お馴染み・手抜き夕食

寒い・寒いと思っていても、徐々にではあるけれど陽射しは柔らかく感じられるようになってきました。ぽつぽつと可愛いお花にも出会ったり、少しずつ春は近付いているようです。
そう、今日から3月♪
コートやダウンとも、あと少しでお別れ~。

イスタンブルは、相変わらず曇り空の日は多いものの、このところ日がぐーんと長くなってきました。最近は夕方6時を過ぎても、ほんのりと明るい感じ。朝も、真冬なんて、7時過ぎに起きたらまだ暗かったのが、今はもうすっかり明るいし。
ここのところ、木の花も、ちらほら見かけるようになってきましたよ。(日本は今、梅が見頃のようですよね!)

f0058691_18315644.jpg

うちのアパートの横の、小さな〝スモモ〟の木には、可愛い白いお花が咲き誇っています。うちの近所では、まだまだ葉の落とした木が多い中、このスモモだけは健気に頑張っています。
f0058691_18322438.jpg

こちら、お花のUP。ほんのり淡い香りがするんです。ただ、この木は実はならないです。


で、ここからは、毎度お馴染みの(!)手抜き夕食。
週末、家族でどこかに出かけた時って、帰宅してからの夕食の準備が、とっても面倒。
そこで、今回もまたお世話になりました、近所のデリカテッセン
その日は、ちょうどレバー(Ciğer)を今から揚げるところだったとかで、チャイ(トルコ紅茶)をご馳走になりながら待つことしばし。熱々の揚げたてレバーを試食させてもらいました。とっても柔らかくって美味しかったので、そのレバーも詰めてもらってーーー。

f0058691_183306.jpgお魚を焼いて、お惣菜を並べただけの夕食。

スズキの仲間のレヴレッキ(Levrek)のホイル焼き。
塩とオリーブ油とレモンという、いたってシンプルな味付けながら、とても美味しい手抜きメニュー。

(ただ写真では、ホイルがびかびかに光って、全く美味しそうには思えない.....)

ワインは、最近よく見かけるようになったチリ産。
大地震で亡くなった方たちへのご冥福をお祈りしつつ。


そして、買ってきた前菜(Meze=メゼ)色々。
f0058691_1833429.jpgf0058691_1834774.jpg
f0058691_18343043.jpgf0058691_18344848.jpg

・左上  揚げたてレバーで作った『アルナヴト・ジーエリ(Arnavut Ciğeri)』。訳して「アルバニアのレバー」。
小さく切った羊のレバーをサッと揚げて、チリパウダーで和えたもの。玉ねぎスライスと一緒に食べます。ピリ辛好きな私たちは、さらにチリパウダーをパラパラ。
これ、揚げたても美味しかったけれど、やっぱり冷めて味が染みた方が断然美味しい!絶品でした~。
本来は前菜なんですけれど、私はこれをメイン扱いでワインやビールをいっちゃうことも有り。

・右上  『ナスのサラダ(Patlıcan Salatası)』。
この時期にナスのお料理って如何なものかと思いながら、でもとっても美味しそうだったので。
予想的中! 使っているオリーブ油がいいんでしょうねぇ、ナスがふんわりと美味しかった~。

・左下  『イカのドルマ(Kalamar Dolması)』。
以前、こちらのレストランで食べたイカのドルマを思い出し、買ってみたはいいけれど。これ、イカが全く味ナシ。ドルマの中身は美味しかったんですけれどね、残念。

・右下  『ブドウの葉とキャベツのサルマ(Yaparak ve Lahana Sarması)』。
レバーが苦手な子供用。このお店のサルマは家庭的な味付けで、私たち皆のお気に入り。

と、こんな晩ご飯でした。

※上の全体が映っている写真の、一番奥にあるものは『ポロネギのオリーブ油・冷製』。 冬の我が家の定番料理です。
これは、前日から作っておいたもの。 ←といえば聞こえはいいけれど、残り物!
作り方は、今度書きますので、少々お待ちを~。


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ
[PR]

by yokocan21 | 2010-03-01 18:39 | 普段生活  

<< アルメニア教会 アルメニア系の家庭料理 >>