ふだん草と挽き肉の煮込み

めっきり冷え込んでおりますディヤルバクルです。このところ雨も多いですし、「冬」だなぁというどんよりなお天気が続いています。
こうも寒い日が続きますと、やっぱり煮込み料理が美味しいんですよねぇ。
で、今日は久しぶりにお料理の話題です。このところ旅の記事が多かったりで、すっかりお料理記事を忘れてしまっていた感じですけれど、一応ちゃんとお料理も作っているんですよ。(笑)

冬の野菜といえば、私は〝ふだん草〟(=パズ Pazı)です。寒い季節の葉野菜として、我が家では、ほうれん草共々よく食卓に上ります。
これを使った超簡単煮込み料理、『ふだん草と挽き肉の煮込み』の紹介です。トルコ語では、『Kıymalı Pazı(クイマル・パズ)』。
あまりにも簡単すぎて、ブログで紹介するほどのものでもないと思うんですけれどね、まぁいいっか。
f0058691_20162838.jpg


トルコらしくトマト味で、クセのないふだん草がクタクタに煮込まれていて、コクがあってちょっと素朴な感じのする、トルコの典型的家庭料理です。
(ちなみに、トマトは冬の時期はどうしても美味しくないので、トマトペースト使用です)
シンプルだからこそ素材の味が存分に味わえる、冬の煮込み料理、是非お試しくださいね!

こういう感じの挽き肉と葉野菜の煮込み料理には、うちのダンナは「ネギ」が欠かせないそうなんで、写真もネギ付きで撮ってみました。
ネギをかじりながら食べると、なんとも美味しくなるんだそうです。私はちょっとパスですけれどぉ...。

こちらが、ふだん草。f0058691_20171898.jpg


では、【作り方】です。↓↓↓

ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪



☆人気blogランキング☆




【作り方】  (4人分)

♪材料
・ふだん草(パズ)      1束(15~20本)
・バター または 油    大さじ1
・玉ねぎ           大1個
・挽き肉(牛)        150g
・トマトペースト       大さじ2
・ブルグル(挽き割小麦)  ひと握り
・塩・こしょう        適量

♪作り方
①ふだん草は、茎の部分も含めて使います。適当な大きさにザク切り。
②鍋にバターまたは油を熱し、微塵切りの玉ねぎをよーく炒める。
③挽き肉を加えて、水分がなくなるまでよく炒める。
④そこへ、トマトペースト・よく洗ったブルグルを加え、さらに炒め、ふだん草を加えて少々炒める。
⑤塩・こしょうをして、水をひたひたに注ぎ、材料が柔らかくなるまでコトコト煮込む。(ブルグルが入っているので、30分ほど煮込んだほうがいいです)

※余談ですけれど、ほうれん草も、このように挽き肉と一緒に煮込むととっても美味しいんですよ。
そのときは、ブルグルではなくて「お米」を入れます。

※また、ブルグルは、こちらの記事で紹介していますので参照して下さい。

【参考記事】その他の、ふだん草を使ったトルコ料理。
ふだん草の挽き肉入りドルマ
ふだん草の茎スープ

ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪



☆人気blogランキング☆

[PR]

by yokocan21 | 2007-12-13 20:23 | トルコ料理  

<< 国産品週間 ハラン(シャンルウルファ近郊の村) >>