジア側へいらしてね!


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
☆トルコ情報☆


☆人気blogランキング☆"

[PR]

by yokocan21 | 2008-12-23 07:39 | その他料理・飲み物  

東トルキスタン(ウイグル)料理

昨日のお昼は、とぉっても素敵な&ディープな体験をしてきました。(〝ディープな〟という言葉に反応されてる方、多そうです!)

私の大好きな作家・澁澤幸子先生からお電話を頂いて、「明日、そちらの方へ行きますから、ご一緒しませんか~」というお誘い。きゃーーっ。
澁澤先生は現在イスタンブルに滞在中でらして、2週間ほど前に始めてお会いして、色々と楽しいお話をたっくさんさせて頂いたんです。
イスタンブルに来られた時はいつも泊まってらっしゃるホテル(このホテルがまたすっごく素敵なところなんですよ~)をあちこち案内して下さって、しかも美味しいランチまでご馳走になってしまいました♪
そして、著書を3冊もプレゼントして下さったんです~♪ (※↓の追記で紹介しています)
きゃーん、感激でした!

そして、その後またお会いするチャンスがあったんですけれど、あいにくの子供の病気でお流れになってしまい、で、今回再びお誘いして下さったんです。(嬉)
そして今回は、イスタンブル在住のライター・madamkaseさんと、madamkaseさんのお友達のSさんもご一緒ということで、うひょひょ~、ウキウキ出掛けて行きました!
(下調べ下さったSさんとmadamkaseさんのご尽力に感謝いたします~)

行き先は、なんと、私の地元。うちから歩いて行ける距離に、今回の目的地があったのです。

さーて、どんな所でしょう。

ちょっと珍しい、『東トルキスタン料理』のお店なんですよ!
えっ、東トルキスタン? どこそれ?・・・・ですよね。
現在は中国の自治省となっている〝新疆ウイグル自治区〟のことで、そこに住む人達(ウイグル族)は、自分達の土地のことを、こう呼んでいるんです。
今私の住んでいる区には、この東トルキスタンから移住してきた人が大勢住んでらっしゃいます。
トルコ人は、ウイグル人とは親戚のようなもの。言葉も同じトルコ語系。そして同じイスラム教を信仰している、ということで、受け入れ国として最適なのかもしれません。
ユーラシア大陸の中央と西の端、シルクロードで繋がった濃い関係です。

※東トルキスタンに関しては、こちら を参照して下さい。詳しく載っています。また、ここの国旗(と言っていいのかな)は、トルコの国旗と全く同じデザインで、ベースの色がターコイズブルー。面白い。

さーて、目的のレストランでは、まず、これを食べなきゃ!の、ラグメン(Lagmen)
f0058691_2292940.jpg

手打ちのおうどんによく似た麺に、羊&牛肉の薄切り、ニンニクたっぷり、ピーマンやジャガイモなどの野菜のピリピリ炒め物をぶっかけて食べるんです。
まず、このように別々のお皿で出てくるんですけれど、炒め物を麺の上にドバーッとかけて。

f0058691_230139.jpg

ひゃーーーーっ、美味しい~!なんだか懐かしいようなお味。ちょっぴり中華っぽくもあり、でもトルコっぽくもあり。そして、辛さが全く嫌味でない。
お箸で食べるってところも嬉しいですねぇ。うわぁ、アジアだよぉ。

オーナーの方(勿論ウイグルの方です)と厨房の女性シェフのご好意で、厨房内も見せて頂きました。
f0058691_2305263.jpg

ラグメンを打っているところ。 ↑
中華麺の打ち方にそっくり。とっても素早くビュイーン・ビュイーンと麺が延びてゆく様子は素晴らしかったです。楽しそう~。
f0058691_2312466.jpg

こちらは、麺を仕込む様子です。 ↑
さっき、〝おうどんに似た〟と書いたんですけれど、実は作り方を拝見すると、〝素麺〟の作り方によく似ているんですよね。
練り込むときに油を使うんです。そして、手前のお盆の中にあるように、細く延ばしてからグルグル巻きにして寝かします。その時にも油を少量塗っていました。これを、延ばしていって、↑の写真のように細い麺にしていくんです。
わぁ、ウイグルと日本の素麺が繋がっているだなんて、感激です!奈良の三輪素麺の故郷が、あの辺りだったのかと思うと感激ですよねぇ。大陸文化、ここでも発見!

