お誕生日会

うちの子供(男の子です)、昨年9月から小学校に通いだし、毎日楽しく通学して早、4ヶ月。25日には通信簿をもらって来ました。
1年生の最初の通信簿だってことでなのか、むっちゃいい成績でしたぁ。目を疑った私.....。
そして、待ち遠しかった2週間の冬休みに突入です。
(トルコは2学期制で、1月末~2月上旬の2週間はソメストレ(sömestre)という学期間休みがあります)

で、冬休みの2日目、27日には、一日早いお誕生日会をやりました。
昨年は、この団地内のカフェの片隅を貸してもらって催したんですけれど、今年は、付き添いの親も少なそうでしたので(※注)、おうちですることに。
学校の友達や近所の友達を招待して、楽しくわいわいと時間が過ぎてゆきました。
プレゼントもたくさん貰って、皆が帰った後もなかなか興奮状態が冷め止まず~。

で、今年のバースデイケーキ
f0058691_638214.jpg

昨年、子供が選んだケーキは何と、「プールの飾り付き」でしたぁ。が、今年はいたって普通の「お花の飾りが散らばったもの」。
生クリームにチョコチップが散りばめられていて、中身はイチゴとバナナ。
何故だか白地に白いクリームで「○○○ お誕生日おめでとう」とトルコ語で書いてあります。←全く見えませんよねぇ。意味ないよなぁ。

そして、ケーキの付け合せ(?)にと私が作ったものは、こちら。
melocotonさんヘルシーなリークのトルタ
f0058691_639511.jpg

これ、melocotonさんのところで拝見して、早速作ってみて、むっちゃ美味しかったので再度登場です!
今回は時間がなかったせいで、手抜きの冷凍パイシート使用なんですけれど、それでもリークの甘味がたっぷりなパイは、後に残る美味しさです。
子供達には、ちょっと大人の味だったのか、あまり評判はよくなかったのですけれど、付き添いのママ達には、大好評でしたぁ~。
melocotonさん、美味しいレシピをありがとうございましたぁ!

それともう一つ。『レーズンとクルミのクッキー』
f0058691_6393713.jpg

子供と一緒にこねこね、丸めました。サクサク感がとっても良くって、こちらも大好評。特にうちの子が大好きなクッキーなんです。
作り方もとっても簡単で、生地にヨーグルトを入れるあたり、トルコらしいです。
↓の記事に作り方を載せていますので、よかったら作ってみて下さいね。

で、お誕生日会の一日後、28日は子供の誕生日。夕食に食べたいものを聞いてみると、〝おすし!〟だそうな。出来上がったものが、こちら。
f0058691_6402082.jpg

〝ちらし寿司〟です。
具が手に入らない物が多いので、私はもっぱら「すし太郎」のお世話になっております。
ツナ缶やキュウリを足すと、結構美味しくなるんですよね。
飾りにエビでも.....と思って、いつも行くスーパーを覗きに行くと(冷凍ものですけれど)。あらら、品切れ.....。何だか、しょぼいちらし寿司になってしまいましたぁ。ちょっと不憫だなぁ。
でも、美味しい・美味しいと言って食べてくれましたので、私としては嬉しい限り!

ま、ちらし寿司だけ、っていうのもなんですので、お味噌汁(大根とほうれん草)、カリフラワーの煮たものも作りました。とても7歳児のお誕生日のメニューとは思えない組み合わせ~。地味すぎ。
でもね、日本が恋しい私たちにとっては(もう1年半も帰っていませーん)、こういうものが一番嬉しかったりするんですよねぇ。
ええまぁ、ダンナは日本が恋しいわけじゃぁないですけれど、こういう「和」なものは大好きなので、
全く問題なしです。
美味しく食べて、楽しいのが一番♪

※注・・・トルコでは、小さな子供の誕生日会には親も一緒に参加、というパターンが多いんです。
母親だけでなく父親も一緒、ということも多し。兄弟がいれば、その子たちも勿論参加。よって、誕生日会は、さながらちょっとしたパーティーのような様相。なんともトルコらしい光景。


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪



☆人気blogランキング☆

[PR]

by yokocan21 | 2008-02-01 06:43 | 普段生活  

<< 節分とお寿司 レーズンとクルミのクッキー >>