トルコの朝ご飯

トルコに旅行で来られたことのある方はご存知でしょう、トルコの朝ご飯。トルコ語では、〝カフヴァルトゥ(kahvaltı)〟。
バラエティー豊かで、素材そのもののお味がしっかりしていて、朝からお腹がいっぱいになってしまう美味しい朝ご飯です。

先日トルコを旅された方からメールを頂いて、その朝食の美味しさにびっくりされていました~。

そういえば、遠い昔の旅行者の頃は、朝ご飯がとっても楽しみであったんですよね。
リゾートホテルや高級ホテルでは、ビュッフェスタイルの豪華なものが主流ですけれど、小さなホテルやペンションなどでは、一般家庭と殆ど同じ朝食が食べられるんです。

どんなものかといいますと、
パンにチャイ(トルコの紅茶)、各種ジャム、ハチミツ、バター、白チーズにカシャールというクセのないチーズ、各種オリーブ(黒・緑・ピンクがかったものなど)、トマトにキュウリ、卵(ゆで卵かオムレツ)、ハムかソーセージ(牛肉製です)、オレンジジュース
が一般的です。
それに、場合によっては季節のフルーツがプラス。

ごく一般的な例として、こちらの写真を載せておきます。
       (画像は、www.armadahotel.com.tr より拝借)
f0058691_65989.jpg


f0058691_6595198.jpgこれはトルコのパン。エクメック(ekmek)といいます。
表面がパリパリ、中はふわふわ。
パン屋さんでは、電気釜で焼いているところが多いようですけれど、うちはあえてタシ・フルン(taş fırın)という薪を使った石焼き釜で焼いたパンを買っています。
こちらの方が断然美味しいんです。
見比べ方は、裏にひっくり返してみて、プツプツのある方が電気釜、平らな方がタシ・フルン。


f0058691_71330.jpgそして、我が家の忘れてはならないものが、御馴染みなこれ、『nutella』!
チョコクリームにへーゼルナッツクリームが入っていて、やめられな~いのです。
スーパーに行くと、色んなメーカーから各種チョコ・スプレッドが売られているんですけれど、やっぱりダントツ1番はヌテッラ♪
いつもビッグサイズ(680g)を購入です。やばいなぁ、カロリーめっちゃ高そうだもの...。



ところで、我が家は↑の写真のような典型的トルコの朝ご飯を毎朝とっているかというと、とんでもないのです。
子供は幼稚園で朝ご飯が出るので、家ではハチミツ入りの牛乳を一杯飲んでいくだけ。
ダンナは、朝起きてすぐにはなかなか食べ物が喉を通らないとかで、最近は職場で朝食を摂ったりしています。家からジャムやハチミツ、オリーブやチーズなどを持っていっています。   (※注)

そこで私はといいますと、元々朝ご飯はパンよりもご飯派なので、トルコ式朝食はパス。
f0058691_723324.jpgこんなもの→ で済ませてしまったり。

ミューズリー』です。
このメーカーからは他にもチョコやハチミツバージョンなども出ていて、色々と楽しめます。
牛乳をかけて食べるのが美味しいようですけれど、私はヨーグルトをかけた方が好き。
日本で売っているグラノーラっぽいです。



f0058691_733185.jpg我が家が典型的トルコの朝ご飯を食べるのは、週末だけなのです。
週末だけは、ゆーっくりと出来るので、あれこれ用意して朝食を楽しんでいます。
たまには、シミット(simit) → というゴマ付きのパンなんかも買ってきたりして。
(画像はGoogleイメージより)



※注・・・トルコの幼稚園では、朝食付きが一般的です。元々幼稚園は、仕事を持つ母親が子供を預けるところ、という概念があったようです。なので、母親の手間がかからないように、幼稚園で朝食を用意しているんだと思います。

トルコの職場には、〝チャイジュ〟というチャイ屋さんがいます。いつでも好きな時にチャイジュに頼めば、入れたてのチャイを持ってきてくれるんです。ハーブティーを扱ってるチャイジュもいます。便利なシステムですよね。

ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪

海外生活ブログへ


☆人気blogランキング☆

f0058691_6471119.gif
[PR]

by yokocan21 | 2007-03-17 07:15 | 普段生活  

<< F1GP開幕☆ マルディン紀行・3 >>