ヒヨコ豆の花&枝付きヒヨコ豆

先日書きました水栽培のヒヨコ豆、あの後、植木鉢に植え替えてあげました。そして何とか順調に成長をしてくれて、この度やっと花が咲きました!
わぁ~~~い♪
とりあえず、今年の目標は「花を咲かせる」でしたので、とにかく嬉しい~。子供も、花が咲くとやっぱり嬉しいらしく、朝起きてくるとまず、ヒヨコ豆の観察をしています。

つぼみは薄い黄色でしたので、花も黄色いのかなぁと思っていたら、〝白〟でした。
豆科の植物らしいお花ですね。
f0058691_6254872.jpg

アップです。↓
f0058691_6263968.jpg


かなり長い間を水栽培で育ててしまったので、どうもひょろひょろとしていて可哀想な姿なんですけれど、それでも、偉い!花が咲きました。
うーん、このまま成長を続けてくれると今度は実がなって...といきたいところなんですけれどね。
見た感じひ弱ですし、どう見ても栄養失調っぽいですし、豆になってくれることは期待しておりません。ま、昨年の失敗からすると大躍進(←大袈裟!)なので、私はこれで大満足です。
来年は(←えっ、まだやるのん?)、楽子さんのように、芽が出た時点で土に植え替えてあげましょう。

本来のヒヨコ豆の姿は、こんなのです。↓
f0058691_6285980.jpg

春から初夏にかけてよく見かけるのが、この枝ごとのヒヨコ豆。
町の青空市場や道端で、リヤカーや軽トラックの荷台で、わんさかと売っています。豪快、根っこごと引っこ抜いてあります。
意外と大きな植物のようで、全長1メートル近くあるんです。↓
f0058691_628659.jpg


好きな人は、皮を剥いてそのまま生でポリポリ食べるようですけれど、私はちょっと苦手なので茹でてみました。少し塩をふって食べると、甘味があってとっても美味しいんですよ~。ちょっとグリーンピースに似ているでしょうか。
生のヒヨコ豆は、こんなのです。↓ とぉっても綺麗な緑色。
f0058691_6292954.jpg


そして、salahiさんのマネをして、こんなものも作ってみました。
f0058691_630218.jpg

茹でた生ヒヨコ豆に、レモンを絞ってターヒン(ゴマのペースト)とヨーグルトを混ぜて塩で味付け。
仕上げにクミンパウダーと、イソット(isot)という唐辛子パウダーをパラパラと。
これが、すこぶる美味しかったです!
豆のホクホク感がなんとも言えず心地よくって、ターヒンのコクとヨーグルトのまろやかさがとっても上手くマッチしていました。

この枝ごとのヒヨコ豆は、ほんの僅かな期間しか目にすることが出来ないので、今の内にせっせと食べておかないと。
自分で育てたヒヨコ豆で作ると、もっともっと美味しくなるんでしょうねぇ。うーーーん。
まだまだ豆ラーな日々は続く~。

こちらのトラックバック・コミュニティーに参加しています。
     ↓
豆ラーさんたち、この指止まれ~!


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪

海外生活ブログへ


☆人気blogランキング☆

f0058691_6471119.gif
[PR]

by yokocan21 | 2007-05-11 06:34 | 普段生活  

<< ラジオ出演 トルコでの「地球に優しいこと」 >>