犠牲祭始まりました

日本は、クリスマス前のキラキラ華やかな雰囲気に包まれていそうな今日この頃。
こちらトルコは、犠牲祭(※)(トルコ語では「クルバン・バイラム」Kurban bayramı)の真っ只中です。

今年の犠牲祭は12月20日~23日の4日間。
もちろん、この4日間は学校や会社などはお休み。町の商店なども初日は殆どがお休みです。
初日は、生け贄の動物(羊や牛が主)を屠る人が多く、その作業に明け暮れます。
(うちは、生贄を捧げることはしないで、寄付という形をとっています)
2日めからは、親戚のお宅やご近所さん、友人宅などを訪問して、ご挨拶。
3日め、4日めも同じく。
うちは、この町には親戚がいないので(転勤で来ていますので)、ご近所さんや友人宅巡り。
で、我が家へもお客様がいらっしゃいますので、おもてなし。
そうやって、慌しく4日間が過ぎてゆくのです。

ちなみに、今日(21日)は、お昼から来客があり、その後友人宅を訪問、帰って来たらまた来客&来客&来客。夕食後も、友人宅へ。
と、ちょっとお疲れです。

f0058691_9113123.jpg今年用意したバクラヴァの一種。
クルミ入りサルマ(Cevizli sarma)」と呼ばれているものです。
普通のバクラヴァは、薄~い生地が段々重ねになっているのですけれど、これは、グルグル巻きになっています。

まぁ、お味は普通のバクラヴァと同じです。生地がちょっとサクサク。

それと、「シェケル・パーレ(Şekerpare)」という、クッキー菓子のシロップ漬け。

どちらも、トルコらしくとぉーっても甘いです!
これらを、チャイ(トルコの紅茶)と一緒に頂きます。

トルコのお祭りには、甘~いもの欠かせませーーーん。


あと2日ある犠牲祭、トルコやイスラム圏にお住まいのみなさまには、
〝よい犠牲祭をお過ごしください♪〟
〝İyi Bayramlar♪〟

で、今年は、犠牲祭が終わるやいなや、クリスマス☆が待っています!
ふぅっ、イベント続きだぁ。

※犠牲祭・・・メッカ巡礼の最終日にあたる日が初日。敬虔なイスラム教徒は、アッラーの神に羊や牛などの動物を生け贄として捧げ、神に感謝の気持ちを表す大切な行事です。
犠牲祭については、2年前のこちらの記事を参照して下さい。
また、昨年の犠牲祭のことは、こちらで少々書いております。

(お疲れモードなため、手抜き記事になってしまいましたぁ。って、いつも大した事書いてませんけれど...。次回は、ちょっとはマシな記事にしたいです。)

ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪



☆人気blogランキング☆

[PR]

by yokocan21 | 2007-12-22 09:15 | 普段生活  

<< 今年のクリスマス☆ 国産品週間 >>