で、次は、マントゥ(Mantı)という、いわゆる水餃子。かなり大型です。
f0058691_2315913.jpg

トルコにもマントゥという食べ物があるんですけれど、これはその原型でしょうか。中央アジア各国でもよく食べられているものなんだそうですし、中華料理の〝包子〟や、ロシアの〝ペルメニ〟などもこの仲間でしょう。
マントゥはまさにシルクロードの食文化を、色濃く表しているものですよね。繋がっていますねぇ~。

中の具は、羊&牛のひき肉。手前の〝ラザ(Lasa)〟という唐辛子ペーストとお酢を付けて食べると、うーん美味!
とっても素朴な味で、中のお肉もジューシー。このラザという唐辛子、オーナーさんがたっぷりとお皿に盛ってくださったんですけれど、辛くて辛くて。ほんのちょっぴり付けて食べるのが精一杯でした。私としたことが.....。

そうそう、東トルキスタンでは、食事の時にお茶が出されるんですよ。カルダモン入りの香り豊かな
お茶で、胃にも良さそう。全員、何倍もお代わりしちゃいました。お茶椀も、東トルキスタンのもの。
こういうお茶碗でお茶をいただけるなんて、ほぉっと和みますねぇ。

最後に食べたものは、こちら。チョチェレ(Çöçere)というスープ。
f0058691_2322821.jpg

これ、中のメインのパスタがイタリアのトルテッリーニにそっくり。これまた、シルクロード食文化を感じさせてくれます。マルコ・ポーロによって中国からシルクロードを通って伝わったんでしょうかぁ。なんだかロマンです~。

唐辛子ベースのとっても辛いスープで、コクもあってハフハフ美味しかったです。
これ、体にもとっても良いそうで、風邪ひきの予防にもなるそうです。体がポカポカ温まって、風邪なんてひかないですよ~。

うわぁ~、食べました~。
途中、オーナーの方のお話も聞きながら(生い立ちや東トルキスタンのこと、ご自身はアーティストだってことetc.)、わいわい楽しく美味しい郷土料理。
シルクロードの奥深さを、今更ですけれど改めて感じることが出来た、午後のひとときでした。
小さい時から憧れ続けている、遥かかなたのシルクロード。その奥深い場所にある東トルキスタンという土地。自分の中の血がまたまた騒ぎ出しています。
いつかきっと自分であの空気を吸ってみたい。あの空気を感じてみたい。あの土にまみれてみたい.....。
ふわぁーーー。

こんな素敵なお店に連れて行って下さった皆様、ほんとうにありがとうございました!

余談なんですけれど、私の住む区には、東トルキスタン出身の人達を始め、中央アジアから移住してきた人達が大勢住んでらっしゃいます。道を歩けば、目の細いアジア顔をした人によく出会います。
食後、お茶をしたカフェで働く女の子二人も、中央アジア系。キルギスタン出身なんだそうです。
子供の通う学校には、カザキスタン系の子供達がいますし、アフガニスタン出身の人達も住んでいるようです。(以前、タクシーの運転手に「アフガニスタンかぁ?」と聞かれたことあり。濃いイメージのアフガニスタンですけれど、中には私達のような薄い顔立ちの人達もいるそうです)
シルクロード界隈からはるばるやってきた人達。トルコとの繋がりをすごーく感じます。

