ボドルム・ヨットツアー編

ボドルムには1週間滞在したのですけれど、その中の一日、ヨットツアーに出掛けてきました。
町の真ん中にあるマリーナには、大小様々なヨットが停泊していて、その中の一部は観光客用に一日ヨットツアーをやっているんです。
朝10時にマリーナを出発して夕方5時頃まで、たっぷりとキラキラ輝くエーゲ海を楽しめます!

どのヨットに乗っても大体コースは決まっていて、まず向かうのは町のまん前にあるカラアダ(Kara ada=黒い島)という小さな島。
ここには洞穴があって、その中にあるドロはお肌にいい、とか言われています。
あと、断崖絶壁のすぐ横に隕石が落ちた後があり、その隕石が落ちたところだけ海の色が薄~い青色で、なんともいえない妖しいマリンブルーです。
(すみません、この部分、写真なしです)

こちら、マリーナを出発してすぐに眺められるボドルム城。まるで海に浮かぶ要塞のよう。
f0058691_521462.jpg


小さな半島の丘の上には、昔使われていた風車がそのまま残っています。(見えますかぁ)
f0058691_5213096.jpg


今回のツアーで乗ったヨットと同型のもの。とある入り江で遭遇しました。
f0058691_5215582.jpg


ヨットでは、日に焼けたい人はデッキに敷かれたマットの上に寝転がり、そうでない人は客室に引っ込んでいます。
やっぱり大概の人はブロンズ化したいらしく、マットの上にビーチタオルを広げ、ゴローン。
私も、折角だし日焼け止めクリームをべたべたに塗り、時々ゴローン。
うぅっ、でもあんなにクリームを厚塗りしたのに、なんという有り様!思いっきり焼けちゃいましたぁ。あぁ、恐ろしきトルコの太陽光線!(いいのかぁ、焼いたりしてぇ!でも、日焼け止めクリームを塗っていたので、お肌にはあまりダメージはないかな...どうなんでしょう)
ただでも色黒なのに、南方系がますます強調された感じになっております...。
私よりも太陽の下にいた時間が圧倒的に多かったダンナは、もっともっと色黒。

カラアダを後にすると、今度は静かな入り江へと向かいます。かなり深度のあるところにヨットを泊めて、そこでは、デッキから真っ青な海にドッボーン!
ひぃやぁ~、冷た~い~。そうなんです、ボドルムは南エーゲ海、もうすぐそこは地中海という立地なのに水はとっても冷たいんですよ。
でも泳いでいると、だんだんと体も慣れてきて気持ちよくなってくるんですよね~。なんといっても透明度がすごーいんです。

そしてまた次の入り江へ。
そこでは、昼食タイム。この日のメニューは、鶏のトマトソース煮(ピリ辛風味)・グリーンサラダ・マカロニ。(ちなみに、魚のグリルや揚げ物を出すヨットもあります)
もちろん、ビールは忘れずに!

昼食後も、泳ぎたい人は、ドッボーン。

立ち寄ったキャメル・ビーチ(Camel Beach)という入り江にいたラクダくん。
f0058691_5223644.jpg
お客を乗せて、その辺を一周しています。
私たちは以前、別のところでラクダに乗ったことがあったのと、順番待ちが結構あったのとで、今回はパス。

海辺のカフェで一休みついでに食べたロクマ(lokma)というお菓子。
f0058691_5225737.jpg

小麦粉を練って作った生地を油で揚げた、ドーナッツのようなものに甘いシロップをかけたものです。表面カリッ、中はしっとり。シナモンを振りかけて食べると、とっても美味しい!
このエーゲ海地方でよく作られるお菓子です。観光地の海辺では必ず見当たるほど、人気もの。

こちらは、ギュンベット(Gümbet)というボドルム周辺では多分一番大きな入り江&ビーチ。(もちろんヨットから撮影)
f0058691_5232028.jpg


砂浜のビーチにホテルやペンションが林立。外国人観光客にも人気の、ナイトライフも楽しい、賑やかなビーチです。
色々なマリンスポーツも楽しめますよ!ジェットスキーやバナナ、私の大好き・パラセイリングもあるよ~。

ということで、丸一日ヨットツアーはおしまいです。
トルコのリゾート地では、このようなヨットツアーが色々とあります。その町それぞれに個性的な入り江やビーチが点在していますので、とっても楽しい時間が過ごせます。同じヨットに乗り合わせたトルコ人・外国人観光客の人たちとも仲良くなれますし、一味違ったリゾートを楽しめます。
私のお薦め!

【追記】 その他のボドルム紀行
ボドルム・紹介編
ボドルム・城編
ボドルム・シーフード編
ボドルム・ナイトライフ編

ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村<br />
 海外生活ブログ トルコ情報へ


☆人気blogランキング☆

f0058691_6471119.gif
[PR]

by yokocan21 | 2007-08-23 05:33 | 旅・散歩  

<< ガーズィ・キョスクでお誕生日 ボドルム・紹介編 >>