ケバブとクネフェとケーキ

この日曜日(28日)は息子の6歳のお誕生日でした。
あぁ早いものですねぇ、もう6歳です。この9月からは小学校です。子供はどんどん成長していってるというのに、私といえば何の成長もなくぼぉ~っとしてるだけ...。

お昼間、幼稚園や近所のお友達を呼んでお誕生日会をいたしました。
うちだと手狭なので、この団地の中にあるカフェテリアの片隅を貸してもらって開催しました。
まだ小さな子供達なので一人で参加というわけにはいかず、親も一緒に付いてくることになりますよね。しかもトルコなので父親・母親両方です。その子の兄弟姉妹もいれば参加。なので総人数はかなりのものなので、外でやって正解でした。

わいわい・がやがや・きゃーきゃー♪楽しい時間があっという間に過ぎていきました。

f0058691_918518.jpg
こちらは、お誕生日のケーキ。
なぁ~んと!上に乗ってる飾り・・・プールサイドです。でもなぁ、この寒空に何故に夏らしいプールなど...。子供が気に入ったものを選ぶと、こうなってしまったというわけです。ま、この親にあってこの子あり、ということでご愛嬌♪
ケーキの上の文字は、『MUTLI YILLAR』←幸せな年を!(ちなみに、飾りものは全部プラスチック製)


そして、夕食は家族皆が大好きなケバブ屋さんへ。
このケバブ屋さん、週末はいつも大混雑という繁盛ぶりからもわかりますように、とっても美味しいんです!
私たちの住む町の中心地よりはちょっと郊外にあるんですけれど、そんなことはお構いなし、皆さん美味しいケバブを目指してやって来ます。

今回、私が食べたものは、『ハシュハシュ・ケバブ(Haşhaş kebabı)』という、ポピーシードをまぶした挽き肉のケバブです。(↓)
もちろんスパイシーで、ちょっぴり辛くって、とっても美味しかったです!
かなりボリュームがあるんですけれど、ぺロっといちゃいました~。
f0058691_8585125.jpg


メインのケバブの前には、スープと、サラダ、冷たい前菜数種、そしてこういう感じの(↓)温かい前菜も出てきます。
f0058691_8593342.jpg

お皿からはみ出し気味なのは、『ラフマージュン(Lahmacun)』という、薄~いピザ生地のような皮にスパイシーな挽き肉やトマトソースなどが乗っかったもの。
皮がパリパリッ。それにレモンをギュッと絞って、パセリをデーンと乗っけてクルクル巻いて食べると、うわぁ~幸せ♪
ケバブ屋さんの前菜として出てくるものは、小型の〝フンドゥク・ラフマージュン〝(訳して〝へーゼルナッツ・ラフマージュン〝)と呼ばれるものです。(へーゼルナッツって可愛いという意味合いがあるんですよ。)
子供には、辛味の全くないものを持ってきてくれます。
ちなみに普通のラフマージュンは、お皿からどどーっとはみ出す程の大きさのものなんです。
このラフマージュンについては、この町にもむっちゃ美味しいお店がありますので、いつか紹介したいと思っています。

その上に写っているものは、『シガラ・ボレーイ(Sigara böreği)』という、白チーズを巻いたパイのような揚げ物。
一番上に写っているものは、『イチリ・キョフテ(İçli köfte)』(※注)。スパイシーな挽き肉と砕いたクルミをブルグル(ひき割り小麦)で包んで揚げたもの。

それにビベル・ドルマス(Biber dooması)もありました。かなり辛いピーマンのドルマ。

もうこの時点でおなかはかなりパンパン状態なんですけれど、有無を言わさずメインのケバブが運ばれてきます。
そして、トルコ人大好きなデザートへと突入です。

f0058691_971866.jpgf0058691_905031.jpg

このお店では、デザートはこの一品のみ。
自慢の一品だけあって、さすがに美味し~い♪のです。その名は『クネフェ(künefe)』。
カダユフ(kadayıf)という細~い素麺のようなパスタのようなものの間に塩気の少ないチーズを挟んで、オーブンで焼いたものにシロップをかけた、甘~いお菓子です。
このお店では、バニラアイスクリームと共に盛り付けてくれます。黄緑色のトッピングは、ピスタッチオ。アツアツのクネフェとアイスのコンビネーションが何とも、とろけます~。

うわぁ~、もう動けない~と言いながら、お店を後にする幸せ気分でした♪
(カロリーのことはこの際気にしないでおきましょう)

※注・・・『イチリ・キョフテ(İçli köfte)』は、このように揚げたバージョンと、こちらで紹介していますように茹でたバージョンがあります。


最後に、一応お店の住所などを載せておきます。(空港方面にあります)

ÖZLER Et Lokantası
Alipınar Mah. 19. Sok. Mardin Yolu Üzeri
Tel (0412)233-8282

ディヤルバクルまで観光に来られる人って少数だと思うんですけれど、それにましてわざわざこんな郊外のお店までケバブを食べに出掛ける人なんて...いないと思うんですけれど...。ま、一応ね。


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪

海外生活ブログへ

☆人気blogランキング☆
f0058691_6471119.gif
[PR]

by yokocan21 | 2007-01-30 08:51 | トルコ料理  

<< アジュバーデム = 苦いアーモンド 『レンジャー・バトン』 >>