最後に、こちらのレストランの紹介をしておきます。

◆『İpek Yolu Restaurant』  (イペッキ・ヨルとは、まさに訳して『シルクロード』)
Nuripaşa Mah. 60.Sok. N:28/A Zeytinburnu İSTANBUL
GSM: 0536-250-8039

【追記】ご一緒させて頂いたmadamkaseさんのブログでも、詳しくレポートして下さっています。
炎の料理人〝ファイヤー!〟もあり(笑)。 こちらです。


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
☆トルコ情報☆


☆人気blogランキング☆"


【追記 : 頂いた著書】
[PR]

by yokocan21 | 2008-10-24 02:36 | その他料理・飲み物  

豆ラーのヒットおつまみ

サッカー好きにはワクワク楽しい季節ですね♪
それぞれの国のリーグ戦は佳境に差し掛かっていますし(もう既に優勝が決まってしまったリーグもありますけれど)、それに、チャンピオンズ・リーグもいよいよ決勝が戦われるのみ~。ワクワク☆
(今年は、マンチェスター・ユナイテッド VS チェルシーというイングランド勢同士の戦いです)
我が家は、リーグ戦のある週末はもちろん、チャンピオンズ・リーグのあるウイークデイも、サッカー三昧なのですよね。

そんなサッカー観戦@TVの時に欠かせないのは、何といっても〝お酒とおつまみ〟ですね!
ま、お酒といっても日本酒は手に入らないんで、軽くビールか、渋く(?)バーボンあたりが定番になっているんですけれど。
そこで、最近の我が家のおつまみヒット作を少し紹介いたします。

この時期にだけお目見えする、〝ヒヨコ豆ちゃんの若い枝〟。
薄い緑色のサヤには、ちっさなヒヨコ豆ちゃんがお行儀よく入っていて、とっても可愛いんです。そのまだ若い緑色したヒヨコ豆ちゃんをサッと湯がいてヨーグルトやターヒン(ゴマペースト)で和えたものがこちら。
f0058691_23522532.jpg

昨年のこの時期にもよく作っていた、あの代物です。
これが、んもう、たまらなく美味しくって、あっという間になくなってしまうんです。サヤから豆を出すのって面倒な割には、食べてしまうのはあっという間。はかないなぁ。

こちらは、昨年、楽子さんに教えてもらった、『焼きそら豆』。
f0058691_23532739.jpg

この焼きそら豆、今年はsalahiさんのところで連続してお目にかかって、豆ラー心がうずうず。そら豆の鞘が大きくなってきたのを見計らって、決行しましたぁ。
これ、網焼きにすると焼き色ももっと綺麗に出来るんですけれど、じっと焼くのが面倒だったので、
オーブンで焼いちゃいましたぁ。焼き色はいまいちですけれど、お味の方はキューーン♪美味しい~。
そら豆本来の豆豆しい美味しさがぎゅーっと詰って、これもあっという間になくなってしまいます。

で、もうひとつは、こちら。
melocotonさんの〝スモークド・パプリカのアーモンド〟。
f0058691_23542135.jpg

melocotonさんのブログでは、「茹でアーモンドにオリーヴオイルをまわしかけ、オーヴントースターでローストし、熱いうちに粗塩とスモークド・パプリカをまぶしただけ」とあるんですけれど、「茹でアーモンド」というものが売っていないんで、塩なしアーモンドを茹でて皮を剥いて作りました。
また、「スモークド・パプリカ」もこちらじゃ売っていないので、辛味の少ないチリペッパーで代用。
なんだか、本来のものとはかけ離れたものになってしまってますけれど、これはこれで、むっちゃ美味しいのですよ~♪
まさしく、〝やめられない・止まらない~♪〟。ちょっぴりピリッと、ひぃ~、危険だぁ。

ということで、お酒のすすむ、豆ラー度全開のおつまみでした。
お料理得意な皆さん、美味しいおつまみ、ありがとうございました!いや、おつまみ意外のお料理でも、いつもお世話になっています。emoticon-0110-tongueout.gif

ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
☆トルコ情報☆


☆人気blogランキング☆


こちらのトラックバック・コミュニティーに参加しています。豆ラーさんたち、この指止まれ~!
[PR]

by yokocan21 | 2008-05-02 23:58 | その他料理・飲み物  

サワーチェリー酒、完成!

