アーティチョーク料理2種

今年のディヤルバクルは、春本番♪というにはまだまだ肌寒いんですけれど、それでもあちこちの木々は芽吹いて新緑がまぶしいです。

そして春といえば、豆!ともうひとつ、アーティチョークですね!トルコ語ではエンギナル(enginar)。
春の季節にこれがなければ、この先の夏は迎えられな~い、というほど大大大好きな私たち夫婦です。

ちょうど先週、ダンナが出張で実家のあるイズミール(エーゲ海地方の都市)へ行って来たついでに、アーティチョークをどさっと買ってきてくれました(嬉♪)。この町でも売ってはいるんですけれど、新鮮さに欠けるのと価格面でも「...」なんですよね。やっぱり、本場イズミールのものが一番でしょう。

で、早速作ったのが、とってもシンプルなもの。
f0058691_3512815.jpg

大概は、HPのようにグリーンピースや人参と一緒に煮たり、昨年のようにソラマメと一緒に煮たりするんですけれど、今回は思いっきりシンプルに野菜はなし・玉ねぎとオリーブ油の旨みだけで煮ました。
これがね、とっても美味しいんですよ。
アーティチョーク本来の旨みをしみじみと味わえるんです。本場イズミールでは、義母や伯母さん、親戚の人達など、こういう風に煮る方が多いように思います。

そしてお次はこちら。人参とじゃがいもと一緒にオリーブ油煮。
f0058691_3521341.jpg
お惣菜って感じに仕上がってしまいました。飾りにディルをパラパラっと。
野菜の美味しさとの競演で、子供にはこちらの方がウケました。

この人参とじゃがいもと一緒に煮たものは、ギリシャでは「コンスタンティノープル風」と呼ぶそうです(by salahiさん)。コンスタンティノープルは現在のイスタンブール。そういえば、イスタンブールのレストランで出てくるアーティチョークは人参とじゃがいもを一緒に煮たものが多いような気がします。

ところで、このアーティチョーク、肝臓に良いんだそうですよ。お酒好きな皆さん、朗報です!(←私含む)
あと、利尿作用もあって、むくみの改善にもなるそうです。
このあたり、食材あれこれ大百科の私の右腕的サイト、『食材健康大事典』に色々と載っていますので、興味のある方チェックしてみて下さい。
そしてこのサイトでは、アーティチョークの面白い食べ方も紹介されています。丸ごと茹でて、皮の部分を剥ぎながらソースを付けて食べるものです。
一度試してみるのもいいかも。


5月に入れば旬もそろそろ終わりに近づくアーティチョーク、今のうちに思いっきり食べておきましょう!
あの硬い皮をバリバリと剥いていって、芯の部分の産毛のようなものをナイフで取り除いていく作業...。本当に面倒なんですけれど、でもその苦労(!)に見合っただけの美味しさがあるから、やめられな~い。


♪アーティチョークの本場、イズミールにお住まいのyukacanさんも、人参・じゃがいもとのオリーブ油煮を作ってらしゃいます。とってもオサレーな一品です!


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪

海外生活ブログへ


☆人気blogランキング☆

f0058691_6471119.gif






ささっと作り方 (4人分)

♪材料
・アーティチョーク    4個
・玉ねぎ          1個
・オリーブ油        大さじ3
・レモン汁         1/2個分
・塩             小さじ1
・砂糖            小さじ1.5

小麦粉          大さじ1
・レモン汁        1/2個分


♪作り方
①ボウルに1リットルの水、小麦粉、レモン汁1/2個分を入れ、よくかき混ぜる。
②アーティチョークの下ごしらえは、HPを参照して下さい。
③鍋に、細いクシ型に切った玉ねぎの半量を敷き、アーティチョークを並べて、その上に残りの玉ねぎを乗せていく。
④ボウルの水をかき混ぜながら、ひたひたに注ぐ。そこへ、レモン汁1/2個分・オリーブ油・塩・砂糖を加える。
⑤ふたをして、30~40分程弱火にかけ、アーティチョークが柔らかくなったら、火を止める。

冷やして食べると美味しいです。さらに、レモンをギュッと絞って食べても、尚美味しい!


※人参とじゃがいもを一緒に煮る場合は、
人参 小1本・じゃがいも 小1個をそれぞれ適当な大きさに切って、↑と同じ要領で煮ていきます。


※アーティチョーク剥きの裏技。

アクがとっても強いので、ゴム手袋をして剥きましょう。
皮を剥いでしまった後のガクの部分は、剥いていくとすぐに黒く変色してしまうので、レモンをこすりつけながら作業をすると、変色を防げて、色が綺麗に仕上がります。
[PR]

by yokocan21 | 2007-04-28 03:59 | トルコ料理  

<< 旧市街の食品市場 フムスとうちのヒヨコ豆 >>