芽キャベツのオリーブ油冷製

最近、食べ物関連のことばっかり書いております。
ま、元々食べることが大好きで、あれやこれや食べ物のことを考えるのも好きなもんで、いたって普通といえば普通なんですけれど、何となくマンネリ化.....。
そろそろ別方向のものも書いてみないと、とは思うものの、ちょっと事情がありまして、なかなか上手い具合にはいかず。(※事情っちゅーほどのことではないんですけれど、後ほど説明させて頂きます)

ということで、今回もまたご多分にもれず食べ物。

先日、アイシェさんのところで、美味しそうな芽キャベツを拝見して、久しぶりに芽キャベツ料理を作ってみたくなりました。
私は芽キャベツ、大好きなんですけれど、何故か我が家の男性陣は(って、ダンナと子供の二人ですけれど)あまり食べてくれず、いつも悲しい思いに駆られるのですよね。 ←なんてこと言いながら、実は、うっひっひー、私が独り占めなんですよ!

芽キャベツ料理といえば、クリームシチューに入れたり、茹でてバターソテーにしたりしか知らなかったのですけれど、トルコに来てからオリーブ油で煮るというのを知り、これがまたとぉっても美味しいので、よく作るようになりました。

題して、芽キャベツのオリーブ油冷製。(ゼイティンヤール・ブリュクセル・ラハナス=
Zeytinyağlı Brüksel lahanası)
f0058691_771113.jpg


芽キャベツの甘味と苦味がうまくマッチした、さっぱりと美味しいお料理です。
しかも、むっちゃ簡単!

トルコでは、芽キャベツというと、このようなオリーブ油で煮たものが殆どです。(人参と一緒に煮たりとか)
たまーにトマト味のシチューに入っていたりしますけれど、概して一般的な野菜ではなさそう。市場やスーパーでは勿論売ってはいますけれど、特に人気のある野菜って感じはしないですね。

ところで、トルコ語で芽キャベツは、『ブリュクセル・ラハナス』。「ブリュッセル・キャベツ」という意味。英語では「Brussels sprouts」ですし、〝ブリュッセル〟が付くんですよね。
で、調べてみたら、どうもベルギーが原産のようです。

そして、芽キャベツは、キャベツの3倍、レモンの1.5倍ものビタミンCが含まれている、とっても体に良い野菜なのです。また、食物繊維も豊富だそうで、嬉しい限り!
どんどん食べましょう~。

それでは、作り方は、↓ に書いております。

~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ *** ~ 

ところで、上記の※事情とは、何かといいますと..........。

年末あたりから、風邪をひいて咳が酷く、大変な思いをしておりました。
一時は、咳き込むと止まらないほどで。それが1ヶ月ほど続いたでしょうか。ようやく治ったと思ったら、今度は鼻にきまして、鼻水&鼻詰まり。
どうもおかしいぞ、と思って病院に行きました。検査もしてもらいました。
(全く嬉しくない)抗生物質を処方され、他に鼻の薬などをもらって、治療を開始したんですけれど、一部の薬がキツすぎて余計にしんどくなったり。
今は、私に合う薬で治療中です。
一時のことを思うと、かなり良くはなってきているんですけれど、日によっては、また体調によっては、ぼぉーっとしたり、だるかったりと、本来の調子が出ません。
そんなですので、大好きなブラブラお買い物などにもなかなか出掛けられず、生憎雨の日が多かったりで、家に篭りがちなのですよね。

こんな状態ですので、新しく何か面白いものを見つけたり、新規開拓をしたり、ってことが全くままならず。会いたい人もいるのに、それも出来ず。
なので、このブログも、私の半径1メートル程度のことしか書けず。歯がゆい思いでいっぱいなのです。

まぁ、その内、元気に回復しましたら、またフットワーク軽く参りますので、そのときまでは、引きこもりブログでお付き合い下さいませ~。



ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
トルコ情報へ

人気ブログランキングへ





『芽キャベツのオリーブ油冷製』の作り方

♪材料 (4人分)

・芽キャベツ    1パック(400g)
・玉ねぎ      1/2個
・オリーブ油    大さじ2
・砂糖        小さじ1
・塩         小さじ3/4 
・こしょう      少々
・水         250cc


♪作り方

①芽キャベツはアクが強いので、予め下処理をする。
芯の中央に十文字の切り込みを入れ、塩少々を入れた湯でサッと下茹でする。
②玉ねぎはみじん切りにしておく。
③鍋にオリーブ油を熱し、玉ねぎを色づくまで炒める。(この時、塩少々を入れると、早く炒まる)
④そこに、下茹でした芽キャベツを入れ、まんべんなくかき混ぜる。
⑤砂糖、塩、こしょうを加え、かき混ぜ、水を加えてふたをして弱火でコトコト煮る。
⑥芽キャベツが柔らかくなったら(20~25分)、火からおろし、そのまま味を含ませる。

冷めたら、レモンを絞って召し上がれ!
なお、一日、冷蔵庫で置いた方が、もっと美味しいです。




ブログ・ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします♪
トルコ情報へ

人気ブログランキングへ
[PR]

by yokocan21 | 2009-02-21 07:10 | トルコ料理  

<< アダナでアダナケバブを食す! バレンタインとケバブ >>