今日は、なんだか季節ハズレ感たっぷりな話題を...。

トルコの夏の、ほんの一時期にだけ登場するサワーチェリー(トルコ語ではヴィシュネ=vişne)。
あまりにも酸っぱいので、コンフィチュールにしたり、コンポスト(砂糖煮)にしたり、というのが一般的なんですけれど、私は甘~いものよりも、むしろ辛系の方が断然好きですので、〝お酒〟を漬けてみることにしました!

こちらが、サワーチェリー。普通のサクランボよりもひと回り小さく、皮がすいごーく柔らかいので、扱いは丁寧に。
f0058691_20195062.jpg


今まで、果実酒といえば、〝イチゴ〟や〝リンゴ〟、〝サクランボ〟を漬けたことがありまして、どれもすっごく美味しく出来上がったもんです。特に、〝イチゴ酒〟はあっという間になくなる程の出来栄えでしたぁ。
で、今回は、初めてのサワーチェリー酒作り。

前回作った〝サクランボ酒〟は、色も綺麗し、かなりいい感じだったんですけれど、どうも【風味】に欠けていまして、私的には、「うーーーむ」だったのです。そこで、サクランボよりも香りの良いサワーチェリーでやってみるとどうでしょう、と思いついたわけなんです。

夏休み旅行から帰って来てすぐ、サワーチェリーがまだ出回っている間に、青空市場へ出掛け、見かけが良さそうで美味しそうなものを1kg買ってきました。ちなみに、トルコでのサワーチェリーの季節は、7月中旬から8月初旬です。
サクランボの旬が終わりそうになると、今度はサワーチェリーが代わって登場してきます。

f0058691_20202864.jpgこちらは、漬けて1ヶ月ほど経った頃のもの。

果実酒には、日本ですとホワイトリカーを使うんですけれど、トルコにはないので、私は毎回ウォッカを使います。国産の安物で十分。

冷暗所で、2~2ヶ月半漬けると、OK。


f0058691_20213126.jpgで、めでたく上手く漬かった、サワーチェリー酒の出来上がり♪ルビー色がとっても綺麗~。

見た目、綺麗な色で、何となくジュースっぽい感じですけれど、ウォッカを使っているため、アルコール度は高し。
ストレートで氷を浮かべて、というのも勿論美味しいんですけれど、ソーダで割ってもとっても爽やかで美味しいです!

砂糖の分量もちょうど私好みの、甘すぎず、甘くなさすぎず。
早速ダンナにも試飲してもらったんですけれど、とっても気に入ってもらえて、気分上々!



そして、取り出したあとのサワーチェリー、捨ててしまうのはもったいない。そう、コンフィチュールにしましたぁ。
砂糖と水とレモン汁を加えて、弱火でコトコト。こんな感じに出来上がりました。↓
f0058691_20223114.jpg


これ、もともとウォッカで漬けてあるものなので、とっても柔らかくって、普通のサワーチェリー・コンフィチュールよりも数倍美味しく出来ました!
結構な量があった筈なのに、もう残りあと僅かに.....。おやつ代わりにパクパクいっちゃってます。

こぉんなに美味しい果実酒と、しかもコンフィチュールまで作れてしまうサワーチェリー、来年もきっとまたチャレンジしてしまいそう~。

来年は是非チャレンジしてみよう!と思った方、作り方は ↓ 。

ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪



☆人気blogランキング☆


【作り方】
[PR]

by yokocan21 | 2007-10-31 20:26 | その他料理・飲み物