お誕生日会とトルコらしい料理

なんだか、似たようなことばかり書いているような気がします。自分的には、かなりマンネリ.....。
とは思いつつ、今日も似たような記事で失礼。

去る1月28日は、子供の誕生日でした。もう9歳になりました~。
毎年やっているお誕生日会。今年は仲のいいお友達5人を呼んで、家でやりました。


f0058691_792280.jpg今年のケーキは、こんなの。
これまでのド派手なもの(※1)から一転、正統派の〝ベヤズフルン(Beyazfırın)〟のものです。

中は、チョコのスポンジとクリームそしてチョコの段々に、ピスタチオがいっぱい詰ったリッチで香ばしいケーキでした。

ちょっと大人っぽい味でしたけれど、このケーキ屋さんのはほんとに美味しいので、皆大喜び!

プレートに書かれているのは、
Nice Mutlu Yıllara」=いつまでも幸せでありますよう~。


何故、今年は普通のケーキになったかといいますと、パーティー用にサロンをキンキラのモールや紙飾りでデコレーションし、まるで田舎のディスコ?みたいになってしまいまして。(笑) 子供なりに、「これはゴテゴテ・キラキラすぎる」と思ったようです。
ケーキにまで、過剰なデコレーションはしたくなかったようです。(たぶん)


f0058691_7101483.jpgトルコ的には、バースデイ・ケーキだけでは何ですので、お茶請けとでもいうのでしょうか、ちょっとつまめる物も作ってみました。
近所の友達のお母さん達もいらして下さったので、いわば大人用に。

レーズンとクルミのクッキー
野菜とチーズのケーキ
メルジメッキ・キョフテシ(赤レンズ豆のお団子)

うちの子が好きなものを作ると、こんな感じになってしまいました。
まぁ、私の十八番ばかりですね。

色的には、如何なものかと.....。


とまぁ、9歳のお誕生日も無事迎えることが出来、ホッとしております。
パーティーも、ワイワイ賑やかに過ぎてゆき、楽しい時間を皆と過ごせてよかったです。

で、その日は、子供がどうしても食べたいものがあるーーーっと言いいますので、どた~っっっと横になりたいところを、もうひと踏ん張り!
f0058691_7105794.jpgいかにもトルコ~、な、プレート。

キョフテ(Köfte)』=トルコのミートボール。
ブルグルピラウ(Bulgur Pilav)』=挽き割り小麦のピラウ。

はい、子供が食べたかったものは、この典型的トルコの晩ご飯、だったのですね。

キョフテは、トルコではどこででも見かける定番料理。家庭でもよく作ります。
地方や家庭、それぞれにレシピも様々、色んな種類のものがあります。
私が作るのは、どちらかというとハンバーグに近いもの。玉ねぎたっぷり、つなぎにパン粉や牛乳が入ります。

ブルグルピラウも、レストランでもよく見かけるもので、トルコらしくかなりな油(またはバター)が使われています。
ただ私は油恐怖症ですので、出来る限りギリギリの線まで油は少なくしています。といっても、日本から見ると相当な量を使っていそうで恐い.....。

簡単に出来るものばっかりですねぇ。


f0058691_7115663.jpg

超簡単スープも。タルハナ・スープ(Tarhana Çorbası)。 (湯気でボケております)
タルハナ(Tarhana)(※2)という、乾燥・保存のきく粉がありますので、それをスープストックで溶いてひたすら混ぜるだけのもの。
私は、トマトペーストも一緒に入れます。人によっては、仕上げにバターを入れることもありますけれど、私はパス。アッサリ系の方が美味しいのです~。

疲れました~。

明日は〝節分〟。さぁて、今年はどうしましょ?


※1  ド派手なケーキ、興味ある方は、こちらや、こちらこちらへ。

※2  タルハナ(Tarhana)・・・夏の終わりにトルコでよく作られる、スープ用の大きめの粉末。保存食。
ヨーグルト、小麦粉、トマト、玉ねぎ、甘唐辛子、赤ピーマン、ミントを混ぜてよく練り、寝かせる。その後、小さくちぎって乾かし、パラパラに乾いたところを、細かい粒々に砕いて保存する。
ただ、都会のアパートでは十分なスペースもないことから、作る人は少ないようです。
私が使っているものは、イズミル(ダンナの出身地)の親戚のおばさん達から頂いたもの。毎年、秋になると、あちこちのおばさんから頂いています。
伯母さんは、サマーハウスの広いベランダで作業をされていて、このタルハナを作るのが毎年の行事になっているようです。
また、地方によって使う材料も少々異なるようで、唐辛子が効いていたり、ヨーグルトが多めだったり、色々です。ちなみにイズミル地方のは、トマトがたくさん使われいてサッパリ系。
栄養のあるものですので、赤ちゃんの離乳食にもよく使われています。(私もよく食べさせました)
詳しくは、こちらへ。(英語です)



ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
にほんブログ村へ
[PR]

by yokocan21 | 2010-02-03 07:23 | 普段生活  

<< トルコの吟遊詩人・アーシュク 肉・肉・ケバブ >>