冬の風物詩・サーレップ

↓の記事では、たくさんの方々から、心配して下さり温かいメッセージの数々を頂き、本当にありがとうございました!
コメント欄以外にも個人的にメールで励まして下さった方々、とっても嬉しかったです。
こうして、みなさまから温かく見守られているんだなぁと、つくづく感じては、ほんわかとした気持ちになっておりますこの頃です。
そして、いかにテロが惨いことなのか、ということを改めて実感した数日間でもありました。
こちらディヤルバクルは、あの事件から早5日。TVでは犯人の逮捕など、引き続きテロ関係の報道がなされているわけですけれど、町は少しずつ落ち着きを見せていまして、爆発のあった通りも、今は殆ど元通りになっているらしいです。

こちらは、今日(8日)昼前からふわふわと雪が舞い始めて、夕方には辺り一面真っ白になりました。ここ暫くは寒い日々が続くそうです。
こんなブルブル寒い日には、温まる飲み物が欲しいですよね~。
ということで、今日は冬の温かい飲み物、サーレップ(salep)の紹介です。
f0058691_6572462.jpg


「サーレップ」とは、サーレップというラン科の植物の球根が材料で、その粉末をアツアツのミルクで
トロトロに煮たものです。勿論砂糖がたっぷり、甘~い飲み物です。
シナモンパウダーを振り掛けて飲むのが一般的ですけれど、好みによって、↑の写真にあるようにピスタチオのパウダーやへーゼルナッツのパウダーと一緒に飲んでも美味しいです。
お味は、「トロっとしたミルク味の濃厚な葛湯」といった感じでしょうか。
トロトロの熱々をふぅふぅしながら飲むのって、冬の楽しみのひとつなんですよねぇ。

ちなみに、日本でもお馴染みになった「伸びるトルコアイス・ドンドゥルマ」にも、このサーレップの粉末が使われていまして、あの独特のねっとり感は、このサーレップの仕業なのですよ。

トルコでは、北風がピューピューと吹く頃になると、街角のカフェなどでこのサーレップが出され始めます。
店先に「サーレップ」という看板を見つけると、あぁ冬がやって来たな.....と感じるんですよね。
サーレップの球根には、体を温めてくれるという以外にも、体にいい効能もあるそうなんですよ。例えば喉や気管支に良いとか、便秘の解消にも良いとか。
丁度、風邪をひいて咳がコンコンと出る私、今日も夕食後のまったりタイムにサーレップを飲んだところです。
f0058691_658545.jpg

こちらは、街角のパスタネ(お菓子やケーキなど甘い物屋さん)の店先でサーレップを入れるおじさん。

f0058691_6583552.jpgこのサーレップ、お店で飲むのがやっぱり一番美味しいんですけれど、おうちでも飲みたいという場合には、このような粉末状のインスタントものが売られています。カップに粉末を入れて熱湯か熱いミルクを注いで溶かせばOK。
あと、パック入りの温めればOKというものもよく売られています。


ちょっと珍しい冬の定番飲み物の紹介でした。


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪



☆人気blogランキング☆

[PR]

by yokocan21 | 2008-01-09 07:02 | トルコの食べ物・飲み物  

<< ディヤルバクルで魚・パート2 悲しい出来事 >>