「ほっ」と。キャンペーン

ジャー・ケバブ

引き続き、食べ物話です。
美味しかったものは、忘れない内にさっさと書いてしまった方がいいと思いまして。

ちょっと珍しいケバブを紹介。

トルコ・東部地方、エルズルム(Erzurum)地方の名物料理です。
ジャー・ケバブ(Cağ kebabı)といいまして、日本でもお馴染みのドネル・ケバブをデーンと横に倒したようなものです。
f0058691_22434720.jpg

このようにお肉を炭火で炙りながら焼いたケバブです。(手前にあるガラスが反射してしまって、ちょっと見にくい写真で申し訳ないです)
肉は、羊。肉の間には、脂身も入っていまして、かなーり「肉・肉・肉」したお料理です。
マリネした羊肉を大き目のスライスにして太い棒に順々に刺し込んでていく、というもので、基本、ドネル・ケバブと同じ要領なようです。
私たちが行ったのは夜でしたので、肉の塊もかなりこじんまりとした物になっちゃってますけれど、元々は、デッカイ塊だったようです。昼間の、ドーンとした塊を見てみたいものです~。

f0058691_22441319.jpg

こちらが、お皿に盛られたジャー・ケバブ。 ↑
スライスして、専用の串に刺されて出てくるんですけれど、これをワイルドにガシガシいってもよし、お上品にフォークで食べてもよし。(この専用の串を、〝ジャー(Cağ)〟というそうです。)
ちなみに、青唐辛子とケバブの間にある丸いものは、マッシュルームにチーズを入れてオーブンで焼いたもの。前菜の一つとして出てきました。
これ、お肉がすごくいいものなんでしょう、とってもジューシーでクセのない美味しさでした!しかも、すっごーく柔らかいのです。
f0058691_22444679.jpg

ラワシュ(Lavaş)という薄~いナンのような生地に、玉ねぎや唐辛子と一緒にクルリと巻いて。
うぅ~、美味しい~!

f0058691_22451273.jpg

お肉が運ばれてくるまでに出てきた、前菜の数々。
ボリュームたっぷりなサラダと、その上のは〝エズメ(Ezme)〟。トマトや唐辛子、玉ねぎなどを細か~く刻んだ、ピリッと辛いディップ。
時計周りに、
エルズルム地方のチーズ。脂分の殆どないあっさりしたものでした。
トゥルシュ(Turşu)〟。トルコのピクルス。
玉ねぎにスマック(Sumak)(※)をまぶしたもの。
飲み物は、アイラン(Ayran)(=塩味のヨーグルトドリンク)です。

f0058691_22454046.jpgで、デザートは、これもエルズルム銘菓のカダユフ・ドルマス(Kadayıf dolması)
細い細い素麺のような生地でクルミを包んで揚げ、甘いシロップに漬けてあるものです。
ま、トルコならではの甘・甘なのは致し方ないんですけれど、外側のカダユフがサクッと香ばしくって、美味しかったです~。

f0058691_22461718.jpgf0058691_22463935.jpg

切り口をUPで。

余談ですけれど、トルコの東部地方では、チャイを飲むとき、砂糖の小さな塊を少しずつかじりながら飲むという習慣があるんです。
右側のチャイの写真、お皿にちょこっと白い塊が2つあります。それが、「Kıtlama(クトラマ)」と呼ばれている砂糖の塊。また、トルコ語では、このように砂糖をかじりながらチャイを飲むことも、「Kıtlama」というんだそうです。
こういう習慣って、お隣のイランでもあるんだそうですよ。(by mitraさん

ということで、その日も、はちきれんばかりのお腹をかかえて家に帰りました。
あぁ、食べ過ぎ.....。(いまさら!)

ちなみに、このレストランは、〝Büyük Erzurum Sofrası(ビュユック・エルズルム・ソフラス)〟です。アジア側のカルタル(kartal)という所です。中心地からはちょっと遠いのが難点。


※スマック・・・中東地域でよく使われる、赤紫蘇のような濃い紫色と香りをした酸っぱいスパイス。こちら参照



ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
人気ブログランキングへ
トルコ情報へ
[PR]

by yokocan21 | 2009-12-08 22:54 | トルコ料理  

<< スーパーアメママン・寛平ちゃん♪ 季節はずれな秋の味覚 >>