ぽかぽか散歩

今月に入った頃から春らしい暖かい陽気が続いているなぁ、と思っていたら、はぁ逆戻り。
昨日・今日と、しとしと雨模様で、しかも肌寒いです。またごついコートを着用。それでも、もう肌を突き刺すような寒さは感じられないです。もう4月ですもんねぇ~。

こういうどんより空の日には、パァッ~ッと明るい景色を見たくなりますよね。
この週末、散歩に行ってきた写真を少々紹介したいと思います。←ちょっとこじつけっぽいですけれど。

f0058691_17613100.jpg

まずは、マリーナの近くのロータリーに植えられているチューリップパンジー
ここ最近、イスタンブルの街中ではチューリップの花壇を見かけることが多くなりました。というのは、トルコはチューリップの原産地なんだとかで、『チューリップといえばトルコ!』というようなキャンペーンをやっているからなんです。
世界的には、チューリップといえばオランダですけれど、そのオランダにチューリップを紹介したのは、ここトルコ。オスマン帝国時代のお話です。
また、チューリップはトルコの国の花としても親しまれていて、トルコ航空の機体にもオスマン朝風の細長い花びらのチューリップが描かれていたりします。
※チューリップについては、いずれ詳しく書いてみたいと思っています。(ちなみにチューリップはトルコ語でLale)

うちから、テクテク歩いてやって来たのは、モダ(Moda)という地区。
古くからの閑静な住宅地で、モダ(=モード・流行ファッション)という名のとおり、ちょっと垢抜けた印象のある町です。オサレなカフェがあったり、アンティークショップがあったり。

f0058691_1764316.jpg

海岸線は、遊歩道のある公園になっていて、ぶらぶら散歩をするのにぴったり。
入り江を越えて向こう側は、カラムシュ(Klamış)地区。大きなマリーナがあります。

f0058691_1771699.jpg

カラムシュの先、フェネルバフチェ(Fenerbahçe)地区の灯台(見えますかぁ)と、マルマラ海に浮かぶ島。

f0058691_1774742.jpg

桟橋にあるレストラン。ヨットがすいすい気持ち良さそうにすべっていました。この日は、ちょっと風が強かったので、操作は大変だったでしょうけれど。

f0058691_1781891.jpg

海岸より階段を上がって住宅地へいく途中にあった、菜の花
私、トルコでは初めて菜の花を見ましたよ!「菜の花」というトルコ語がありますので(Kolza)、トルコにも絶対に咲いているんだぁ~っとは思っていたんですけれど、在11年、全く見かけたことがなかったという不思議。
遂に遂に、出会いましたぁ~!

f0058691_1784718.jpg

こちらは、
        ↓
【追記 】これ、〝紅葉スモモ(べにばすもも)〟というそうです。赤茶色の葉っぱが、花と同時に出てくるのが特徴。

三寒四温、ここイスタンブルにも確実に春がやってきています♪


ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
トルコ情報へ

人気ブログランキングへ
[PR]

by yokocan21 | 2009-04-07 17:12 | 普段生活  

<< 春の魚 おかひじき >>