ババガヌーシュ(ナスとターヒンのディップ)

5月に入ったあたりから急に暑くなったディヤルバクルです。
連日30℃を超えております。早くも夏本番の気配。

こうも暑くなってくると、そろそろ〝ナス〟の本番も近いということで、ナス好きな私には嬉しい季節です。日本では〝秋ナス〟といいますけれど、トルコでのナスは〝夏〟なんです。
トルコにはナス料理が数えられないほどあります。揚げたり、焼いたり、煮込んだり。
中でも私が大好きなのは、〝焼きナス〟アレンジのお料理の数々。そう、トルコにも焼きナス料理があるんですよ~。
ま、焼きナスといっても、日本のとは趣が全く違うわけですけれど。

例えば、
焼きナスの中身を、オリーブ油やおろしニンニク・レモン汁で和えたサラダ →「ナスのサラダ」。
同じく焼きナスの中身を、オリーブ油やおろしニンニク・ヨーグルトで和えたサラダ →「ナスのヨーグルトサラダ」。
そして、焼きナスの中身を、玉ねぎやトマトペーストと一緒に油で炒めたちょっぴり辛い前菜 →「ババガンヌッチ」。
この「ババガンヌッチ」は、トルコ南部の町アダナの名物料理です。
     (アダナについては、こちらこちらこちらをご覧下さい)
また、変わったことろでは、焼きナスの中身とベシャメルソース風のものを和えたものの上に、お肉のシチューを乗せた→「ヒュンキャール・べーエンディ」。

などなど、ざぁ~っと色々とあります。
そんな中でも、私が時々無性に食べたくなるものがあるんですよね。
↑に挙げたものは全部トルコのレストランでも食べられますけれど、今日紹介するものは、
レストランではまず見かけたことがないものなので、自ら作らなければならのもの!

その名は、『ババガヌーシュ(babaghanouj)』。
f0058691_201085.jpg

焼きナスにターヒン(中東のゴマペースト)やニンニク・レモン汁を混ぜてペースト状にしたものです。
レバノンやパレスチナ辺りの中東地方のお料理(前菜)だそうですけれど、何故かご近所のトルコでは見かけないんですよね。
これによく似た材料で作る「フムス」は、トルコでも定番前菜として定着しているんですけれどね。

焼きナスさえ作ってしまえば、あとはフードプロセッサでガァーっとやればいいだけなので、とっても簡単!
ターヒンとの相性がとってもいいんですよね。これもまたフムス同様、パンやお酒が進む進む!

これ、トルコ料理ではないんですけれど、とってもお勧めなので、作り方を載せておきます。

ところで、アダナ名物「ババガンヌッチ」は、この「ババガヌーシュ」の派生したものなんでしょうか。似て非なるものなんですけれど...。

また、↑に書きました他の焼きナスサラダなども、その内紹介したいと思っています。お楽しみに~。

【追記】 melocotonさんによりますと、、〝ババガヌーシュ〟とは「自由奔放に男を誘惑する女」というような意味だそうです。
うへー、凄い。何とも妖艶な命名ですね。


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪

海外生活ブログへ


☆人気blogランキング☆






★とっても簡単、作り方★   (4人分)

♪材料
・ナス       大3本 (日本のだと大4本)
・ターヒン     大さじ3
・レモン汁     大さじ2
・ニンニク     1片
・塩        適量


♪作り方
・ナスは焼きナスの要領でグリルして、皮をむく。
・ナス・レモン汁・ニンニク・ターヒンをフードプロセッサにかけ、塩をする。
・お皿に盛り付け、冷蔵庫で冷やして食べると美味。

お好みで、クミンパウダーを混ぜる段階で入れてもいいし、または仕上げに振りかけてもいいです。
作りたてを食べるよりは、冷蔵庫で数時間冷やしてから食べた方が、味が落ち着いてよりまったりとした感じになって美味しいですよ。

ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪

海外生活ブログへ


☆人気blogランキング☆

f0058691_6471119.gif
[PR]

by yokocan21 | 2007-05-17 20:21 | その他料理・飲み物  

<< 季節のフルーツとジュース ラジオ出演 >>