パズ(ふだん草)のドルマ

またまたドルマの登場なんですけれど、今日はちょっと珍しいパズ>(Pazı)という「ふだん草」のドルマです。
私、日本では見たことがなかったこの野菜、トルコではかなりよく見かける葉野菜です。

f0058691_5575029.jpgその葉っぱでクルクル巻いたドルマがこちら。
ふだん草の挽き肉入りドルマ』。
トルコ語では、
『Etli Pazı Dolması』。

写真、しょぼすぎ~。すみません。

でも、お味はとっても良いのですよ!
キャベツのドルマより葉っぱの味が主張していて、そしてさっぱりと食べられます。



同じ挽き肉入りのドルマでも、HPやこのブログでも紹介したことのある、ピーマンのドルマズッキーニのドルマとは、具が少しだけ違うところがポイント。

このドルマには、ブルグルという、ひき割り小麦が入っているんです。
ブルグル・・・以前に紹介しました「メルジメッキ・キョフテシ(赤レンズ豆の団子)」でも使っているんですけれど、そちらでは粒の細かい方でした。



f0058691_5584587.jpgこのドルマでは、粒の大きい方を使用。
写真、右が粒の小さい方。左が粒の大きい方です。


ふだん草という葉っぱ、ほうれん草にも少し似た感じがするんですけれど、ほうれん草よりはクセがないように思います。茹でた時の独特の香りが特徴でしょうか。
私は、このようにドルマに使うこともありますし、ほうれん草のようにおひたしやバター炒めにも使っています。

f0058691_60550.jpg青空市場で見かけた、とっても新鮮なふだん草。→

一年中栽培される野菜のようですけれど、トルコではどうも秋から春の間に登場してますので、イメージとしては、冬の煮込み用葉野菜ですね。




「ふだん草のドルマ」、トルコの田舎風家庭料理の紹介でした。。


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪

海外生活ブログへ

☆人気blogランキング☆
f0058691_6471119.gif




♪材料
詰め物の具
・挽き肉      400g
・玉ねぎ      大1個
・青ねぎ      3本
・トマト      1個
・米        1/2カップ
・ブルグル     大1
・塩・こしょう   適量
・パセリ      適量
・チリペッパー   小1

パズ(ふだん草) 1束(20枚位入っています)
トマトペースト  大1
油またはバター  大2
水        2カップ 


♪作り方
①玉ねぎ・パセリは微塵切り、青ねぎは小口切り、トマトは細かくきざむ。
②玉ねぎは、少量の油で色付くまで炒める。
③ボウルに、詰め物の具を全て入れてよーく混ぜる。
④ふだん草は、サッと湯がいておく。(10秒位) そして冷ましておく。
⑤葉を広げて、大さじ2の具をのせ、両端を折り、ロールキャベツの要領でクルクルと巻いていく。
⑥巻いたら、鍋にきちんと並べていき、水、油またはバター、トマトペースト、塩を少々ふり、落し蓋をして、弱火で40~45分煮る。
⑦煮汁と共に皿に盛り付け、熱いうちにいただく。

※好みで、ヨーグルト、またはおろしニンニク入りヨーグルトと一緒にどうぞ。

※ふだん草の茎の部分は、捨てないで。美味しいスープになるんですよ!
次回は、このスープを紹介しますね。

ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪

海外生活ブログへ

☆人気blogランキング☆
f0058691_6471119.gif
[PR]

by yokocan21 | 2006-12-08 06:23 | トルコ料理  

<< パズ(ふだん草)の茎スープ 旧市街を散歩 >>